FC2ブログ

自民総裁選、海外勢の見方

NY市場
09 /20 2018
9/20/2018

自民総裁選、海外勢の見方

前日クローズからのレンジ
ドル円 112.05-112.35
ユーロドル 1.1669-1.1777
ユーロ円 130.97-132.15

NY11AM現在
ドル円 112.15
ユーロドル 1.1752
ユーロ円 131.83
米10年債 3.076%
NYダウ 26615.05 +0.79%

自民党総裁選は大方の予想通りとなり相場にはあまり影響なし、アメリカでもBLOOMBERGやCNBCなどの金融系ニュース以外では取り上げられることもなく話題にもなりませんでしたがニューヨーク外国為替市場でもすでに昨日の時点で安倍総理の3選が確実視されており話題の中心は総裁選そのものではなく3期目の安倍総理がいかにアベノミクスの3本の矢に取り組むかということと憲法改正の可能性とそれが相場に与える影響についてが主なフォーカスになっています。

中でも2019年10月に予定されている消費税増税に関しては意見が割れていて憲法改正に向けて支持力を高めておくために再び増税時期延期をするだろうという意見や、逆に今回で最後の任期ということで支持率の低下を気にすることなく財政再建の為に増税を敢行すると見る意見などがきかれます。増税なら間違いなく株安ドル円下落、増税延期でも財政破綻懸念の高まりから株安、金利高、ドル円下落のシナリオにアメリカの景気が来年はサイクル的に低下するだろうとの見方も加わって2019年は株式、債券、米ドルトリプル安の見方が割と多いようです。

そして今日はユーロドルが漸くレンジブレイク、株式市場上昇に伴うリスクオンのユーロ円買いも出てユーロ円は久々の132円台乗せ、ユーロ単体もここ2ヶ月ほど何度もキャップされていた1.1750を上抜けし、NY終値ベースで1.1750を上回っていればテクニカルにはブル、1.1650にストップを置いてターゲットは6月高値の1.1850。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

スポンサーサイト

米債利回り上昇、日銀無風

FX裏話ネタ
09 /19 2018
9/19/2018

米債利回り上昇、日銀無風

前日クローズからのレンジ
ドル円 112.21-112.43
ユーロドル 1.1650-1.1715
ユーロ円 130.85-131.67

NY11AM現在
ドル円 112.30
ユーロドル 1.1655
ユーロ円 130.90
米10年債 3.08%
NYダウ 26392.80 +0.56%

米債10年利回りが久々の3.00%超え、米中貿易摩擦激化でリスクオフに傾いていたマーケットも俄かに反転、株式市場上昇、リスクオフで円買いが先行していたドル円、クロス円も反転、中国株式市場もようやく若干の上昇を見せ情勢悪化を見込んでオージードルなどを売っていた僕はショートのあぶり出しに会いやむなく撤退、オージーやキウィのショートは完全にやられ、先月とれた下げ相場を全て返上という痛い結果になりました。一昨日発表された追加制裁関税でさらに売り増ししたのが大失敗でした。

もうこうなると貿易紛争ネタでリスクオフトレードするのは短期に限り、なんやかんや言って特に米株の強さには抗えなくなって来ています。特に中間選挙前なのでトランプ大統領としてもこの勢いを保ちたいところで米債利回り上昇や来週のFOMC利上げによる株式市場への悪影響は避けたく再びトランプ氏得意の利上げ牽制発言やドル高懸念発言などが出るリスクに注意したいところです。

昨晩の日銀会合はほぼ無風、事前に取沙汰されていた出口戦略についても2%インフレを達成してからとのことで引き続き大規模緩和継続、ドル円は結局20銭ほどの極狭レンジにとどまりディーラー泣かせの膠着112.45-50にまとまった売りが並んでいるようですが50を超えるとストップもあるそうなので一気に113円に近づくか?年内110-113レンジと見ている僕には絶好の売り場となります。


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

米国の追加制裁、対中関税第3弾

NY市場
09 /18 2018
9/18/2018

米国の追加制裁、対中関税第3弾

前日クローズからのレンジ
ドル円 111.67-112.28
ユーロドル 1.1667-1.1724
ユーロ円 130.30-131.50

NY11AM現在
ドル円 112.25
ユーロドル 1.1697
ユーロ円 131.34
米10年債 3.018%
NYダウ 26102.80 +0.16%

トランプ大統領は昨夕中国に対し第3弾の制裁関税発動を発表、2000億ドル相当に10%、来年からさらに25%に引き上げ、中国の出方次第ではすかさず2640億ドル相当の第4弾も発動するとコメント、当然のことながらリスクオフの円買い、株売り誘発、中国の対応が待たれていますがますますの泥沼化は必至?

中国株の下落止まらず上海インデックスは年初来20%の下げで遂に2016年3月安値の2660を割り込み、日米欧の株式市場がどれも堅調なのをよそ目に上海のみならずシンセン、香港ハンセン、台湾インデックスと中国市場は総下落、米中貿易摩擦の悪化も火に油を注ぐ形で人民元のプロキシでもある韓国ウォン、オージードル、キウィドルなどへの飛び火リスクも懸念されます。プロキシで言えば日本市場も多少なりとも影響があるとされますが日経225は節目の23000を突破したばかり、ここはひとつ米株の上昇についていく形で上げ続けて欲しいところです。

ただし最近はリスクオフの円買い株売りも長続きせず今日もドル円、日経、ダウとどれも反転上昇、次いでに米債10年利回りも久々の3.0%超えでドル円サポート、欧州株も軒並み堅調でユーロ1.17乗せ、結局ユーロ円が1円以上上昇、リスクオフ環境でのドル円、円クロスの耐久性が確認される形に。
取り敢えず昨日に続きドル円はこの112円台を徐々に売り上がっています。


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

今週の為替相場見通し

相場見通し
09 /17 2018
今週の為替相場見通し

9/17/2018
シドニーオープンからのレンジ
ドル円 111.87-112.10
ユーロドル 1.1620-1.1695
ユーロ円 130.15-130.99

NY11AM現在
ドル円 111.92
ユーロドル 1.1693
ユーロ円 130.86
米10年債 2.998
NYダウ 26255.80 +0.01%

週明け月曜の今日、東京市場は祝日でドル円20ポイント内の膠着、ユーロドルは堅調なEU圏CPIや若干低めのNYエンパイア製造業指数などで再び1.17手前まで上昇。

今週のイベント、経済指標スケジュールは軽め、水曜日に日銀政策金利決定会合、英国CPI、ニュージーランド第2四半期GDP、木曜にSNBスイス中銀理事会とフィリーFED、金曜日カナダCPIといった具合。

中銀会合はBOJ、SNBともに変更予定なしであまり材料視されず、他の経済指標も重要度はさほど高くなく市場の注目は相変わらず貿易紛争に集中、今日の日経新聞には中国が米国との貿易協議を拒否する可能性があるとの記事もあり米中関係はますます悪化のリスク、中国株の下落も止まらず3年前のチャイナショックの様な形でアジアに限らず世界中の市場に飛び火する懸念がくすぶりリスクオフの円買い局面を迎える可能性も考えられます。

という事でしばらく我慢のロングを続けていたドル円はこの112円台で徐々にショート転、今の所動きが緩慢なので売り急ぐ必要もなく2-30銭刻みでオファーを置いています。

ユーロドルはプライスアクションから見てロングの方が分がありそう、特に1.1650を上回っている間はロングで回していくのが良さげですね。


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

ドル円久々の112円台

NY市場
09 /14 2018
9/14/2018

ドル円久々の112円台

前日クローズからのレンジ
ドル円 111.76-112.17
ユーロドル 1.1627-1.1721
ユーロ円 130.21-131.12

NY12PM現在
ドル円 111.95
ユーロドル 1.1633
ユーロ円 130.25
米10年債 2.988%
NYダウ 26100.15 -0.18%

しばらく狭いレンジでの膠着が続いたドル円、8月1日以来1か月半ぶりに漸く112円台乗せ、112.00は若干ストップもあったので容易に突破も112.10から上に断続的なオファーが入っているそうでこれはレンジブレイクに乗ってロングを増やすよりはここから徐々にショート転する方が正解っぽいです。

今朝発表の8月小売売上は予想より若干低かったものの相場にあまり影響なし、9月のレーバーデイセールや11月12月のサンクスギビング、クリスマス商戦に向けて小売りの数字は例年上昇するので8月の数字は気にしないでよいかと、それに加え東海岸、特にノースカロライナ周辺に大型のハリケーンフロレンスが直撃、多大の被害をもたらしておりハリケーン通過後の復旧需要は間違いなく高く9月の数字は強いものになるでしょう。

期待外れだったのがユーロドル、これまでキャップされていた1.1650を昨日のECBで突破したので1.18トライと思いきや再び1.1650割れで昨日のにわかロングは早くも一旦撤退させられました。ポジションも見通しもリセットして次の戦略を練っているところですがECBイベントも終わったのでここからはユーロサイドではなく月末にFOMCを控えた米ドルサイドからの見方がメインになってくると思います。ということでユーロドルのトレードプランは今週末の宿題。

ポジションは前述したように徐々にドル円ショート転開始、112円台は売り上がり、ユーロフラット。

皆さま良い週末を


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!