FC2ブログ

フィリーFED強い

Tweet
05 /16 2019
5/16/2019

フィリーFED強い

24時間予想レンジ
ドル円 109.30-110.00
ユーロドル 1.1170-1.1220
米10年債 2.40-2.45%
NYダウ 25700-25900

ポジション
ドル円フラット    110.20-40売り
ユーロロング      1.1140ストップ、1.1240売り
キウィショート     0.6620ストップ
オージー円フラット   76.40売り

あまり目立った経済指標の無い今朝、5月フィリーFEDは予想10.0に対し16.6と大きく改善してドル、米株ともに上昇。

その他には昨晩発表されたオーストラリア雇用統計、雇用者数予想15.2k増加のところ28.4kと強い数字も、失業率は前月の5.0%から5.2%に悪化でオージードル下落、年初のフラッシュクラッシュ以来久々の0.69割れ。

シティバンクとモルガンスタンレーのリサーチはRBAの8月利下げ予想、金利市場も8月利下げを76%織込んでいるのでほぼ妥当な予想でしょう。

オージードルが下げたところでしばらくキープしていたオージー円ショートをクローズ、そしてトランプ大統領が対EU自動車関税発動の延期を発表するなどでリスクオフの株売り円買いが一段落してきたので、ドル円ショートは108円台を待っていましたが短期的には無理そうなので週末を前に一旦クローズ、ドル円、オージー円ともに戻り売り待ち。

唯一キウィドルだけがリスクオンの環境でもほぼ戻りが無く重い値動きが続いているのでショートキープ、今晩のニュージーランドPPIまで様子見の予定。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

スポンサーサイト

イースター明け、今週の相場見通し

Tweet
04 /23 2019
4/23/2019

イースター明け、今週の相場見通し

今週の予想レンジ
ドル円 111.25-112.25
ユーロドル 1.1150-1.1300
米10年債 2.40-2.60%
NYダウ 26000-27000

ポジション
ドル円ショート     111.10買い、112.40売り増し
ユーロロング      1.1160買い、1.1300売り

連休明けの欧米市場は米企業の好調な第1四半期決算をバックにNYダウ、S&Pとも史上最高値に接近でユーロドルが久々に1.12割れ、金価格も$1270割れなどドル全面高、そんな中でドル円は先週からひたすら112円手前で膠着ともう既にゴールデンウィークに入ったかのような元気のなさ、本邦プレイヤーは10連休の計画建てで忙しいのでしょうか。

通常ゴールデンウィーク前は輸入のまとまった需要が入りがち、対して輸出筋は連休中にドル円売りオーダーを数十銭刻みで置いておくところが多くドル円の上値は限定的になるパターン。リクイディティーが薄いので重大ニュースや大玉で大きく動く場合を想定してかなり離れたレベルにオーダーが置かれることもよくあり今年も105.00買いや115.00売りオーダーが入ってきていると聞きます。

そして今日のオージー円、キウィ円スワップは11日分。どちらもNY午後5時の瞬間で10ポイント程下落するのでスワップを気にしない人は直前にショートに、逆にスワップ命の人はロング、どの道結局はチャラなので僕は個人的には特に何をすることもありません。

今週は水曜にカナダ中銀、木曜日銀政策決定会合、金曜が米Q1GDPとミシガン大といった予定。BOC、BOJともに政策変更の予定なく相場絵の影響も限定的、アトランタFEDやJPMORGANなどがGDP予想を若干上方修正していますがこれは一時期市場全体が米経済に極度に悲観的になったことの調整で金利市場でもFEDの利下げ織込み度は一時期の80%超から現在40%割れまで下落、まだ4月なので何とも言えませんがインフレを肌で感じている以上年内1回の利上げはまだ可能性ありと思っています。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

今週の相場見通し、ハードBREXIT秒読み?

Tweet
04 /08 2019
4/8/2019

今週の相場見通し、ハードBREXIT秒読み?

今週の予想レンジ
ドル円 110.60-112.00
ユーロドル 1.1180-1.1310
米10年債 2.40-2.60%
NYダウ 26000-26600

ポジション
ドル円ショート     110.80買い、112.00売り
ユーロショート     1.1200買い、1.1320ストップ

今週中に英議会が離脱案を承認しなければ金曜日4月12日にBREXIT期限、先週の採決では合意なき離脱で構わないという強硬派が多く、このままハードBREXITとなるリスクが高まってきています。
市場もいい加減飽き飽きしてきてボラティリティーの高さを歓迎するオプションディーラー以外は今週金曜のハードBREXITでもいいから早く決着をつけて欲しいという人が多いのではないでしょうか。

その場合当然ポンドは売られることになりますが3年前のBREXIT投票時とは違って(その当時は残留が予想され市場はポンドロング)今はポンドロングはあまりいないのでストップロスの投げ売りによる暴落は起きず、急激に逆にショートが溜まって一気に炙り出しショートスクイーズもあり得ると見ています。まだ金曜まで何が起きるかわかりませんがポンドは少額ショートで何時でもカットできる状態にしておきたいです。

それ以外の今週の主な予定、
10日:英国GDP、ECB理事会、FOMC議事録
11日:米PPI

ECB理事会は前回に続きハト派の予想、ただし前回がかなりのハトだったので今回さらに市場を驚かせるほどのハトになるかは疑問、前回理事会後のユーロ売りも長続きしなかったので今回も深追いはしたくなく今のところショートキープも1.11ローは拾いたいと思っています。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

ECB理事会議事録

Tweet
04 /04 2019
4/4/2019

ECB理事会議事録

24時間予想レンジ
ドル円 111.20-111.70
ユーロドル 1.1200-1.1250
米10年債 2.45-2.55%
NYダウ 26200-26400

ポジション
ドル円ショート     110.10買い、112.00売り増し
ユーロフラット      1.1160買い、1.1280売り

ECB理事会議事録は「経済は依然軟調、いつまで続くか不明」「貿易紛争などで不確実性が高まった」などとやはりハト、ユーロやや下落も相変わらずのBREXIT混迷で下落幅を広げるポンドの陰に。

本当にいい加減食傷気味どころかもうハードBREXITしちゃって下さいよとお願いしたくなる状況の英国議会、昨日は4月12日のハードBREXITは回避するということで可決、それで延期につぐ延期を重ねて結局5月のEU議会選挙にも参加せざるを得ないことになりそう、全く出口の見えない延期をEU側が承諾するかは疑問、ハードBREXITがEU側にも市場の混乱をもたらすのは明白なのでそのような事態は避けたいもののEU側の忍耐も限界に近づいているのではないでしょうか。

バンクオブイングランドのカーニー総裁も「ハードBREXITのリスクが高まっている」とし3年前のBREXIT投票日のようなポンド2000ポイント大暴落も無きにしも非ず、2か月ものの1.20ワンタッチオプションが12%と安く感じられます。

ドル円がまた狭いレンジに収まってしまって盛り上がりに欠けますが日米通商会談も近々始まるということでリスクオフの急落局面がいずれ来るような気がしています。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

欧米景気減速?

Tweet
02 /21 2019
2/21/2019

欧米景気減速?

24時間予想レンジ
ドル円 110.30-110.80
ユーロドル 1.1300-1.1360
米10年債 2.60-2.70%
NYダウ 25800-26000

ポジション
ドル円ショート 111.00-20売り増し 111.60ストップ
ユーロショート 1.1220ビッド、1.1390売り増し

昨日のFOMC議事録に続き今朝はECB議事録公表。

FOMC議事録は先週発表の大幅に弱かった小売売上高の前のもので市場が期待したほどハト派ではなくむしろ楽観的、労働市場は強くインフレもターゲットに近い、持続的な成長を予想、このペースの成長が続けば年内の利上げもあるとして為替市場はややドル買いに。

一方のECB議事録はもろに弱気「EU圏の成長は数四半期にわたってポテンシャルを下回る」「景気鈍化がインフレ期待に影響を及ぼすことを懸念」「リセッションに陥る可能性は低いが不確実性は高まっている」として昨今の経済指標の落ち込みが長引くリスクを示唆しておりユーロはじり安。

そして今朝発表のアメリカ経済指標、耐久財受注、フィリーFEDともに弱い数字で欧州のみならず米国の減速も目立つようになり来週発表の第4四半期GDPの落ち込みはますます確実になってきた感があります。

それにしてはドル円なかなか下がりませんね、緩慢な動きが続くかも知れませんが再びマーケットにショートが溜まりつつある感じもするので週末までに110円ローにいかなければ若干ポジションを減らそうと思います。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!