FC2ブログ

月末ロンドンフィックス

NY市場
02 /28 2018
2/28/2017

月末ロンドンフィックス

前日クローズからのレンジ
ドル円 106.55-107.52
ユーロドル 1.2188-1.2241
ユーロ円 130.42-131.47

NY午後 2時現在
ドル円 106.75
ユーロドル 1.2210
ユーロ円 132.55
米10年債 2.757%
NYダウ 24180.00 -0.45%

今日で2月も終わり、恒例の月末ロンドンフィックスはいつものポンド買いよりもドル円の売りが強くフィックスに向けずるずると40ポイント超の下落で106.55ギブン。

昨日一昨日と野暮用で相場を追えなかったのですがパウエルFRB新議長初の議会証言が予想外にタカ派だったということでドル上昇、今朝ポジションをチェックしてみたらユーロロングの損切が執行されていました。ドル円は然程上昇してないので結果ユーロ円の下げが目立った感じですね。今日も引き続きパウエル議長の議会証言がありますが昨日ほどの材料にはならないかと、昨日の発言にしても「段階的な利上げが最善」とタカ派というよりはむしろ予想よりハト派でなかったというのが正直な印象で、これを契機にドル高が進むとは到底思えずドル円ショートはキープ、ユーロもまた買い場を探し、2018年に入ってからの安値―高値の61.8戻しの1.2160近辺で再度ロングエントリー予定。

ユーロドル日足
2 28 eur


今週残りの主なイベント、経済指標としては明日木曜に英PMIと米ISM製造業、金曜にメイ英首相とカーニーBOE総裁のスピーチ、カナダ第4四半期GDPと2月ミシガン大指数、通常第一金曜発表のべい雇用統計は今回は来週3月9日発表となっており、メイ首相のBREXIT関連のコメントが一番の相場かく乱要因になるかと思われますが、正直いって何かBREXIT関連のニュースは若干食傷気味、ヘッドラインに一喜一憂してポンドのボラティリティーが高いのは悪い事ではないのですがそろそろもう少しファンダメンタルズに沿った動きに戻ってほしいと思っています。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング
スポンサーサイト



FOMCメンバーコメント多数

NY市場
02 /23 2018
2/23/2017

FOMCメンバーコメント多数

前日クローズからのレンジ
ドル円 106.50-107.12
ユーロドル 1.2280-1.2336
ユーロ円 130.92-131.84

NY午後 4時現在
ドル円 106.80
ユーロドル 1.2300
ユーロ円 131.40
米10年債 2.878%
NYダウ 25268.30 +1.25%

今日はFOMCメンバーのダドリー理事とローゼングレン理事のパネルディスカッション、メスター理事、ウィリアムズ理事のスピーチが続き、パネルでは2理事が米国の緩やかな生産性と労働市場の伸びのため低い実質金利が相当期間続くだろう、FEDによる国債購入プログラムは将来も続く可能性高く、拡大する財政赤字が将来のリセッションの際の財政政策を難しくする、などとややハト派なコメントに米債利回り低下、ドル円106.50ギブン。

メスター氏はいつも通りタカ派、「労働市場は力強くインフレも2%に到達するだろう」

ウィリアムズ氏も楽観的、「米経済は広範囲なセクターで改善しており労働市場も強く賃金の伸びが見られ始めている」「持続的な成長のためには景気を過熱させてはいけない」と利上げペース加速を匂わすコメント、ドルが少し戻すもすでに金曜クローズ間近で左程反応なし、今週は先週に引き続きユーロ円などのクロス円の下げが目立つ1週間でした。

来週水曜日28日に予定されていたパウエルFRB新議長の初の議会証言が一日前倒しで火曜日27日となりましたが、もともと法律家のパウエル氏のこと、慎重な発言に終始してマーケットを大きく動かす要因にはならないでしょう。やはり注目は3月21日のFOMC、25bp利上げは織り込み済みも新議長と新しいメンバー数人でドットチャートが上下どちらかにシフトするかどうかがカギになってきます。

現在ポジションはドル円が昨晩107円台に乗せたところでショート、堅調な日米株式市場に全くと言っていいほど無反応で頭の重いプライスアクションが続いていて、日本人のリパトリ円買いや外国人投資家が日本株を為替ヘッジなしで買っているという話もあり、再度105円台を試す展開になるのではと思っています。

ユーロロングもなかなか楽させてもらえませんが今のところキープ、1.2250割れでいったん撤退する予定です。

来週月、火と野暮用の為アップ出来ず、水曜日は恒例の月末ロンドンフィックス、またいつもの英ポンド買いのパターンになるのでしょうか。

皆さま良い週末を

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

Tweets of 22nd February

Tweet
02 /23 2018
newyorkfxusa

2月22日NYカットオプション  ドル円小刻みに大玉EUR: 1.2150 1bio, 1.2350 1bio, 1.2375 608m, 1.2400 812m$JPY: 106.50 411m, 106.69 400m, 107.00 721m, 107.20 870m, 107.50 1.4bio, 108.00 1.9bio, 108.80 400m, 108.85 850m, 108.93 1bio, 109.00 1bio, 109.04 380m, 109.05 626m
02-22 06:58

ECB議事録

NY市場
02 /22 2018
2/22/2017

ECB議事録

前日クローズからのレンジ
ドル円 106.64-107.76
ユーロドル 1.2260-1.2351
ユーロ円 131.27-132.37

NY午後 3時現在
ドル円 106.68
ユーロドル 1.2333
ユーロ円 131.55
米10年債 2.924%
NYダウ 25023.31 +0.91%

今朝公表のECB議事録、ヘッドラインに反応するアルゴのせいか1.2260-1.2310と一瞬大きくぶれましたが緩和バイアスを削除したのを好感して結局1.23ミドルまでユーロ上昇、議事録では他に「ECBの政策は為替レートを目的としたものではない」としながらも為替レートについての議論がいつもよりも濃くなっていて、ユーロ圏のファンダメンタルズ改善による通貨上昇のほかに米国の強いファンダメンタルズに逆らってのドル安がユーロ高に繋がっていると指摘、暗に米国のドル安誘導を警戒しているようにとれました。

一方コミュニケーションやフォワードガイダンスを変更するのは時期尚早としながら次回の理事会で議論の余地ありとして政策のノーマライゼーションがちかづいていることを匂わす形に、これで中長期的のユーロロングあともう少しでカットするところでしたが少し安心してキープすることが出来ました。

ドル円は昨日いいところで売れていたので107円割れでいったん利食い、やはり108.00のレジスタンスはまだ効いてるようですが株も金利も安定しているので100ポイントも下げるとは想像しておらず予想以上の下げ、先ほどの米7年債の入札で7年債金利が2011年以来の高値圏まで上昇もこのところ米金利とドル円の相関が低下していて(一部逆相関の動きも)全然ドル円のサポートになっていない状況、日本の年度末が近いこともあって金利差のドル買いよりはむしろリパトリのドル売り圧力の方が強いといったところでしょうか。現在の106円ミドルではロング、ショートともあまり旨味が見れないので107円回復で売るか106ローから105円台での買い待ち。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

Tweets of 21st February

Tweet
02 /22 2018
newyorkfxusa

2月21日NYカットオプションEUR: 1.2300 744m, 1.2500 640m$JPY: 106.00 532m, 107.00 793mGBP: 1.4050 409m, 1.4100 308mAUD: 0.7950 3.5bio$CAD: 1.2525 585mNZD: 0.7305 205m
02-21 05:57

BOE議会証言

NY市場
02 /21 2018
2/21/2017

BOE議会証言

前日クローズからのレンジ
ドル円 107.30-107.90
ユーロドル 1.2300-1.23435
ユーロ円 132.30-133.03

NY午後 1時現在
ドル円 107.65
ユーロドル 1.2315
ユーロ円 132.55
米10年債 2.90%
NYダウ 25060.04 +0.38%

FEDのハーカー理事「2018年は2度の利上げが適切となるだろう」、カプラン理事「FEDは段階的に、辛抱強く利上げするべき」などのコメントに米株やや上昇、NYダウは25000台を回復、ドル円も107.90と108円一歩手前まで上昇も長期トレンドラインに阻まれ失速、先日の安値105.55から2%以上調整しており、短期筋のショートもかなり刈り上げられた模様でそろそろいい売り場と見て先ほどドル円ショートしました。

ユーロも反転上昇を待っているところですが小動きながらじわり1.2300まで下落、ちょっと苦しいロングキープですが1.2275にストップを置いて明日のECB議事録待ちです。

今朝は何よりも英国雇用統計とバンクオブイングランドのインフレレポート関連の議会証言でポンドの動きが活発、12月失業率が4.4%と悪化しポンド下落、その後議会証言でカーニー総裁、ホールデンチーフエコノミストが色々コメント出してますが、今のところタカ、ハト織り交ぜたような感じもカーニー総裁の「通貨安は経済成長にとって好ましい戦略ではない」コメントで1.39ハイまで回復、今一つ方向感に欠ける状況で手を出していません。結局のところポンドはBREXITの行方とBOEの利上げペースの2つに命運を握られていると言え、正直BREXITのスムーズな決着に懐疑的な僕としてはなかなかロングに出来ないでいます。BOE利上げは早くても5月まではないと思われ(現在5月利上げ確率は61%)るのでまだもうしばらくショート目線でプレーしてもいいかなとは思っています。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NY連休明け、今週の相場見通し

相場見通し
02 /20 2018
2/20/2017

NY3連休明け、今週の相場見通し

前日クローズからのレンジ
ドル円 106.58-107.37
ユーロドル 1.2320-1.2411
ユーロ円 132.15-132.50

NY午後1時現在
ドル円 107.25
ユーロドル 1.2345
ユーロ円 132.40
米10年債 2.904%
NYダウ 25126.10 -0.37%

昨日のNYはプレジデンツデイで休日、3連休を開けてみると先週末に比べドルがそこそこ戻している状況、特にトリガーとなるニュースも見当たらないので調整のドル買戻しという色合いが濃いのかと、それから先日の日経の記事でもあったようにミセスワタナベが逆張りで溜めていたドル円ロングをショート転したというのは個人投資家に限らずヘッジファンドや投機筋の短期プレイヤーのショートも増えてきており107.00から上のストップをじわじわ狩り始めているといったところでしょうか。

さて今週は明日水曜に英国雇用統計、午後はFOMC議事録、木曜は英GDP、ECB議事録、英閣僚BREXIT協議、金曜はドイツGDP、EU圏CPIなどと欧州のデータやイベントが集中していて当然ながらポンドやユーロの動きが活発になりそうです。特にポンドはもうすでに先週からBREXIT関連のコメントやニュースで乱高下を繰り返し、今週も高いボラティリティーが続きそう、加えてバンクオブイングランド次回利上げが近いとなるとディップを拾うのがいいのかと思え、先週1.40ミドルでふったショートはクローズ1.39ローで買い待ち。

ユーロドルは先週末に1.24ローで買ったロングに先ほど1.23ローで買い増し、先週の米CPI直後の安値1.2275-80がキーサポートと見られNYクローズベースでそのレベルを下回ればカット、その場合でも中長期ではユーロはまだ上と見ているのでまた買い場を探します。

そしてドル円、前述したように短期筋のショートカバーで上昇している格好ですが、この上107.50のストップを付けてからまたショート狙い、先週底割れした長期トレンドラインのある108.00辺りが当面の強いレジスタンスになると思われ108円台以上で安定するまではショート回転で行く予定。

ドル円週足
2 20 usdyen

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

Tweets of 16th February

Tweet
02 /17 2018
newyorkfxusa

2月16日NYカットオプション  オージーに大玉EUR: 1.2350 1.5bio, 1.2400 1.0bio, 1.2415 763m, 1.2425 1.4bio, 1.2465 582m, 1.2500 2.0bio, 1.2550 964m$JPY: 1007.001.1bioGBP: 1.4000 379m, 1.4100 400mAUD: 0.7850 3.8bio, 0.7950 1.9bio
02-16 08:11

ドルようやく小反発

NY市場
02 /16 2018
2/16/2018

ドルようやく小反発

前日クローズからのレンジ
ドル円 105.54-106.37
ユーロドル 1.2428-1.2555
ユーロ円 132.50-133.27

NY午後2時現在
ドル円 106.12
ユーロドル 1.2440
ユーロ円 132.05
米10年債 2.866%
NYダウ 25264.30 +0.25%

米株、日経の回復を全く無視して105.54まで下落したドル円でしたがNY3連休前に漸く調整の買戻しで106円台回復、ユーロドルも1.2555と今年最高値を更新したのもつかの間、予想より強いミシガン大消費者信頼感指数も手伝って100ポイント以上下落、ユーロのディップ待ちしていたプレーヤーには絶好の買い場となりました。

ビットコインは10,000を回復、S&Pも高値からの下落の61.8%戻し、米10年債利回りは昨日2.94%と3.00%目前まで迫った後今日は2.86%に低下、これでニューヨーカーたちは比較的平穏なプレジデントデイ祭日の3連休を過ごせそうです。

とは言っても来週連休明けから再びドル売り再燃のリスクも高く、どこかの時点でドル円105.00の大型オプション玉の攻防が見られるかもしれません。イメージとしては105.00を何度かトライした後に突破、ストップロスなどでオーバーシュートした後ようやく下げ止まるというパターンかと。昨日公表された12月TICデータでは日本、中国の米債売りが顕著に表れておりその流れが1月2月と続いていたと思われ、一連のドル安の大きな要因になっていたようです。中国の春節休みと日本の年度末が近づきそうした米債売り、ドル売りの動きも沈静化すると見込まれることもあってここからさらなる大幅ドル下落は避けられるのではないでしょうか。

因みに3月FED利上げ確率は現在99%、もうすでにフォーカスは利上げか否かではなく今年3回か4回かという所へ移り、FOMC新メンバーたちによるドットチャートが注目されます。そこで難しいのは昨年までのように金利見通し上方修正が必ずしもドル買いにはつながらなくなってきたこと、長期金利の急上昇は確実に株価とドルにダメージを与えることになるのでパウエル新議長のFOMCも必要以上にタカ派になるのは慎重にならざるを得ないでしょう。

日銀の黒田総裁続投を含む新人事もほぼ固まったようですがこれ以上リフレ派を増やしたところでバランスシートを現在以上に拡大するのは不可能に近くせいぜい出口戦略に関する議論の必要性を先延ばしにするくらいの効果しかないのではとも思ってしまいます、少なくとも日銀の金融政策のみでここから円安に持って行くのはかなり無理があり日本サイド要因でのドル高円安シナリオは今のところ描けないかんじです。

皆さま良い週末を

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

ドル円下げ止まらず

NY市場
02 /15 2018
2/15/2018

ドル円下げ止まらず

前日クローズからのレンジ
ドル円 106.18-106.99
ユーロドル 1.2448-1.2509
ユーロ円 132.50-133.27

NY午後2時現在
ドル円 106.40
ユーロドル 1.2490
ユーロ円 132.90
米10年債 2.893%
NYダウ 25047.20 +0.62%

日経225、ダウともに徐々に回復しつつある中ドル円の下落が止まらず、東京時間につけた安値106.18をNYに入って再びテスト、先ほど日銀副総裁にリフレ派でしられる若田部氏を任命との報道で一瞬106.85まで急騰するもまたすぐに106.40ギブン、株高も日米金利拡大も日銀人事もドル安の流れを止められないとなると他にドル円サポートの要因が何もなくなっちゃう感じがします。

シカゴIMMのポジションもぱんぱんロングのユーロと違って円はまだネットショート、これからまだまだ買い余力を残している状況、チャートもフィボ戻しの106.50をあっさりクリア、ミセスワタナベも買い下がりの姿勢を続け105割れると一斉に吐き出すリスクあり、今しばらくはドル円ショート回転で臨もうと思っています。現在は106ミドルで再構築した少額ショート、107近くまたは106割れで売り増す予定。

一方のユーロ久々に1.25台のせした後は若干息切れで1.24ハイで膠着、ここから積極的にロングする気にもなれず1.24ローのディップ待ち、ただし1.2540-50をうわ抜けてくるようであれば追っかけ買い、ポンドが1月末からの下げの半値戻しにきたので1.40ミドルで売ってみましたがじわりビッドで居心地悪し。

じわりといえばビットコインが久々の$10,000回復、先週の安値から70%の上昇と相変わらず物凄い動き、ほっと一息ついている個人投資家も多いのではないでしょうか。米国では毎年4月15日がタックスリターン、日本で言う確定申告の締め切りで今年からクリプトカレンシーのキャピタルゲインタックスも厳しく監査されるらしく皆戦々恐々、日本でも同様と思いますが所得隠しなどの罰金、追徴金はとても厳しいので面倒でも正直にかつ正確に申告する必要がありそうです。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!