FC2ブログ

BREXIT迷走

NY市場
01 /16 2019
1/16/2019

BREXIT迷走

前日クローズからのレンジ
ドル円: 108.37-108.91
ユーロドル: 1.1378-1.1425
ユーロ円: 123.53-124.15

NY午前11時
ドル円: 108.71
ユーロドル: 1.1402
ユーロ円: 123.95
米10年債: 2.73%
NYダウ: 24184.80 +0.50%

火曜日英議会でのBREXIT法案はやはり否決、野党労働党によるメイ首相不信任案が持ち上がるもこれまた否決される見通し大、3月29日に予定されている離脱が延期される可能性が高まっている一方、一部で上がっているBREXITの再投票に関しては非現実的との見方が多数で 、簡単に言うと「何も決まっていない」の一言に尽きると思います。

外国為替市場もポジショニングに苦労するところ、どう転ぶか分からないポンドは触らないのが無難とも言えますが、大きく動くチャンスでもあり、これ以上の悪材料はあまりなさそうなことからここはひとつロングにふってみようと考えています。

EU側からの譲歩やもし万が一再投票などの事態になればポンド暴騰間違いなく、現時点でのリスクリワードは上でしょう。

ドル円は蚊帳の外で狭いレンジが続きますがオプションのボラティリティが低下してきている今、次の大きな波に備えてオプションを仕込むいいチャンス、年明け早々の大暴落劇の再演期待でドルプット買い、或いはキャッシュショートヘッジのコール買いか?


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング
スポンサーサイト

米インフレ

NY市場
01 /11 2019
1/11/2019

米インフレ

前日クローズからのレンジ
ドル円 108.15-108.60
ユーロドル 1.1458-1.1540
ユーロ円 124.30-125.00

NY10AM現在
ドル円 108.45
ユーロドル 1.1466
ユーロ円 124.35
米10年債 2.688%
NYダウ 23835.50 -0.70%

米インフレ、と言ってもお米(Rice)価格上昇ではなくアメリカのCPI。
今朝発表の12月コアCPIは予想通り前月比+0.2%、前年比で+2.2%とインフレ目標の2.0%を若干上回ったままここ数か月は推移、原油価格が10月から30%以上下落している恩恵を貿易紛争の関税による物価上昇で超消しにしている形、NYに住んでいると家賃上昇、地下鉄の値上げ、食料品価格上昇、外食価格上昇とインフレを身近に感じます。

米株市場は今朝こそ下げているものの昨日まで5日連続上昇で再びリスクオンのドル円上昇、先週まで米市場に浸透していた極度の悲観論も弱まり短期金利市場での2019年内利上げ予想は先週の0%(利下げは20%)から20%に戻すなど落ち着きを取り戻して来たように感じます。

2019年の相場はまだ始まったばかり、2月までは騙しの動きとなることが多くあと2週間ほどはポジションを傾けすぎないよう柔軟に、1月終わりからテスト的に逆張りを始める予定。
ヘッジファンド勢もBREXIT期日延長でポンドショートを買い戻したり、1.15乗せでロングにしたユーロを再び売り戻すなど年明けから試行錯誤を繰り返しており本格的なトレンドが出始めるのはまだ先のようです。

来週は所用でアップデートがまばらになりますが何といっても目玉は火曜に予定されている英議会BREXIT法案採決!

皆様良い週末を




ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

FOMC議事録ややハト

NY市場
01 /10 2019
1/10/2019

FOMC議事録ややハト

前日クローズからのレンジ
ドル円 107.77-108.25
ユーロドル 1.1517-1.1570
ユーロ円 124.48-125.07

NY10AM現在
ドル円 108.02
ユーロドル 1.1528
ユーロ円 124.52
米10年債 2.704%
NYダウ 23745.15 -0.56%

昨日公表されたFOMC議事録はややハト派でドル続落、主な内容は以下の通り;
- 追加利上げに慎重になる余地がある
- 2-3のメンバーは今回の利上げに反対
- 将来の利上げの機関やタイミングは一層不明確に

FOMC前から節目の1.15を超えてビッド気味だったユーロドルは続伸、61.8%戻しのある1.1580-85に接近、久々に1.15を抜けてきたので更なる上昇の余地あり、ストップは1.15割れに置いて1.18ターゲットのロングに。

ドル円もフラッシュクラッシュ以来の安値107.77まで、ただし米株市場堅調、ダウ4日連続上昇のリスクオンで円クロス上昇でドル円単体の下値は今のところ限定的、市場の関心も久々に狭いレンジを抜けだしたユーロドルに移り先週大暴れした円は一休みといったところでしょうか。

今朝はFOMC議事録に続き前回のECB理事会議事録公表、経済の下振れリスクに触れややハト派も先月のステートメントとほぼ内容変わらず反応薄、今日正午からパウエルFRB議長講演が予定されていますが先日の対談や昨日のFOMC同様ハト派となるか注目、短期金利市場は相変わらず2021年までの利下げを見込んでいますが今年は流石にあともう1回の利上げを予想する向きも多く債券市場のみならず株式市場にとっても先読みが難しくなってきた感じがします。

そしてその株式市場に大きく左右されている外国為替市場もリスクオンオフの切り替え激しくポジションもこまめに見直す必要、来週にはBREXIT法案採決もありポンド円中心に大きく動く可能性大、ポジションサイズは小さめにしておきたいところです。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

トランプ大統領テレビ演説

NY市場
01 /09 2019
1/9/2019

トランプ大統領テレビ演説

前日クローズからのレンジ
ドル円 108.42-109.01
ユーロドル 1.1438-1.1526
ユーロ円 124.51-125.01

NY10AM現在
ドル円 108.45
ユーロドル 1.1520
ユーロ円 125.00
米10年債 2.732%
NYダウ 23971.40 +0.75%

昨晩のトランプ大統領テレビ演説はメキシコとの国境問題が主題、建設費用を巡って連邦政府機関の一時閉鎖が昨年末より続いている中、国家非常事態宣言を下す可能性に言及、実際の非常事態宣言に至らなかったことでやや安心感も結局たいした中身もなく市場の反応なし。

トランプ大統領はメキシコとの国境に物理的な壁を建設、その費用はメキシコに払わせると2016年の大統領選前から言い続けていたもののメキシコ側が同意するはずもなく非現実的、昨年11月の中間選挙で民主党が下院過半数を取ったことからねじれ国会となり壁の建設を国費で賄うのはますます難しくなりここに来てテレビ演説で世論に訴える作戦に出たようですが民主党側の反対は根強く難航しそう。

一方金融市場がより注目していた次官級米中通商協議、トランプ氏は「順調に進んでいる」とツイート、昨晩一応終了したもののこれといった具体案なく次回の閣僚級協議に。

今日はこれからカナダ中銀、金利1.75%で据え置き予想、米株の急落は隣国のカナダにも影響を及ぼすのは明らかでステートメントもハト派となる可能性。

そして午後2時には前回のFOMC議事録公表、これもハト派な内容が予想されていますが株式市場が大幅下落を始める前のFOMCだったこともありドットチャートもその時点では2019年に2度の利上げ見通しとなっているので市場が期待するほどハト派な内容でない可能性もあります。

ポジションは昨日ストレートドル円ショートを一部ユーロ円、ポンド円ショートにスイッチしたまま。



ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

リスクオン復活?

NY市場
01 /08 2019
1/8/2019

リスクオン復活?

前日クローズからのレンジ
ドル円 108.52-109.09
ユーロドル 1.1422-1.1485
ユーロ円 124.25-124.85

NY10AM現在
ドル円 108.90
ユーロドル 1.1430
ユーロ円 124.45
米10年債 2.705%
NYダウ 23722.10 +1.25%

恐怖指数VIXはクリスマス前日の35から今日は20を割り込むレベルにまで落ち着き株式市場も堅調でリスクオン復活、リスクオン・オフで乱高下するクロス円、先週のフラッシュクラッシュで大暴落したトルコリラ円、南アランド円、オージー円など全てクラッシュ前のレベルを超えた上昇、ドル円も109円台を回復するなど全戻し達成、ただしここから更に株上昇、リスクオン加速するかどうかは意見の分かれるところ、中長期的には今年2019年は世界経済減速、株式市場下落、ドル下落と見ておりドル円は売りあがり姿勢、なけなしのポートフォリオでは株のウェイトをもう少し下げる計画、インフレの加速にも備えTIPSなどの物価連動国債やREITを増やすなども考慮中。

短期では周りを見るとドル円108円台で売りあがっている筋が多くショートが増えてきている様子、109.20から上のストップをつけてショートの炙り出しで109ミドルから110手前までの上昇はあるかも知れずショートはしばらく我慢を強いられそうです。来週にはBREXIT離脱案の英議会採決が予定されており否決あるいは再延期の可能性が高いことからポンドドル下落リスクが高まりつつあるところ、ここはドル円ショートを一部ポンド円ショートにスウィッチしてしのぎたいと思います。

ユーロドルについても今朝発表されたドイツのIPが予想外に弱かったことなどEU圏の減速が目立ち独ブンデスバンクオフィシャルも「経済指標のボラティリティーが高い」などとコメント、フランスの「黄色いベスト運動」も未だに続き経済、政治の両面での混迷からあまり買い要因なし、こうなってくると消去法でやはり円ロング、米中通商協議の行方次第ではオージーロングも考えられますがこれは協議の結果次第。


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!