fc2ブログ

飲酒の勧め?

NY市場
08 /18 2022
8/18/2022

飲酒の勧め?

24時間予想レンジ
ドル円 134.60-135.60
ユーロドル 1.0080-1.0180
米10年債 2.75-2.95
NYダウ  33500-34000

ポジション
ドル円ロング 140.00一部利確
ユーロフラット     1.0050買い
ユーロ円ロング        145.00売り
米債ETFショート   10年債利回り3.50%一部利確

BBCラジオニュースを聞いてたら日本の国税庁主導で若者にもっとお酒を飲んでもらう「サケビバ(酒VIVA)!」キャンペーンを開始したとの事。
アルコール飲料の販売量低下で税収が減少していることが理由だそうですが、その他にも「飲みにケーション」で経済の活性化期待、飲酒による婚姻と出生率増加(アルコールとの因果関係は謎)が期待できるなどの理由が挙げられていて、飲酒に厳しめの欧米から見るとかなりな驚きというトーンで報道されていました。
僕は割とお酒が好きでワイン、日本酒、ウィスキーと分け隔てなく(?)嗜みますが、思うに出生率増加期待は案外的外れではないかも、、、、

昨日のFOMC議事録は「インフレは依然高すぎる」で全会一致したものの「引き締めペースは徐々に減速」との示唆もあり予想されたほどタカ派でなく一時的なドル売り。長短金利も若干下げたものの今朝はまた堅調で結局年末に向けてFF金利3.25-3.75%まで上昇するという見方に変更なし、ドル円も135円台回復。
8月も後半に入り、ここからは徐々に年末ドル需要、米企業、米ファンド勢によるリパトリのドル買い、短期金利上昇とドル高要因満載。ECBやBOEの利上げも続くうちはやはりドル円、クロス円ロングが一番理にかなったポジションでしょう。





投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング
スポンサーサイト



FOMC議事録

NY市場
08 /17 2022
8/17/2022

FOMC議事録

24時間予想レンジ
ドル円 134.60-135.60
ユーロドル 1.0100-1.0200
米10年債 2.80-3.00
NYダウ  33500-34000

ポジション
ドル円ロング 140.00一部利確
ユーロフラット     1.0050買い
ユーロ円ロング        145.00売り
米債ETFショート   10年債利回り3.50%一部利確

7月米小売売上高は前月比フラットと予想を若干下振れ。
昨今の猛烈なインフレで消費意欲が減退しているのは明らかで贅沢品の買い控えや生活必需品もなるべく廉価の物が選ばれるなど小売の減少傾向は続き、象徴的なのはiPhoneからGooglePhoneなど安価携帯機への乗り換えが増加している事象で、確かに携帯電話機に1000ドル以上と下手をすればPCよりも高価な値段を払う価値が果たしてあるのか疑問に感じる今日この頃。

今日午後はFOMC議事録公表。此のところ市場を席巻しつつあるようなFRB利上げペース鈍化期待が裏切られる可能性大、労働市場が堅調な以上FRBの至上命題はインフレ抑制で9月の75bp利上げも大いにあり得ると思っています。CPIが未だ9%近い現在FOMC議事録に利上げをスローダウンするような内容を期待するのは非現実的。

そうなれば米長期金利上昇は不可避、米債償還絡みの円買いが終了した今ドル円が再び140円に向けて上昇し始める公算大。




投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

シタベニハゴロモ

NY市場
08 /16 2022
8/16/2022

シタベニハゴロモ

24時間予想レンジ
ドル円 133.60-134.60
ユーロドル 1.0120-1.0220
米10年債 2.80-3.00
NYダウ  33500-34000

ポジション
ドル円ロング 140.00一部利確
ユーロフラット     1.0050買い
ユーロ円ロング        145.00売り
米債ETFショート   10年債利回り3.50%一部利確

最近散歩をしていると毒々しい紅色の羽に黒い斑点のある蛾の様な昆虫をよく見かけるようになったので何かと思っていたら現在米東海岸一帯で大繁殖している「シタベニハゴロモ」という害虫、日本語名は「ハゴロモ」がつくなど一見優美な感じもしますが、英語名は「Lantern Fly」(提灯ハエ)、もともと中国に生息する害虫で2-3年前にコンテナ船に紛れて米東海岸に上陸、ロングアイランドやNJのブドウ畑を全滅させるなどの大被害をもたらしているそうです。ニュースでLantern Flyを見かけたら退治するよう呼び掛けていますが、体液からカビが生える「すす病」という病気を発生させる危険性もあるという事でなるべく近寄らない様にしています。

相場は明日のFOMC議事録待ち。長期金利が徐々に上昇中でドルもつれ高、ドル円134円台乗せ、ユーロドルはZEWが悪かったこともあり1.02割れ。英国同様EU圏も年末に向けリセッション入りする可能性が危惧されていてロシアからの天然ガス供給ストップなども打撃で厳しい冬になるかも知れずストラテジストの多くはユーロドル1.00割れを予想しています。

ドル円は米債償還、利払いが終わったので売り圧力軽減、お盆明けから少しすれば再び上昇基調に戻ると見ています。





投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

終戦の日、今週の相場見通し

相場見通し
08 /15 2022
8/15/2022

終戦の日、今週の相場見通し

週間予想レンジ
ドル円 132.00-135.00
ユーロドル 1.0100-1.0400
米10年債 2.65-2.95
NYダウ  32000-34000

ポジション
ドル円ロング 140.00一部利確
ユーロフラット     1.0100買い
ユーロ円ロング        145.00売り
米債ETFショート   10年債利回り3.50%一部利確


今日8月15日は77回目の終戦記念日。アメリカでは戦艦ミズーリ甲板で降伏文書調印がなされた9月2日を太平洋戦争終戦記念日として認識されていますが、我々日本人にとっては「耐え難きを耐え 忍び難きを忍び、、、」の玉音放送があまりにも深く根付いていて、やはり毎年8月15日になると神妙な心持にさせられます。


今週の主な予定
16日:独ZEW
17日:RBNZ、英CPI、米小売、FOMC議事録
18日:PhillyFED

RBNZは50bp利上げほぼ確実でオフィシャルレートが3%に。
一昔前はオージーやキウィの金利が7-8%で日本人個人投資家の間ではオージー円、キウィ円ロングでスワップ稼ぎの所謂キャリートレードがおおいに流行っていましたが、この調子で行くとキャリートレードが不歌旅流行する日は近そう。

FOMC議事録はこのところの米景気楽観論に冷水を浴びせることになるか。
インフレはピークを過ぎたからFED利上げペースが鈍化すると見るのはやや時期尚早で複数のFEDオフィシャルの直近コメントからも分かるように現在のFRBの最重要課題は9%近いインフレをいかに2%近くに落とすかで、金融引き締めをペースダウンするのはまだまだ先の話。
議事録公表をトリガーに米長期金利上昇、ドル買い再開となるかも知れません。




投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

短期金利上昇、CDのすすめ

NY市場
08 /12 2022
8/12/2022

短期金利上昇、CDのすすめ

24時間予想レンジ
ドル円 133.00-134.00
ユーロドル 1.0240-1.0340
米10年債 2.75-2.95
NYダウ  33000-33500

ポジション
ドル円ロング 140.00一部利確
ユーロフラット     1.0050買い
ユーロ円ロング        145.00売り
米債ETFショート   10年債利回り3.50%一部利確

今週はCPI、PPIともに下落で米国のインフレがピークを過ぎた印象を与えていましたが今朝発表の輸入、輸出物価指数も2年振りの下落率。
これは円安で小麦などの輸入品が高騰している日本とは逆にドル高で輸入品価格に一定の下押し効果があることが主因、世界中の物価が下がり始めたと錯覚しない方がよいかと。

そして8月ミシガン大消費者信頼感指数は前月より大幅上昇の55.1。
直近の雇用統計、インフレ指標、消費者センチメント指標などを見るとリセッション、スタグフレーション入りは若干遠のいたかという感じで米株市場もこれを好感、JPMORGANは下落率の激しかったハイテクセクターの買戻しを推奨。
金利も上昇中なので余剰資金はマネーマーケットに移すも良し、再び米株に投資するも良し。
マネーマーケット代表格のCD(Certificate of Deposit)は今や1年もので2.5%前後の金利。日本の3大メガバンクの1年物定期預金金利がわずか0.002%と比べると1000倍以上の利息を受け取れるという驚愕の事実。

日銀が一匹狼的に先進国内で唯一緩和政策を維持する限りドル円の下落は限定的ということを考慮すれば、タンス預金は今すぐドル預金に換えて2.5%超のCD購入で利息を受け取るのが得策。
100万円の余剰資金があれば円でもっていても一銭も増えない一方ドルCDに換えれば1年後には102万5千円に増えるのは悪くない話でしょう。





投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!