FC2ブログ

日本GDP、今週の相場見通し

相場見通し
05 /17 2021
5/17/2021

日本GDP、今週の相場見通し

週間予想レンジ
ドル円 107.80-109.80
ユーロドル 1.2020-1.2220
米10年債 1.55-1.75
NYダウ  33300-34600

ポジション
ドル円ロング       110.00売り
ユーロショート     1.1600買い
オージーショート      0.75買い
VIXロング 小       10-15買い足し
WTIショート   50買い
ゴールドショート      1680買い
米債ETFショート      (10年債利回り1.95%)買い

NYでは今日からワクチン接種済みであればマスク着用しないで良くなり、23度まで気温があがり快晴のマンハッタンでは3-4人に一人程度と確かにマスク着用者が激減、JPMORGAN本店でも今日からローテーション付きで従業員がオフィスに戻るようになりました。

ワクチン接種が全国民の60%を超えたアメリカが前期比6%のGDP上昇を見せる一方、今週発表予定に日本Q1GDPは前期比マイナス1.2%予想、緊急事態宣言が延長されている今四半期Q2もマイナスになる可能性高く、テクニカルには再びリセッション入り、オリンピックまでにはどうにかワクチン接種が進んで欲しいものです。


今週の主な予定:
18日火曜:日GDP
19日:英CPI、FOMC議事録
20日:豪雇用統計、フィリーFED

日本のGDP以外には今週の予定は軽め、FOMC議事録で昨今の長期金利上昇とインフレ上昇について言及があるかどうかも注目したいところ。

ドル円は米長期金利の上昇基調が一服していることで方向感薄く膠着気味、相変わらず金利上昇の円安と株安リスクオフの円高圧力の綱引きで当面108-110円レンジから大きく離れることはなさそう。










投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング
スポンサーサイト



ワクチン余剰、今週の相場見通し

相場見通し
05 /10 2021
5/10/2021

ワクチン余剰、今週の相場見通し

週間予想レンジ
ドル円 107.60-109.60
ユーロドル 1.2000-1.2200
米10年債 1.50-1.70
NYダウ  34300-35300

ポジション
ドル円ロング       110.00売り
ユーロショート     1.1600買い
オージーショート      0.75買い
VIXロング 小       10-15買い足し
WTIショート   50買い
ゴールドショート      1680買い
米債ETFショート      (10年債利回り1.95%)買い


NY市では先週末から旅行者の誰でも予約なしにコロナワクチン接種が出来るようになり、タイムズスクエアやセントラルパークなどに接種会場を設置、旅行者対象なので1回接種で済むJ&J社のワクチンを無償で提供するという措置。背景にはNYの16歳以上の接種率が60%以上になり供給量の心配がほぼなくなった事、J&Jワクチンが血栓を引き起こすリスクなどでかなりの住民に敬遠され供給過多になっている現状とNY市のレストランや美術館などをほぼ100%に近くオープンするタイミングに合わせ大々的に旅行者を呼び込み市の財政再建の足がかりにしようという狙い、早速隣国のメキシコやカナダからの旅行者が続々とNYに。そんなに余っているなら日本に送ってくれてもいいようなものですがJ&Jワクチンは日本では認可されていないのでダメなようです。ちなみにJ&Jワクチン接種で血栓の副反応を起こしたのは全て女性で、避妊用のピルを常時服用していた人達だそうで、そこら辺りに副反応の原因があるというような調査結果がでています。


今週の主な予定:
11日火曜:独ZEW
12日:英GDP、米CPI
14日:米小売

注目は水曜のCPI、コアCPI予想前年比2.3%と高め、NYにいると物価の上昇を肌で感じますが、モンタナ州やオクラホマ州など全米の大部分では低インフレ定着、以前FOMCメンバーの誰かが「州によって金融政策を変えられれば」とコメントしたことが思い出されます。いずれにせよFEDの現在のプライオリティーは労働市場、先週金曜の様な低調な労働市場の指標が続く様であれば利上げはもとより、テーパリングさえまだまだ先の話になり、長期金利低下でドル安基調にトレンド反転する可能性も。





投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

GOLDENウィーク、今週の相場見通し

相場見通し
05 /03 2021
5/3/2021

GOLDENウィーク、今週の相場見通し

週間予想レンジ
ドル円 107.60-109.60
ユーロドル 1.1960-1.2160
米10年債 1.50-1.70
NYダウ  33500-34500

ポジション
ユーロショート     1.1600買い
オージー円ショート      80.00買い
VIXロング        10-15買い足し
WTIショート   50買い
ゴールドショート      1680買い 


5月になりました。
日本はゴールデンウィーク真っ最中、皆さまいかがお過ごしでしょうか?NYもすっかり暖かくなり漸くジャケットなしでも外に出られる陽気。ワクチン接種率が50%近くになり、街中でもマスクを外して歩く人々が以前より目立つようになりました。

市場はロンドンがバンクホリデイ休場で穏やか、4月米ISMの低下などで長期金利が下落、ドル円もつれ安で再び109円割れ、NYダウは$300近い上昇もこの頃は株式市場とドルの相関はほぼなくなり、ひたすら長期金利を睨みながらの動きになりました。

今週の主な予定:
4日火曜:RBA
5日:ADP雇用統計、ISM非製造業
6日:BOE
7日:NFP雇用統計

今週はRBA、BOE、そしてNFP雇用統計と比較的忙しい一週間、RBA、BOEともに据置き、パンデミックが終息とはいかないまでも収束しつつある中、各国中銀のテーマは平時の金融政策に戻すことと次の利上げのタイミング、利上げの前の第一歩として債権買取プログラムなどの縮小、いわゆるテーパリングの議論が中心となり、特にヨーロッパの中で際立ってワクチン接収が進んでいるイギリスにあってBOEの次の一手はバランスシートの縮小、FEDやECBなど他の中銀に先駆けてBS縮小に手を付ける姿勢が見られればポンドもかなりの上昇余地があると思われます。

金曜のNFPと失業率は米国のワクチン接種がどの程度労働市場を後押ししているかを計るのに最適な指標、市場予想はNFP100万人と大幅増加、期待が大き過ぎで指標発表後の「SELL THE FACT」に注意。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

中銀ウィーク、今週の相場見通し

相場見通し
04 /26 2021
4/26/2021

中銀ウィーク、今週の相場見通し

週間予想レンジ
ドル円 107.00-109.00
ユーロドル 1.1960-1.2160
米10年債 1.50-1.70
NYダウ  33300-34300

ポジション
ユーロショート     1.1600買い
オージー円ショート      80.00買い
VIXロング        10-15買い足し
WTIショート   50買い
ゴールドショート      1680買い 


今週で4月も終わり、日本はゴールデンウィークですね、東京はじめ各地で緊急事態宣言という事で特に遠出もせず家にいる人が多くなるのでしょうか、コロナ感染拡大を止めるにはやはりステイホーム、ステイケーションが必要、以前TVでインドの各地でお祭りか宗教的な集まりで人々がマスクもせずに密集している映像がたくさん流れていましたが案の定現在インドのコロナ禍はまさに最悪でアメリカ、ブラジルを抜いて感染者数世界最大に、インドの富裕層はこぞって国外に避難しているそうです。
ここアメリカではワクチン接種が進み、既にNY市では16歳以上のすべての市民が事前予約なしでいつでもワクチン接種でき、全米のワクチン接種率も40%を超えた模様、今週は気温も連日20度超えで街中は益々活気を取り戻して来ています。

今週の主な予定:
27日火曜:BOJ
28日:FOMC
29日:米GDP

今週は何といっても日銀とFED。

どちらも政策金利据置きも注目は日銀の四半期に一度の展望レポートとFOMCステートメント。
一時的にせよインフレ上昇中の米国とCPIが未だにゼロに近い日本、米長期金利上昇も一服で実質金利が日本の方が高くなってしまう現状ではドル円の頭は抑えられている中、FOMCで長期金利上昇を抑制する姿勢でも見られる様な事になればドル円107円割れもありでしょう。





投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

Day100、今週の相場見通し

相場見通し
04 /19 2021
4/19/2021

Day100、今週の相場見通し

週間予想レンジ
ドル円 107.40-109.40
ユーロドル 1.1880-1.2080
米10年債 1.50-1.70
NYダウ  33400-34400

ポジション
ユーロショート     1.1600買い
オージー円ショート      80.00買い
VIXロング 小       10-15買い足し
WTIショート   50買い
ゴールドショート      1680買い 


Day100, バイデン大統領就任から明日で100日。米各メディアではしきりにこの100日間の総合評価を流していますがトランプ派のFOXNEWS以外は総じて及第点、特に思い切った大型財政発動と厳しい対中姿勢が評価されている一方移民政策が緩和され過ぎてメキシコなどからの不法移民が急増している点を問題視。「REUNITE」人種問題などで深刻化した米国民の分断からの再統合は理念だけが先走りして現実では遅々として進まず、アジア人対象のヘイトクライムも悪化、僕も地下鉄はなるべく利用しないようにしています。

今週の主な予定:
20日火曜:英雇用統計
21日:BOC
22日:ECB

今週の注目は木曜のECB。
しばらくユーロ安が続いていましたがここに来て米長期金利の低下、ヨーロッパでのワクチン接種の浸透などで久々に1.20台復活、ゴールドマンとCITIのリサーチはそれぞれユーロ強気の見方を配布、ゴールドマンの3ヶ月ターゲットは1.21から1.25に上方修正。

ユーロにせよドル円にせよやはり決め手は米長期金利。個人的には1.50%を大幅に下回ることはないと考えるのでドルもそろそろ一時的な底に近いかなと思います。同様にゴールドもそろそろ天井か?


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!