FC2ブログ

月末フィックス、FOMC議事録

NY市場
11 /30 2018
11/30/2018

月末フィックス、FOMC議事録

前日クローズからのレンジ
ドル円 113.35-113.57
ユーロドル 1.1355-1.1400
ユーロ円 128.90-129.23

NY10AM現在
ドル円 113.48
ユーロドル 1.1380
ユーロ円 128.92
米10年債 3.013%
NYダウ 25278.00 -0.25%

11月も今日で終わり、恒例の月末ロンドンフィックスは対ユーロでのドル買いがメインとの話ですが月末によく出るユーロポンドの買いに相殺される可能性も。
ドル円の買いが出たところは絶好の売りチャンスとなりそうです。

さて一昨日のパウエルFRB議長講演に続き昨日のFOMC議事録はややハト派、パウエル議長のコメントにもあったように複数のメンバーが現在の金利は中立的なレベルに近いと示唆、その他目立ったのは;
-「さらなる段階的な利上げ」という文言を修正するかどうかという議論もなされた
- 何人かのメンバーはドル高が米国の景気とインフレに下方リスクをもたらしていると示唆
- 2-3のメンバーは経済見通しに不確実性が増しているとの見方

マーケット初動はややドル売りで反応も戻りも早く結局小動きに、株式市場も前日比フラットの辺りを行ったり来たりでクローズは極小幅安。

今日からブエノスアイレスでG20、トランプ大統領は既にプーチン大統領との会談をキャンセルしましたが米中首脳会談は予定通り行われる見込みで激化する貿易摩擦にある程度の歩み寄りが見られるかどうかが焦点に、トランプ氏のいつものパターンで先に脅しをかけておいて相手が弱腰になったところで出来るだけ米国に有利になる範囲で幾らかの譲歩を見せるという技が老獪な中国にも通用するのかが見ものです。米中どちらの肩を持つわけではないけれど今後の日本の対米、対中外交、貿易などの為にもあまり摩擦激化は望ましくないと思われます。

金曜のリクイディティーの薄い中で月末玉にマーケットが大きく左右されがちなので今日の所はレベルやファンダメンタルズに固執せず11時までは順張りフィックス後は逆張りで行く予定です。

皆さま良い週末を


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

スポンサーサイト



パウエル議長ハト派に?議事録は

NY市場
11 /29 2018
11/29/2018

パウエル議長ハト派に?議事録は

前日クローズからのレンジ
ドル円 113.18-113.66
ユーロドル 1.1349-1.1401
ユーロ円 128.69-129.16

NY10AM現在
ドル円 113.29
ユーロドル 1.1377
ユーロ円 128.90
米10年債 3.024%
NYダウ 25314.50 -0.20%

昨日のパウエルFRB議長講演はやや驚きのハト派、まさか連日のトランプ大統領によるFED叩きに屈した訳ではないと願いたいところですが、クラリダ副議長と同様FF金利が中立レベルに近づいているとの認識で来年の利上げペース鈍化または利上げ打ち止めの可能性が高まってきました。

短期金利市場は12月の利上げこそ80%程織り込んでいるものの来年3月の利上げについては40%以下、今日NY時間午後2時に公表される前回のFOMC議事録が注目されます。

ハト派のスピーチを受けてドル売りが広がり幾つかの銀行のストラテジストも来年のドル円見通しがかなりベアに傾いてきた模様、モルガンスタンレーは日銀のマイナス金利終了と米国景気の減速でドル円94円を予想、コメルツ銀行も日銀の若干の金融引き締めによりドル円96円まで下落と予想しています。

僕もドル安の見方には同意するものの日銀の引き締めには疑問、そしてマイナス金利終了ならばかえってドル円は上がると思っています。来年のドル安は日本サイドの要因よりはむしろアメリカサイド要因、循環的な景気減速とFEDの利上げサイクル終了、関税によるインフレ下での景気減速というスタグフレーションからのドル売りがメインシナリオ。

短期的には我慢キープしていたドル円ショートとユーロロングが漸く生き返ってきました、ここからさらにドル安が進むにはドル円112.50割れとユーロ1.1450超えが必要でそれまではレンジで細かくとっていく必要がありそうです。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

アメリカ第3四半期GDP

FX裏話ネタ
11 /28 2018
11/28/2018

アメリカ第3四半期GDP

前日クローズからのレンジ
ドル円 113.73-113.90
ユーロドル 1.1268-1.1300
ユーロ円 128.27-128.66

NY10AM現在
ドル円 113.88
ユーロドル 1.1280
ユーロ円 128.46
米10年債 3.067%
NYダウ 24946.10 +0.80%

今朝発表のアメリカ第3四半期GDP改定値は先月発表された速報値3.5%から変わらず相場に反応なし、ドル円は相変わらず活気無く前日ニューヨーククローズから値幅は僅か17銭、
ユーロドルはECBレーン理事の「利上げの予定はない」とのコメントに若干下げる局面があったものの小動き、NY時間正午のパウエルFRB議長のスピーチが待たれています。


パウエル議長の他にも今週はFEDオフィシャルのスピーチが相次ぎ、明日は前回のFOMC議事録公表、これまでに出た主なコメントは以下の通り;
エバンス理事(タカ派):データは米国経済の強さを示唆、金利が中立的なレベルに戻る時期が来た
ジョージ理事(タカ派):米国の失業率は極めて低く労働力不足を引き起こしている
ブラード理事(ハト派):今後2年間は景気の原作を予測、FEDの利上げ継続は難しくなる
クラリダ副議長(中立):金利は以前に比べ限りなく中立的なレベルに近づいている

と利上げペース原則かサイクル終了が近いようなことを匂わす発言が多く、来年2019年の利上げ回数も2-3回から1-2回に減らされる可能性大、明日の議事録でそのようなサインが読み取れればドル売りに繋がるリスク大と見ています。


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

トランプ大統領対中関税を25%に

NY市場
11 /27 2018
11/27/2018

トランプ大統領対中関税を25%に

前日クローズからのレンジ
ドル円 113.42-113.66
ユーロドル 1.1297-1.1342
ユーロ円 128.43-128.83

NY10AM現在
ドル円 113.65
ユーロドル 1.1305
ユーロ円 128.50
米10年債 3.064%
NYダウ 24447.50 -0.85%

昨夕のニュースでトランプ大統領は以前から予定していた通り2000億ドル相当の中国製品に対し関税を25%に引き上げると発表、リストには中国で生産されているアップルのiPhoneも対象に入っておりアップル株価は時間外取引ですかさず下落、外国為替もオージードルなど中国との相関の高い通貨で売り反応、ドル円の反応は比較的緩やかながら若干の下落、全体的に貿易摩擦ネタでのFX動きは鈍くなってきたよう。

それとは別件でトランプ大統領はカナダとメキシコを除くすべての国を対象に自動車の関税を25%に引き上げる予定との話。
米最大手のGMが従業員を15%カットするとの報道はGM株にはポジティブでしたが日欧で自動車関税の対抗措置がとられればただでさえ人気の低いアメリカ車の売れ行き激減は間違いなくGMのみならず米製造業全体にさらなるコストカットの波がやってくるかもしれません。

株式市場の方は昨日月曜は若干上昇したものの未だ足元弱く今朝も小幅下落でスタート、S&Pなどは依然年間ではマイナス圏、貿易摩擦悪化が年末商戦に冷水を浴びせるのではという懸念も増大しています。

年末商戦と言えば先週末でブラックフライデーバーゲンセールが終わったかと思いきや昨日からはサイバーマンデー、アマゾンなどオンラインショッピングでバーゲンセール、これが終わればもうすぐクリスマスセールが始まるという具合で小売店やメーカーは次から次へと消費者マインドをくすぐろうと躍起になっていますがアップルの新型XRの売れ行きは不調、XSより廉価と言っても7や8よりは高くアップルの高級路線化は価格感応度の高めな層を中心に確実に客離れを引き起こしているような気がしています。

為替相場は緩やかなドル買いが続きユーロドルが再び1.1300割れ、前回の様に売りストップはなく急落の様子もありませんがそれが却ってロングを切りにくくしている要因に、ただしマーケット全体的にはIMMのポジションにも見れるようにユーロショートがかなり増加、ここはドルショートで我慢です。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

今週の相場見通し

相場見通し
11 /26 2018
11/26/2018

今週の相場見通し

シドニーオープンからのレンジ
ドル円 112.89-113.38
ユーロドル 1.1327-1.1383
ユーロ円 127.97-128.90

NY11AM現在
ドル円 113.39
ユーロドル 1.1355
ユーロ円 128.75
米10年債 3.069%
NYダウ 24409.95 +0.51%

サンクスギビングデイや日本の連休も終わり相場は年末へ向けてラストスパートをかけようかといったところでしょうか、来月12月にはFEDの再利上げやECBの債権買取プログラム終了などが予定されており忙しい年末となりそうです。

11月最後の週の今週は水曜に米第3四半期GDP、木曜FOMC議事録公表、金曜日本失業率、EU圏CPI、カナダGDPとやや軽めのスケジュール。
やはり今週も焦点はBREXITと株式市場、先週のブラックフライデーの売り上げ速報値が出始めることもありアップルやアマゾンなどの株価動向は特に注目されると言えます。
ブラックフライデーの個人的な感想は昨年より売り上げ低調かなと。目玉商品のiPhoneやiPadの売れ残りも結構目立っていたし近所の大型小売店もあまり混雑していた様子なし、周りの友人も特に欲しいものがないから何も買わなかったという人も多かったですね。

FXの方はどのペアも方向感に欠ける動きが続きポジションを取りづらいですがそんな時は中長期のコアポジションは引き出しにしまっておいて後は少額でジョビングするのが一番、コアでドル円ショート、ユーロロング温存、今朝は株がやや戻しているのでドル円少額買ってみましたがあくまでも短期トレード、ユーロも再びサポートゾーンの1.1300-20で買い、1.14近くは売りのレンジトレード。


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

ブラックフライデー

NY市場
11 /23 2018
11/23/2018

ブラックフライデー

前日クローズからのレンジ
ドル円 112.67-112.97
ユーロドル 1.1333-1.1420
ユーロ円 127.88-128.92

NY1PM現在
ドル円 112.83
ユーロドル 1.1333
ユーロ円 127.90
米10年債 3.0502%
NYダウ 24285.95 -0.73%

極寒のサンクスギビングが終わり、今日は大バーゲンセールのブラックフライデー、何となく1987年の株式市場崩壊のブラックマンデーを連想するのでいまいちなネーミングと思うのですがそんなことはお構いなしにアメリカ人は早朝からウォルマートなどの小売店に殺到、買い物の為に会社を休み人も多いみたいです。日本でもこれだけ消費意欲があればもう少し良いインフレに向かうと思うのですが今はまだ中国人旅行者の消費頼みなのでしょうか。

相場の方は相変わらずポンドがBREXIT関連ニュースで行ったり来たりと元気な他は休日明けの米株市場は依然下落基調、WTI原油は$51割れ、安全資産であるはずの金も下落、仮想通貨にいたっては今日も軒並み5-10%の下落で全体的に幅広いアセットクラスでリクイデ-ションが続いている模様。

こうなると試算が米債やマネーマーケットに避難してくるという事で米ドルはビッドに推移するというのが現状で積極的な(ポジティブな)ドル買いとは違うと解釈しています。

証拠金取引では米債などの金利商品を売買できるところが少なく、今の様なマーケットの場合米債が買えなければ他に何が買いなのかと考えると消去法でつぶしていくことになり、株、商品、仮想通貨などのアセットクラスは売り、FXのなかでは資源国通貨は売り、新興国通貨も売り、ポンドはBREXITが不透明なので売りまたは検討外、などと潰して行くと結局残るのは米ドル、円、そしてややユーロとスイスフランといった物に絞られてきます。

そんなわけでドル円ストレートのショートは半分オージー円、キウィ円などのクロス円ショートにスウィッチ、ユーロロングはユーロポンドロングにスウィッチするなどドルストレートのショートを減らしています。来週もこの幅広いアセットクラスにわたるリクイデ-ションが続くかどうかが鍵に、そして勿論BREXITの行方も。

皆さま良い週末を


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

サンクスギビングデイ

NY市場
11 /22 2018
11/22/2018

サンクスギビングデイ

前日クローズからのレンジ
ドル円 112.90-113.26
ユーロドル 1.1387-1.1433
ユーロ円 128.74-129.10

NY11AM現在
ドル円 112.96
ユーロドル 1.1396
ユーロ円 128.84
米10年債 3.064%
NYダウ 休場 前日終値24464.69

今日のニューヨークは観測史上最寒のサンクスギビングデイとのこと、気温は摂氏マイナス7度、毎年恒例の巨大バルーンパレード(メーシーズパレード)もこの極寒と強風の中では辛いものがありそうです。

macys parade


市場は株式、債券ともに終日休場で為替もオープンしているものの超閑散、銀行のディーリングルームも一人か二人体制のミニマムカバーもしくはロンドンデスクがアジアオープンまでカバーしているところが大半でほとんどのアメリカ人は自宅あるいは田舎の実家で七面鳥のローストを囲んでいることでしょう。余談ながらうちはターキーが好きではないので代わりにチキンをいただきます。

外国為替相場は昨日NYクローズからほぼ動きなし、NYダウ昨日は午前中上げていた分を午後に入って全て帳消しで結局小幅下落でクローズ、休日明けも再び弱い株式市場を追いかけながらの取引となりそうですが安全資産の米債や米マネーマーケットに資産が流れているせいかドル円が堅調なのには意外な感じがします。

中長期のドル安の見方に変更は無いのでまだドル円ショート、ユーロドルロングを引っ張ってはいますが正直いまいち居心地悪し、ドル円113.50超えとユーロドル1.13割れで撤退の予定です。

明日は日本も勤労感謝の日の休日、皆さま楽しい連休を!


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

株、原油そして仮想通貨のリクイデイション続く

NY市場
11 /21 2018
11/21/2018

株、原油そして仮想通貨のリクイデイション続く

前日クローズからのレンジ
ドル円 112.66-113.14
ユーロドル 1.1367-1.1425
ユーロ円 128.21-129.07

NY11AM現在
ドル円 113.03
ユーロドル 1.1395
ユーロ円 128.79
米10年債 3.073%
NYダウ 24606.20 +0.55%

米サンクスギビングデイ休日で流動性が低下する中、米株、原油、そして仮想通貨の手仕舞売りによる下落が続き、今朝は米株が若干戻しているもののまだ年間ベースではマイナス圏、経済指標的にも先ほど発表された耐久財受注、ミシガン大指数ともに弱く景気も株式市場動揺失速気味、デレベレッジングによる安全資産への逃避から米債は買われ米ドルもやや連れ高。

今日はサンクスギビングデイ前日ということでディーラー達も早めに帰宅、午後からは市場も閑散となることから休日前のポジション調整の動きはほぼ終わったと見てよく、逆に言えば休日明けには再び調整前のポジションに持って行くところが多いのでドルが全体的に程よく戻した現在のレベルがいい売り場と言えると思います。

ただし仮想通貨に関しては直近の2-30%の下落が短期的な調整とは思えず値ごろ感から買うのはまだリスクあり、特にビットコインなどはマイニングコストを下回ったということで下方圧力加速、ペニーストックのような銘柄ならリスクリワードは良いかも知れませんが紙くずになるリスク覚悟で、ちょうど一年前のこの時期にはビットコインフィーバーで誰も彼もがいろんな仮想通貨の高値を追い続けていたのが遠い昔のようです。

先日11日は中国独身の日セールで3兆円を超える売り上げを記録したニュースがありましたがアメリカでは、明後日ブラックフライデーが1年で最大のバーゲンセール日、この日の売り上げがアマゾンやアップルなどの株価を大きく左右することは間違いなく今後の株式市場全体にも大きな影響を持つことから結果が注目されます。
素人考えではアメリカの家計での株式投資分は多く昨今の株安で購買パワーは減退、それに加え物価上昇に賃金上昇がついて行っていないこと、西海岸の大規模山火事、東海岸の歴史的な寒波(明日はサンクスギビング史上最低気温の見込み)などが買い物客の足を鈍らせる可能性高く、売り上げ全体にも悪影響を及ぼすのではないかと見ています。

ドル円113円台に乗せたところで売り増ししました。ユーロも1.13台で買い足してみましたが明日明後日は動きなさそうなので来週週明け相場に期待です。


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

米株続落

NY市場
11 /20 2018
11/20/2018

米株続落

前日クローズからのレンジ
ドル円 112.30-112.66
ユーロドル 1.1393-1.1472
ユーロ円 128.15-128.97

NY10AM現在
ドル円 112.50
ユーロドル 1.1402
ユーロ円 128.28
米10年債 3.056%
NYダウ 24601.01 -1.66%

2年前の米大統領選でヒラリークリントン氏が敗れた一因として私用Eメール事件がありましたが、今朝のニュースではトランプ大統領の愛娘イヴァンカも私用メールで何百通ものメールをオフィシャルとかわしていたとして合衆国連邦法違反ではないかとの報道がでています。

そのニュースが影響してかどうか米株は今日も大幅下落、これでダウ、S&P、ナスダックとすべて年間でマイナス圏入り、著名投資家のポールチューダージョーンズ氏は「10年間続いた景気拡大期は終わりこれから恐怖相場がやってくるかもしれないい」とコメント、ブラックマンデー時のような一日で20%暴落するような動きではなく毎日1-2%ずつ続落しているのが何とも気味が悪くなかなか損切りすることが出来ない投資家も多い一方まだ押し目買いを続けているプレイヤーもいることからこのベアマーケットは長引くものになるようにも見えてきます。

株下落ペースが比較的緩やかなことからドル円下落も限定的、これも株と同様押し目買いを続けるプレイヤーが多く112円割れで更なるストップ売りを誘発するリスク、上値もだんだん切り下がって来ているのでまだ下落余地ありと見ています。一方のユーロは1.15乗せ失敗で失速、イタリア財政懸念再発などで1.14割れ、中期的にはドル売りキープもユーロドル単体はまだレンジ相場を抜けきれず利食いも頻繁にいれて回転を効かせないとダメっぽいですね。ユーロロングを減らすタイミングを逃してしまったので今はコストの悪いロング我慢キープ、ドル円ショートはそのまま。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

サンクスギビングデイ、今週の相場見通し

相場見通し
11 /19 2018
11/19/2018

サンクスギビングデイ、今週の相場見通し

シドニーオープンからのレンジ
ドル円 112.45-112.88
ユーロドル 1.1395-1.1464
ユーロ円 128.49-129.03

NY11AM現在
ドル円 112.52
ユーロドル 1.1460
ユーロ円 128.95
米10年債 3.071%
NYダウ 25227.40 -0.93%

今週は木曜日がアメリカサンクスギビングデイ、金曜日が日本の勤労感謝の日と祭日が重なり相場も静かになりがち、目立った経済指標も少なめで水曜に米耐久財受注、金曜にドイツGDP、カナダCPIといった程度。

週明け月曜の今日は英ポンドが相変わらずチョッピーな他は中間選挙後の短命ラリーから反転下落を続ける株式市場にドル売りが徐々に浮彫になる形に、ドル円112.50ギブン.ユーロドル1.1450超え。

サンクスギビングデイ前ということもあって市場はポジション調整主導の動き、ユーロドルショートカバー、ドル円ロング落としの動きが水曜日まで続くかもしれません。

休日の木曜はFX市場はオープンしているものの取引閑散で動きは期待できず、翌日金曜もブラックフライデー大バーゲンセールでウォルマートなど大型小売店の活況に対し金融市場は開店休業状態に。


サンクスギビングデイといえば日本のお正月に相当する感じでアメリカ人にとっては多分1年で一番大切な祭日、この日は全米中に散らばっている親戚たちが集まり七面鳥ローストを中心に一日中暴飲暴食が続き翌金曜は仕事を休み人も多く休日明けにはターキーの食べ過ぎで太って帰ってくるもの多数、もともと大型なアメリカ人がますますデブに育つ季節です。

そんなわけでポジションはドル円ショート継続、ユーロロング1.1450超えで買い増し。


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!