FC2ブログ

今週の為替相場見通し、月末フィックス

相場見通し
04 /30 2018
4/30/2018

今週の為替相場見通し

シドニーオープンからのレンジ
ドル円 108.97-109.43
ユーロドル 1.2067-1.2139
ユーロ円 132.05-132.51

NY11AM現在
ドル円 109.30
ユーロドル 1.2088
ユーロ円 132.13
米10年債 2.955%
NYダウ 24470.82 +0.66%

週明け月末の今日4月30日は先週に続きややドル高で推移、東京市場はゴールデンウィーク入りで閑散、ドル円109円台前半で小動き、ロンドンフィックスはドル買いとの話で、ユーロじわり1.21割れ、英ポンドも先週の弱いGDPからの売り基調続き1.37台前半。
日本のゴールデンウィーク中は本邦機関投資家や輸出入の実需玉も出ることなく今週東京時間は静かなマーケットとなりそう、ゴールデンウィーク中に輸出企業は節目に売りオーダーを置いておくことが多く110.00、110.50、111.00などはオファーが並んでいることが予想されます。ただしドル円全体のリクイディティーは日本人プレイヤー休みでかなり低下、欧米のスペック色の強い短期ヘッジファンド勢が大玉で仕掛けるには持ってこいの1週間、とくに 市場のポジションがどちらかに大きく偏っているような場合ストップロスを炙り出そうというパワープレイが炸裂するリスク大、その意味では現在の市場のドル円ポジションはシカゴIMMを見ても左程偏りなく110.00超えに若干ストップがある模様もオファーも同程度並んでいて買い上げたところで上値は限定的、逆に売り潰しをトライしたとしてもマーケットはどちらかと言えばショートなのでロングの損切を誘発してもあまり影響なし、結論から言って投機筋が仕掛けるにはあまり妙味があるようには見えずすくなくとも金曜の米雇用統計までは小動きが続くと思われます。

今週の主な予定はその米雇用統計が一番のメイン、火曜日はRBA政策金利決定会合、金利据置きの予定、欧州はメイデイで殆どの市場がお休み、水曜はFOMCも金利据置き、記者会見なしで無風通過の見込み、木曜はEU圏CPI、そして金曜米NFPといったところでしょうか。
今朝発表されたドイツCPIは前月比0.0%の横ばい、木曜発表のEU圏CPIがこのところのEU圏インフレ鈍化トレンドを加速するようであればECB緩和終了時期延期の可能性も出始めユーロはさらに下落のリスク。シカゴIMMのユーロロングはまだ相当量残っていて1.20割れのストップもかなりのマグニチュードがあるやも知れません。1.20手前は一旦は買いと思っていますがストップはタイトに置いておきたいです。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

スポンサーサイト



対照的なイギリス、アメリカGDP 

NY市場
04 /27 2018
4/27/2018

対照的なイギリス、アメリカGDP 

前日クローズからのレンジ
ドル円 10.14-109.54
ユーロドル 1.2055-1.2115
ユーロ円 131.93-132.31

NY11AM現在
ドル円 109.25
ユーロドル 1.2080
ユーロ円 131.95
米10年債 2.973%
NYダウ 24329.40 +0.03%

今朝は英国、米国の第一四半期GDP速報値が続いて発表されましたが英国は予想1.4%の所1.2%と弱かったのに対し米国は予想2.0%が2.3%と強い数字、英ポンドは1%超の急落で1.37台突入。これで5月のBOE利上げ確率も一段と低下、先週のカーニー総裁のハト派発言の前までは80%を超えていたのが今は50%を下回ってきました。

日銀の政策金利決定会合は変更なしで無風も物価目標の達成時期を展望レポートから削除したことで市場にはいろいろと憶測が飛び交っているようですがドル円は今一つ反応薄、単純に考えれば達成時期を守る守らないではなくて2%目標に近づくか達成するまでは緩和を続けるという姿勢の表れと思うので長期的には円安要因なのかと、ただし今朝の日経新聞にもあるように、多少の環境変化では追加緩和するようなことはなくなるので結局現在の金融政策が長期に渡って継続されると見るのが妥当なのでしょう。

一方注目された南北首脳会談は非核化と年内終戦表明がなされ眉唾的な感じもしないではありませんが取り敢えずはネガティブサプライズなく通過、しかしながら非核化の時期についても日本人拉致問題についても何も言及されず、今度の米朝首脳会談でトランプ氏がどこまで切り込んで行くかが重要になってきました。

ポジションはドル円がレンジなので依然ショートキープ、久々のユーロショートは少額ながらやはりショートは居心地よくなく1.20手前でまたロング転しそうな予感、何かドル売り信仰にはまってる様な気がしてもう少し客観的に相場を見ないといけないと自嘲してます。

この後NY午後3時過ぎに公表されるシカゴIMMポジションが見もの、記録的水準ロングのユーロが然程減少していなければまだまだ売り圧力は続くリスクありで下手に値頃感で買うと失敗するかもです。

今日のNYは雨、4月も終わりだというのに気温は摂氏10度でちょっと肌寒い感じ、セントラルパークの桜も咲いている木や、まだ蕾の木などまちまちです。
皆さま良い週末を

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

ユーロ急落、ECB理事会

NY市場
04 /26 2018
4/26/2018

ユーロ急落、ECB理事会

前日クローズからのレンジ
ドル円 109.07-109.49
ユーロドル 1.2115-1.2210
ユーロ円 132.42-133.25

NY11AM現在
ドル円 109.23
ユーロドル 1.2123
ユーロ円 132.42
米10年債 2.982%
NYダウ 24218.70 +0.60%

注目のECB理事会、予想通り金利据置き、ドラギ総裁記者会見の主なコメントは以下の通り、
「金利は債権買取プログラムが終了した後も相当期間現在のレベルで推移すると思われる」
「インフレはターゲットに収斂すると確信している」
「コアインフレが上昇基調に乗ったサインは未だ確認できない」
「インフレは年内1.5%程度で推移する見込み」
「直近の指標は年初からの成長ペースの緩和を示唆」
「グローバルのリスク要因は貿易などに於いて顕著になってきた」
とややハト派なトーン、ドラギ氏に続き今年6月に退任予定のコンスタンチオ理事は
「ECBは再び非伝統的な政策をとる可能性があり、以前の様な単純な金融政策に戻ることは疑問」
と述べ状況によっては再び大規模量的緩和も辞さないことをほのめかし、その後のQ&Aセッションでは目立った発言なく終了。

ユーロドルはこの間1.2150-1.2200を行ったりきたりした後、ついに1.2150サポートを割り込みストップ売りを巻きこんで現在1.2110まで下落、これで昨年4月からの長期トレンドラインを下抜け、3月安値も割り込んで節目の1.20トライの形になってきました。先週金曜時点でのシカゴIMMのユーロロングポジションは年初から続く記録的なサイズのロングが報告されており、これらのロングが投げ始めるとユーロの下落もますます加速するリスクあり、僕もユーロロングは撤退の憂き目に、ドル円ショートが首の皮一枚でつながっている苦しい状況で、これから頭を180度切り替えてドルロングに転換するか非常に悩むところです。

いやあ難しい、こうなるとユーロスイスを1.20手前で売って冬眠に入ろうかなとか馬鹿な事を考えてしまいます。

明日は韓国北朝鮮の南北首脳会談、さらに中国の通商代表部がアメリカと貿易(戦争)について対話する用意があるとの談話にホワイトハウスのクドロウ経済アドバイザーも「中国との対話に大いに期待している」と好意的な反応、このままリスクオンが続くかはたまたネガティブサプライズが出るか楽しみなところです。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NYダウ続落

NY市場
04 /25 2018
4/25/2018

NYダウ続落

前日クローズからのレンジ
ドル円 108.80-109.28
ユーロドル 1.2171-1.2236
ユーロ円 132.92-133.33

NY11AM現在
ドル円 109.13
ユーロドル 1.2185
ユーロ円 132.97
米10年債 3.012%
NYダウ 23861.10 -0.80%

$500超下落した昨日に続きNYダウは今朝も下落基調が続き役1か月ぶりに$24000台割れ、米10年債利回りは3.0%突破して3.035%タッチと債券価格下落でダブル安もドルだけはなぜか堅調、ドル円に関しては武田薬品工業のシャイアー買収案が承認に近づいたとの憶測で買いが出てるといった一因があるもののダウや日経が下げてるなかよく持っているなといのが素直な感想、ユーロもドイツ政府が2018年GDP予想を下方修正したなどのニュースで売られていますがどれも積極的にドルを買う理由にはならず、昨日と同様NY後場に株価下落が加速すればドル売り再燃になるかと思っています。
よって昨日からショート転したドル円はキープ、株価を睨みながら売り増しの予定、ユーロドルも3月安値の1.2150近辺で拾うつもりでいます。

NYダウの下げも嫌な感じですがS&Pの方も200日移動平均のある$2608に急接近、このレベルを割り込んでくるとストップ売りも巻き込んで下げが加速するリスクありですね。

いずれにしても為替相場はこれからドル高のトレンドになるのか、あるいはこの辺りで修正局面終了、反転再びドル安に向かうのか今現在重要な分岐点に来ていると考えています。個人的には株安と債券バブル崩壊による「悪い」金利上昇、地政学リスク再燃で再びドル安に転じると見ていいてポジションもドルショートですが「トレンドイズユアフレンド」というようにこのままドル高トレンドが続くようであれば相場の流れには逆らえず、どんな時でもストップロスだけは置いておくことを厳守です。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

ドル円絶好の売り場到来?

NY市場
04 /24 2018
4/24/2018

ドル円絶好の売り場到来?

前日クローズからのレンジ
ドル円 108.68-109.16
ユーロドル 1.2182-1.2235
ユーロ円 132.65-133.46

NY11AM現在
ドル円 109.10
ユーロドル 1.2232
ユーロ円 133.45
米10年債 2.989%
NYダウ 24519.45 +0.30%


ドル円がついに109円台に乗せてきました。結論からいってここは絶好の売り場と見ていつもより大きめのショートをとりました。

* まず月足チャート、2012年の未曽有の円高75円からの長期トレンドラインを今年2月初旬に割れて105円トライの円高局面に入った後このところの調整の戻しで再びこの長期トレンドラインのある109.00近辺回復、このラインを超えて安定推移するまでは中長期では売り。
* 日足一目均衡雲の上限が109.30近辺、この近くで一旦反転する可能性大。
* 米10年債利回り、現在の3.0%で再び下落すればドルにも売り圧力、逆に3.0%を突破して米債売りに拍車がかかる事態になればそれもまたドル売り要因なのでリスクリワードはどう見てもドルショートに優位。
* 株式市場も一連の企業決算は今週がピーク、好調な決算に下支えされた米株はこれから踊り場か再び調整、リスクオフ売り局面に入る可能性高くこれもドル売り要因。
* ドルインデックスを見ると2017年底値だった91.00を今朝回復、調整の戻しを完了した感じ。

今週末の韓国朝鮮の南北首脳会談が波乱要因でリスク感応度の高いドル円はどちらかに大きく振れるリスク大なのでストップはタイトに置きますが今はひとまずドル円ショート。
ドル円月足
4 24 2018 usyen


一方のユーロドルは現在フラット、定置網漁みたく1.2150(3月安値)と1.2250(トレンドライン)近くに買いと売りを仕掛けて置いてあるのですがいまのところどちらにも獲物なし、ドル円反転下落にリードされてユーロも反転上昇する兆しを見せるようであれば再びロングメークするつもりですが今朝発表のドイツIFOは弱く今年に入ってからのドイツおよびEU圏の指標の鈍化が目立つようになったので以前ほどユーロブルになり難いのが正直なところ、木曜はECB理事会もあるので今はあせってポジションメークすることもないかと思っています。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

今週の為替相場見通し、黒田総裁TVインタビュー

相場見通し
04 /23 2018
4/23/2018

今週の為替相場見通し

シドニーオープンからのレンジ
ドル円 107.70-108.45
ユーロドル 1.2215-1.2288
ユーロ円 132.13-132.54

NY11AM現在
ドル円 108.44
ユーロドル 1.2217
ユーロ円 132.45
米10年債 2.978%
NYダウ 24467.17 +0.02%

週明けの相場は米ドル続伸、ドル円2か月ぶりの108円台乗せ、ユーロドルは長期トレンドラインサポートの1.2250を割り込み、英ポンド1.40割れ、一方債券相場は続落、米債10年利回りは2.98%と節目の3.0%突破する勢い、これでイールドカーブが緩やかにスティープニングしていくのはいいのですが長期金利急騰のような債券市場のバブル崩壊の事態に繋がるようであれば株にもドルにも打撃、株式市場はこのところの好調な企業決算で底堅く推移していますがここは米債市場に注視が必要でしょう。

先ほどCNBCで黒田日銀総裁のインタビューが放送されていましたが総裁の主なコメントとして「日本は意図的に為替相場を操作してはいない」、「円はしばし強くなりすぎる傾向がある」、「インフレに下振れリスク、2%目標は遠い」と述べQQEがまだまだ続くことを示唆、ドル円はこれに反応して108円ミドルまで上昇4月米PMIや3月住宅着工が強い数字だったこともドルを後押ししているようですがドル円 、ユーロ、ポンドとキーレベルを抜けて相場が転換した可能性があり、これからドルが一方方向に上昇するとは考えにくいもののしばらくポジションはドルロング目線で行こうと思っています。
予ってドル円ロングは少額ながらキープ、今日明日と108円台キープできるようであれば買い足し、ユーロロングは撤退、ショート転しました。

今週の目玉は木曜のECB理事会と金曜の米第1四半期GDP、ECBクーレ理事は先日「フォワードガイダンスの変更は7月の会合で見極める」といったコメントをしており、今週の理事会ではまだ9月緩和終了についてはっきりと言及するのは避けるのではないかと思われユーロも小動きになる可能性あり、年初からのユーロ高もここにきて是正されつつあり通貨高懸念も緩んでいるので波風のたたない無難な会合となるかもしれません。
金曜は日銀政策金利決定会合もありますが政策に変更なしで無風で終わりそう、日銀としても105円割れ回避で現在静かに円安の流れが続いていることを歓迎しているでしょうから下手に出口戦略に言及したりで円安の流れをくじくようなことはないと思います。
金曜の米第1四半期GDPは前期2.9%からかなり低下の2.0%を予想され、ハードルが低いのでポジティブサプライズの方がマーケットの動きが大きくなるかも知れません。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

英ポンド乱気流

NY市場
04 /20 2018
4/20/2018

英ポンド乱気流

前日クローズからのレンジ
ドル円 107.37-107.80
ユーロドル 1.2266-1.2352
ユーロ円 132.23-132.92

NY11AM現在
ドル円 107.75
ユーロドル 1.2269
ユーロ円 132.20
米10年債 2.930%
NYダウ 24621.10 -0.20%

武田薬品による6.5兆円を超える買収案の話でポンド円153円手前まで上昇、その後BODのカーニー総裁がBBCのインタビューで年内利上げがあるだろうと述べポンド堅調と見えたのもつかの間、カーニー総裁の「BREXITの不確実性が利上げを遅らせるリスクもある」とのコメントにポンドは100ポイント急落、ポンド円は152ミドルから151.00まで下げ、M&Aネタでロングにしていたポンド円は手痛い撤退、被買収側のシャイアー取締役会も買収を拒否しましたが今後も交渉は続く模様、M&Aが決定となればポンド円の強力な押し上げ要因となるのは間違いなく今後も注視が必要です。

カーニー総裁の発言があった後もBOE5月利上げ確率は85%と高くポンドドルかポンド円はまた買い場を探します、理想的には3月からの上昇の38.2戻しの150.40レベルでしょうか。

今日金曜日は目立った経済指標もなく2月カナダCPI低く、小売売上は強めとミックス、ワシントンDCで開かれているG20ミーティングが唯一の材料、G20は前回に引き続きクリプトカレンシーについての議論が交わされている模様で特に今回はレギュレーションについて深く掘り下げられちるそうでうが果たしてそれが仮想通貨市場の健全化と発展につながるか逆に足かせとなって市場が縮小していくのかは分かりませんが日本同様、アメリカでも仮想通貨業者に検査が入ったり課税が強化されたりで健全化の方向に向かっているのは歓迎すべきでしょう。

今朝のECBワイドマン理事のコメントにもあったように第1四半期のドイツ(及びユーロ圏)の経済指標が以前よりも弱くなってきていてEU圏全体のインフレやGDPの伸びに陰りの兆しがみられユーロドルも久々に1.22台に入ってきました。2日前には1.2430のレジスタンスを抜けるかと思いきや今度は1.2250の長期トレンドラインサポートトライに長期保有のユーロロングはNY終値ベースで1.2250を下回れば一時撤退、来週木曜のECB理事会が大いに注目されるところです。

ドル円は小動きながらじわり上昇、前回高値の107.80付近でポーズしていますが何となく上抜けしそうな気配なので少額ロングはキープ、ドル円に限らず米ドル全般にドル高がゆっくり進行、利上げ姿勢で見れば現在はぶっちぎりのトップを走っている感じの米国なので金利面での通貨優位が効いているものと思われますが今の所実需のドル買いは伴っていない様子、株式市場は一旦落ち着きを取り戻したように見えますが米債はまた10年利回りが3.0%に接近するなど依然バブル崩壊のリスクありでまたあっという間にドル売り相場に戻る準備は常にしておきたいですね。

皆さま良い週末を

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

ユーロスイス 1.20回復!

Tweet
04 /19 2018
4/19/2018

ユーロスイス 1.20回復!

前日クローズからのレンジ
ドル円 107.22-107.50
ユーロドル 1.2355-1.2400
ユーロ円 132.72-133.08

NY11AM現在
ドル円 107.35
ユーロドル 1.2375
ユーロ円 132.85
米10年債 2.903%
NYダウ 24659.05 -0.35%


ドル円やユーロドルが小幅レンジで推移する一方、ユーロスイスが今週に入ってからじわじわと上昇を続けついに今日は2015年1月15日SNBショック直前の1.2000一歩手前1.1999を付けました。あの日SNBが介入をやめた瞬間に1.20から0.80まで一瞬にして暴落して以来実に3年ぶりに元のレベルに戻ってきました。この1.20は一旦は売ってみるというディーラーが多くいまのところ99高値で押し戻されていますが介入で巨額の損失を抱えていたSNBにとってはやっと一息つけるレベルに還ってきたということでしょう、
短期で1.20手前でショートにしたプレイヤーも多そうなのでここで意表をついて介入すれば一気に1.21-1.22までスイスフラン安が進むと思いますが流石に先進国の中銀がそこまでえげつないことは出来ないですかね。

それにしてもマイナス金利にしようが異次元緩和を続けようが常に円高圧力に悩まされている日銀、財務省にとってこのフラン安は羨ましい限り、SNBがこの3年間も静かに断続的に介入を続けていたように財務省、日銀も市場に分からないような超極秘介入をするのも手だと思うのは僕だけではないはず。

武田薬品M&A絡みの巨額円売りが期待され、日米短期金利差が拡大している現在円安に向かう土壌は育ちつつあるようにも見えここで実弾介入とは行かないまでも何らかの措置をとれば雪だるまのように円売りの勢いが広がってもっと楽にインフレ目標に近づくことが出来るのではないでしょうか。

相場の動きが乏しいのでこんな馬鹿みたいなことを考えちゃったりしますが、取り敢えずポジションはドル円、ユーロドルロングキープ、安倍トランプ会談も無難に終わりリスク環境改善、まだ南北首脳会談と目玉の米朝会談が残っていますがそれまではもう少しユーロ円、ポンド円はじめ他の円クロスの上昇余地ありと見ています。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

バンクオブカナダ

NY市場
04 /18 2018
4/18/2018

バンクオブカナダ

前日クローズからのレンジ
ドル円 107.01-107.38
ユーロドル 1.2342-1.2397
ユーロ円 132.38-132.90

NY11AM現在
ドル円 107.15
ユーロドル 1.2385
ユーロ円 132.70
米10年債 2.842%
NYダウ 24751.70 -0.15%

カナダ中銀は先ほどの政策金利決定会合で市場の予想通り金利を1.25%で据え置き、ステートメントは住宅市場の減速や輸出の低下などを挙げややハト派な内容でドルカナダ上昇、次回6月の会合でも利上げ確率は40%以下と25bp上げを期待されているFOMCに後れを取る形、ただしカナダドルに関しては金利云々よりも今はNAFTAの行方次第といったところで米国がNAFTAに前向きでいるように受け取れる現在はカナダドルは潜在的に強く推移するものと考えられます。

ドル円は小動き、昨日の安倍トランプ会談1日目は目立ったヘッドラインもなく今日の会談終了後の共同記者会見が注目されるところです。チャート的には一目均衡雲の下限が106.90まで下がって来ているので今の所は辛うじて雲の中に落ち着いていますが106.80割れに短期筋ロングのストップがある模様、その下106.50にサポート、106円ローがあれば再びロングトライしたいところです。

その他今朝は英国CPI、EU圏CPIともに予想より低い数字でポンドは下落、ユーロは反応薄く再度1.24トライの感じですが1.2430レジスタンスを抜けるまではまだレンジと見ていいのかと、ロングは1.2420近辺で一旦利食って30超えで買い直すか1.23ミドルディップ待ち、いずれにしても引き続き1.2250割れまではロング回転の予定です。

今晩はニュージーランドCPIとオーストラリア雇用統計、市場予想はNZCPI低め、OZ雇用統計強め、このところオージードル、キウィドルともにレンジに収まっているのでそろそろどちらかに動いてもいい頃で今晩の指標がその引き金となるか期待されるところです。欧米英中銀に比べ利上げが遅れてもはや高金利通貨ではなくなっていることや米国発の貿易戦争で資源国通貨はダメージを受けやすいと考えられ個人的にはどちらも下目線。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

EU圏減速

NY市場
04 /17 2018
4/17/2018

EU圏減速

前日クローズからのレンジ
ドル円 106.89-107.16
ユーロドル 1.2345-1.2413
ユーロ円 132.30-132.74

NY11AM現在
ドル円 107.15
ユーロドル 1.2350
ユーロ円 132.30
米10年債 2.842%
NYダウ 24820.20 +1.00%

先日のECBドラギ総裁やクーレ理事のコメントにもあったようにこのところのEU圏の経済指標が若干鈍化、CPIやや低下、今朝の独ZEWも予想-0.8に対し-8.2とかなり弱い数字で1.24台に乗せていたユーロドルも1.23ミドルまで反転急落、一方英国2月雇用統計は失業率が低下するなど堅調な数字にポンドドル上昇、結果ユーロポンドはまた裂き状態の下落で0.86ローは昨年5月以来約一年ぶりの安値、ポンドドル単体もBREXIT暴落からおよそ2年をかけて漸くBREXITショック前のレベルに戻して来ました。2016年のBREXIT採決直後はどの銀行のリサーチもポンドドルは超ベアで1.00ターゲットというところが多かったですが、逆にポンドドル安に助けられて英国株価や経済は好調、インフレもEU圏より先に上昇気流に乗った感じでバンクオブイングランドも利上げサイクルに。
来年の実際のBREXITまでまだまだいばらの道とまで行かないまでも不確実な要素満載でポンド強気には到底なれないのですがファンダメンタルズ的にはユーロや円よりも強い状況が続くかも知れません。

さて、今日明日は安倍トランプ日米首脳会談、トランプ氏のたっての願いでフロリダのトランプリゾートでゴルフをプレーするそうで安倍首相としても嫌だとは言えず仕方ないところでしょうが北朝鮮問題や対中国貿易戦争のとばっちりを受けたような形の貿易関税問題などしっかり話し合っていただきたいと思います。
ドル円は辛うじて一目均衡の雲の中で推移していますが日米サミットのヘッドラインニュースで乱高下するリスクあり、先週からのロングは依然キープしていますがここはレンジを大きめにとって108近くは売り、105近くは買いの姿勢で行こうと思います。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!