FC2ブログ

ECB議事録

NY市場
08 /22 2019
8/22/2019

ECB議事録

24時間予想レンジ
ドル円 106.20-106.70
ユーロドル 1.1060-1.1110
米10年債 1.50-1.60
NYダウ  26100-26400

ポジション
ドル円ショート      105.00買い
ユーロロング     1.1240売り、1.1260-80ショート転

昨日のFOMC議事録に続き今朝はECB議事録、「景気の減速は当初予想されていたよりも長引く恐れ」「不確実性が高まっている」などと総じてハト、来月のECB理事会で利下げおよび債権買取プログラム再開の色が濃くなってきました。

昨日のFOMC議事録はサプライズもなく市場の反応も薄かったですね、前回の利下げの度合いにしても50bpを提唱するメンバーと金利据え置きを提唱するメンバーが拮抗する形でハトともタカともとれず、前回のステートメント同様利下げはサイクル半ばでの調整としており、注目される金曜のパウエル議長ジャクソンホール講演も似たようなトーンになると思われます。多分またトランプツイートで辛辣なFED非難するのでしょうがパウエル議長には頑張って頂きたい。

そしてマーケットでは然程話題になっていないものの日米貿易交渉の閣僚級協議が始まりました、ごり押しのトランプ大統領の要求をどこまで譲歩するのか、場合によっては急激な円高に振れるリスクに注意、昨日出ていたゴールドマンのレポートでは日米貿易協議には触れず、米国のリセッションに対する最適なヘッジはドル円売りだとしています。

さらには韓国がGSOMNIAを破棄したとのニュース、ますます円買い韓国ウォン売り加速で韓国経済には大打撃、加えて地政学リスクは増加、日経にも出ていましたが漁夫の利は中朝に、特に北朝鮮には思うつぼでこれからは韓国が全く気付かないうちにミサイル発射や核実験が出来るというもの、気の短いトランプ大統領が在韓米軍引き上げをオーダーする可能性もゼロではなくなってきました。これこそ中朝にとっては夢のような事態でしょう。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

スポンサーサイト

FOMC議事録

NY市場
08 /21 2019
8/21/2019

FOMC議事録

24時間予想レンジ
ドル円 106.10-106.60
ユーロドル 1.1070-1.1120
米10年債 1.50-1.60
NYダウ  26000-26300

ポジション
ドル円ショート      105.00買い
ユーロロング     1.1240売り、1.1260-80ショート転

FOMC議事録待ちで相場は小動き、米株はスーパーマーケットのターゲット等大手小売りの好決算で上昇も為替相場は反応薄。

議事録の焦点はやはり利下げ幅、FOMCメンバーがいかにハトかそうでないか、先日はタカ派のローゼングレン ボストンFED総裁が利下げに反対するコメントを出していましたが、それと同様に堅調な労働市場、市場最低水準にある失業率、2%近くで安定しているインフレなどを鑑みると果たして追加利下げが妥当か疑問に思う人も多いはず。

インフレに関しては特にニューヨークなどの大都市に住んでいると家賃の高騰や食品価格上昇など物価の高騰を肌で感じますが、地方に行くと不動産価格が馬鹿みたいに安かったり、場所代や人件費が安いからか小売り物価も安いのが現状で大都市圏と地方の二極化が顕著に現れていて、地方経済だけを見れば利下げは妥当にも思えます。

面白いのは逆に日本では東京や大阪など大都市圏では競争が激しい為か却って地方より価格が安くてクオリティーの高いものが豊富に身近にある点、知人のアメリカ人なども仕事や遊びで東京に行くと皆食べ物が安くて美味しいと絶賛、東京ではワンコインランチなどとよく聞きますがニューヨークで5ドル以下でのランチは皆無、日本が羨ましい限りですが、あれだけ価格競争が厳しいとやはり日銀がインフレターゲット達成するのはまだまだ先の話と思えてきますね。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

今週末はジャクソンホール

NY市場
08 /20 2019
8/20/2019

今週末はジャクソンホール

24時間予想レンジ
ドル円 106.00-106.60
ユーロドル 1.1050-1.1100
米10年債 1.50-1.60
NYダウ  25800-26100

ポジション
ドル円ショート      105.00買い
ユーロロング     1.1240売り、1.1260-80ショート転

今週はFOMC議事録、ECB議事録公表と続いた後、金曜からは恒例のジャクソンホールシンポジウム、ECBドラギ総裁は不参加なのが残念ですが金曜午前にはパウエル議長の講演、100bp利下げを声高に求めるトランプ大統領に対しどのようなスピーチとなるか、昨日はボストンFED総裁のローゼングレン氏がインタビューで過度な利下げのリスクについて語り、前回利下げに反対したのは低失業率と安定したインフレ環境で実体経済は底堅いと判断したからでその判断は今も変わらないとし、このところの利下げ押せ押せムードに疑問を投げかけています。

そもそも去年から今年初めにはまだ追加利上げの方向でFOMCメンバーもマーケットも見ていたのにたった6か月かそこらで据え置きどころか利下げサイクルに入るというのはリーマンショック級のことがない限り特にG7経済大国の中央銀行がとる金融政策とは思えないような気がします。

ところで今日からボルカ―ルールに一部変更があり銀行の自己勘定売買いわゆるプロップトレーディング規制が若干緩くなるとのこと、ドッドフランク法でがちがちに制限されて収益も激減していたいた銀行のトレーディング部門には明るいニュース、これでマーケットのリクイディティーがAIに独占されることなくプロップトレーディングのビッドやオファーが急激な変動を抑えるクッションになればいいですね。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

今週の相場見通し、お盆明け

相場見通し
08 /19 2019
8/19/2019

今週の相場見通し、お盆明け

週間予想レンジ
ドル円 105.60-107.20
ユーロドル 1.1020-1.1240
米10年債 1.45-1.75%
NYダウ  25400-26600

ポジション
ドル円ショート        105.60買い
ユーロロング        1.1240売り、1.1280ショート転

お盆明けで日本勢もマーケットに戻りドル円や日経の活発な動きが期待されますがいずれも依然としてアメリカ、そして米中通商協議の行方次第、米長期金利の下げが一服しているのでドル円も堅調に推移、105.00にはオプションの防戦買いやGPIFとみられる大玉の買いがある模様で結局安値105.05までで105割れは一旦おあずけ、為替ヘッジを始めたGPIFのヘッジ売りは相当慎重に、市場に気づかれないように隠密行動を取ると思われますが107円近くで出ても不思議ではなく、加えて輸出企業の今年のブレークイーブンが106.50あたりということでここから上はオファーが目立つことになりそうです。
今週の主な予定
21日:FOMC議事録、米中古住宅販売
22日:ECB議事録
23日:パウエルFRB議長講演、新築住宅販売

と目立った経済指標はない一方FOMCとECBの議事録公表、どちらも9月に利下げが予想されており今週の議事録はそれを裏付けることになるか否かに注目。とくにFOMCは利下げ確実で焦点は25bpか50bpかといったところ、議事録では具体的な利下げ幅に言及することはないもののハト派トーンの濃淡が見どころでしょうか。

日本はお盆明けですが欧米は8月いっぱい休みのディーラーも多く今週は材料もあまりないことから凪相場になるかもしれません、先週ボラティリティーが高騰したところでダブルノータッチなどやっても面白かったかもしれませんね。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

ミシガン弱い

NY市場
08 /16 2019
8/16/2019

ミシガン弱い

24時間予想レンジ
ドル円 105.80-106.60
ユーロドル 1.1060-1.1140
米10年債 1.50-1.60
NYダウ  25500-25800

ポジション
ドル円ショート      105.00買い
ユーロロング      1.1240売り、1.1260-80ショート転

先ほど発表のミシガン大信頼感指数は予想97に対し92.1と弱くこれは1月以来の低い水準、これで利下げに懐疑的なFOMCメンバーも来月利下げに賛成する格好の理由になり今や焦点は25bpか50bpかに移ってきました。

お盆休みも今日で終わり来週からは日本勢もマーケットに戻ってくることから流動性も正常になると思われ今週見たようなドル円の乱高下も収まるでしょう。結果論になってしまいますがとりあえず105-107のレンジが有効、105.00は依然としてオプションの防戦買いが厚い模様、割れれば当然大量のストップで一気に50-100ポイントの下落リスク大なので105.00割れでショート転は鉄則と思われます。

ECBのハト派発言でユーロドルが重くなって来ていますがトランプ大統領のユーロ安は不公平といういつもの口先介入が出るレベルなのでここは1.11-1.13のレンジプレイ継続、まだまだ利下げ余地の余裕のあるFEDと日銀同様マイナス金利深堀り効果は疑わしいECBという構図を見てもユーロのこれ以上の下げ余地は少ないのではないでしょうか。

皆様よい週末を



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!