FC2ブログ

米朝首脳合意見送り、トランプ氏は嘘つきでいかさま?

NY市場
02 /28 2019
2/28/2019

米朝首脳合意見送り、トランプ氏は嘘つきでいかさま?

24時間予想レンジ
ドル円 110.60-111.40
ユーロドル 1.1360-1.1420
米10年債 2.60-2.70%
NYダウ 25850-26000

ポジション
ドル円ショート売り増し  110.00買い、111.60ストップ
ユーロショート売り増し  1.1250買い、1.1450ストップ

米朝サミットは双方譲らず合意なし、今朝のアメリカ国内での報道はトランプ氏が手柄稼ぎやノーベル賞狙いの為に無闇に譲歩しなかったことを素直に評価する声が多くそれには同意も日本人拉致被害問題については取り上げられず非常に残念に思います。無理やり欠かされたノーベル平和賞推薦状は撤回したいくらいです。

そして昨日ベトナムで米朝サミットが開かれているのと時を同じくしてアメリカの首都ワシントンではトランプ大統領の元顧問弁護士マイケルコーエン氏の議会証言、アメリカでは米朝サミットよりはるかに注目を浴びたひと時でしたが、コーエン氏はトランプ大統領のことを「嘘つき、人種差別、いかさま」などと酷評、さらにトランプ氏の指示によりトランプ氏が在籍していた高校や大学に自身の成績表などを決して公表しないように脅しをかけたと証言、米国民の誰もがトランプ氏が学生時代成績優秀だったとは思っておらず、そこまで秘密にしたい過度のコンプレックスの表れと感じられます。

今朝発表された米第4四半期GDPは数週間前から予想が大幅に下方修正されており直前の市場予想2.2%よりやや強い2.6%、第3四半期の3.4%から大きく後退したものの既に織り込み済みでドル上昇。

もっとも第4四半期GDPの落ち込みは米政府機関の一部閉鎖などが影響していることもありそれよりは明日発表のISMやミシガン大消費者センチメントが市場の先行きを見通す重要なカギに、末端価格の高騰、ニューヨークなどの大都市圏の住宅市場の減速などアメリカのファンダメンタルズは確実に減速しているように感じられますが為替相場は相対評価、ユーロ圏の減速との比較、そして日銀追加緩和観測などの要因もあり一方的にドルベアになれないジレンマ、ドルもユーロも円も買いづらいといった理由から仕方なくポンド買戻しが出ているといった一面もあるのだと思っています。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

スポンサーサイト



第2回米朝サミット

NY市場
02 /27 2019
2/27/2019

第2回米朝サミット

24時間予想レンジ
ドル円 110.50-111.20
ユーロドル 1.1350-1.1420
米10年債 2.60-2.70%
NYダウ 25850-26050

ポジション
ドル円ショート売り増し  110.00買い、111.60ストップ
ユーロショート売り増し   1.1250買い、1.1450ストップ


ベトナムハノイで昨年6月のシンガポールサミット以来2回目の米朝首脳会談、前回は会談時間も短く中身の薄いものになりましたが今回は2日間かけての会談ということでもう少し内容のあるものになることを期待、本気か冗談かノーベル平和賞を狙うトランプ大統領にとっても朝鮮半島の非核化は是非とも実現させたいところ、日本人拉致問題を餌に推薦状を書かされた形の日本は今一つ蚊帳の外状態でトランプ氏にはあまり多くは期待できないのが残念です。

米朝サミットや米中通商協議を期待してのリスクオンはそろそろ息切れの兆しで今朝の米株は下落基調、ドル円も直近安値の110.55を割り込み、ユーロドルは1.14タッチ、狭いレンジに収まっていたメジャー2ペアが久々に動き出しFXトレーダーにはうれしい限り。「相場師殺すにゃ刃物はいらぬ、寄り引け同値ザラ場なし」とはよく言ったものでボラティリティーの低下は本当にディーラー泣かせですよね。かと言ってポンドのようにニュースヘッドラインの度に乱高下するのも冷や汗ものですが。

因みに今朝の日経に「4月に追加緩和の観測台頭」との記事が出ていましたがそれが本当なら市場の期待が膨らみ4月に向けてじわじわとドル円上昇ということになる可能性もあり現在のドル円ショートのシナリオを修正する必要に迫られるかと考えています。まだ時期尚早なのでもう少し情報収集してからになりますが、市場の期待が膨らんだ後にやはり何もしないとなったらドル円急落のリスクも出てくる訳で、このような観測記事がでるのは日銀にとっても歓迎できないことではないでしょうか。日経ということで一応の信頼は置いているのですが3月はレパトリの円買いも出ることから無闇に円売りは危険かと。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

BREXIT国民投票パート2?

NY市場
02 /26 2019
2/26/2019

BREXIT国民投票パート2?

24時間予想レンジ
ドル円 110.50-111.20
ユーロドル 1.1330-1.1390
米10年債 2.60-2.70%
NYダウ 26000-26200

ポジション
ドル円ショート売り増し  110.00利食い、111.60ストップ
ユーロショート 1.1250利食い、1.1390売り増し、1.1450ストップ

英野党党首コービン氏は昨日BEXIT国民投票のやり直しを支持したとしてポンド急騰、再投票の可能性は現時点では低いと思われますが、別の報道では3月29日のBREXIT延期の可能性に触れておりそちらの方はかなり可能性が高くなってきた感じがします。

いずれにしても合意なき離脱「ハードBREXIT」だけは回避したいのが最優先ということでしょうか、市場は離脱延期を織り込みつつありポンドもこのところ強含んで来ていますが悪ニュースひとつで簡単に2-300ポイント急落も何時でもありうるのでポンドロングは早めの利食い、ショートはしばらく我慢できるポジションサイズにしておけば良いと思います。マーケット全体を見るとポンド円中心に売り上がってきているプレイヤーが多い様子、ドル円、ポンド円ともに先にショートのあぶり出しがあるかもしれません.

そして先ほどはパウエルFRB議長の議会証言、「利上げには辛抱強く」「B/Sは経済次第で修正」などと無難な発言で相場に影響なし影響なし、相変わらず短期金利市場は年内利上げ確率を20%以下とみており利下げも10%程度の織り込み度、明後日のGDPと金曜のISM、ミシガン大データ次第で金利の先行き見通しがもう少しはっきりしてくると思います。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】



ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

米朝首脳会談、今週の相場見通し

相場見通し
02 /25 2019
2/25/2019

米朝首脳会談、今週の相場見通し

今週の予想レンジ
ドル円 109.80-111.40
ユーロドル 1.1280-1.1420
米10年債 2.60-2.80%
NYダウ 25800-26600

ポジション
ドル円ショート 110.00ビッド、111.00-40売り増し 111.60ストップ
ユーロショート 1.1260ビッド、1.1390売り増し 1.1420ストップ

今週の目玉はやはり27日28日のベトナム、ハノイで開かれる第2回米朝首脳会談。トランプ大統領はツイートで朝鮮半島の非核化が進展する可能性に触れ「TREMENDOUS(物凄い!)会談になるだろう」といつもの小学生並みと揶揄されるボキャブラリーのトランプ節、アメリカ国内のニュースなどを聞いているとトランプ大統領派のFOXNEWS系以外ではほぼ一致して「前回同様中身のない階段になるだろう」と冷ややかな見方。

それでも金融市場は友好的で無難なサミットを先取りしてリスクオンモード、今週はNYダウが史上最高値の26900にどこまで近づくか、リスクオンでドル円が111.50レジスタンス突破なるかなどが焦点になってきました。個人的な見方としては典型的な「Buy the Rumor, Sell the Fact」でダウ、ドル円ともに伸び切らず反落、サミット後には木曜発表の米第4四半期GDPが大幅に低下するリスクも重なってドル円は110円割れの可能性大と見ています。

金曜日にはミシガン大消費者センチメント、2月米ISMも発表、遅行指標のGDPよりもむしろ金曜の指標のほうが大事とも言え市場はミシガン、ISMともに下落予想、景気後退を確認することになれば米株、米ドルともに中長期での下落局面が始まる恐れあり、今週前半の短期的なリスクオンは米株売り、ドル円ショートの絶好のチャンスと見て111円ミドルまで売り上がり、111.60ストップの予定。

投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。


同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

貿易戦争泥沼化?

NY市場
02 /22 2019
2/22/2019

貿易戦争泥沼化?

24時間予想レンジ
ドル円 110.30-110.80
ユーロドル 1.1300-1.1360
米10年債 2.60-2.70%
NYダウ 25850-26000

ポジション
ドル円ショート 111.00-20売り増し 111.60ストップ
ユーロショート 1.1220ビッド、1.1390売り増し

トランプ大統領による対欧州自動車関税の報復措置として欧州オフィシャルは米製造大手のゼロックス、キャタピラー、サムソナイトにターゲットを絞って大幅な関税を掛けるとの報道、米中通商協議は楽観論は出ているものの依然として落としどころ見えず、アメリカ側は中国による人民元安誘導をけん制、先に締結した新NAFTAでも為替条項を盛り込むなどユーロ安や円安についても何らかのけん制をかけてくるリスクは小さくないと思います。

さて外国為替市場は昨日急落したオージードルを除いては小動きが続き次の波が来るのを待っている状況、EU圏、米国共に経済指標に鈍化が見て取られアトランタFEDGDPトラッカーは第4四半期GDP予測をさらに引き下げ1か月前の2.7%から1.4%に、市場のコンセンサスは現在2.2%レベルなのでアトランタFEDはかなり弱気と言えます。

EU圏も独ZEW経済センチメント低下、CPIは前月比マイナス、PMIも50割れといいところなし、これだけ見ているとドル売り、ユーロ売り両方ということでユーロ円ショートが一番しっくりくるので現在のポジションになっていますがドル円が意外に堅調、株式市場もしっかり、ビットコインがじわじわ上昇しているのでリスクセンチメントは良好なのかも知れませんね。

皆様よい週末を

投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。


同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】



ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

欧米景気減速?

Tweet
02 /21 2019
2/21/2019

欧米景気減速?

24時間予想レンジ
ドル円 110.30-110.80
ユーロドル 1.1300-1.1360
米10年債 2.60-2.70%
NYダウ 25800-26000

ポジション
ドル円ショート 111.00-20売り増し 111.60ストップ
ユーロショート 1.1220ビッド、1.1390売り増し

昨日のFOMC議事録に続き今朝はECB議事録公表。

FOMC議事録は先週発表の大幅に弱かった小売売上高の前のもので市場が期待したほどハト派ではなくむしろ楽観的、労働市場は強くインフレもターゲットに近い、持続的な成長を予想、このペースの成長が続けば年内の利上げもあるとして為替市場はややドル買いに。

一方のECB議事録はもろに弱気「EU圏の成長は数四半期にわたってポテンシャルを下回る」「景気鈍化がインフレ期待に影響を及ぼすことを懸念」「リセッションに陥る可能性は低いが不確実性は高まっている」として昨今の経済指標の落ち込みが長引くリスクを示唆しておりユーロはじり安。

そして今朝発表のアメリカ経済指標、耐久財受注、フィリーFEDともに弱い数字で欧州のみならず米国の減速も目立つようになり来週発表の第4四半期GDPの落ち込みはますます確実になってきた感があります。

それにしてはドル円なかなか下がりませんね、緩慢な動きが続くかも知れませんが再びマーケットにショートが溜まりつつある感じもするので週末までに110円ローにいかなければ若干ポジションを減らそうと思います。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

FOMC議事録

NY市場
02 /20 2019
2/20/2019

FOMC議事録

24時間予想レンジ
ドル円 110.50-111.00
ユーロドル 1.1325-1.1375
米10年債 2.60-2.70%
NYダウ 25800-26000

ポジション
ドル円ショート 110.80-20売り増し 111.60ストップ
ユーロショート 1.1220ビッド、1.1390売り増し

あと2時間ほどで前回のFOMC議事録が公表されますが、これは先週の大幅に落ち込んだ小売売上高などの一連の 弱いデータが出てくる前のFOMCのもので極端なハト派な内容になるとは思われませんが、現在2019年利上げ織込み度が0%に近い短期金利市場の反応が見ものになって来ます。

金利市場といえば独金利も中長期金利の低下が目立ち逆イールドカーブに近くなり近い将来のリセッションもしくは利下げを織り込みつつあるように見えユーロドルは益々弱気にならざるを得ません。

ちなみに今日は名首相とユンケル欧州院長のBREXIT交渉ということで一応の進展が期待されポンドは勿論、ユーロにとってもグッドニュースということでユーロのじり高が続いていますがEU圏ファンダメンタルズの落ち込みを見る限りショートキープでいいと思っています。

そしてドル円、黒田日銀総裁発言で上昇局面も長続きせず結局110円ミドルでの膠着、来週の米朝首脳会談で狭いレンジ突破を期待しますが昨年シンガポールでの第1回米朝首脳会談の様に中身の薄いものになる可能性大で相場もあまり動かないかもしれません。それよりもやはり米中通商協議が株、為替とも影響してくるのでしょう。その意味ではすでに好材料織り込み済みの感があるのでダウンサイドリスクに注意してドル円ショートキープしています。


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

RBA議事録

NY市場
02 /19 2019
2/19/2019

RBA議事録

24時間予想レンジ
ドル円 110.30-110.80
ユーロドル 1.1280-1.1350
米10年債 2.60-2.70%
NYダウ 25750-25950

ポジション
ドル円ショート 111.00-20売り増し 111.60ストップ 109.6買い
ユーロショート 1.1390売り増し、1.1220ビッド

RBA議事録はややニュートラル、「短期的には政策金利変更なし」としながらも「経済見通しは非常に不確実」、結局は「金利上昇、低下両方のシナリオがある」としてオージードルは小動き、短期金利市場は年内の利上げ確率0%、利下げは20%程度織り込みつつあり中期的オージードルの重しに。

休日明け今朝のNY市場はドル売り先行でユーロドルが1.13ミドルにじわり上昇してきたところでショートにしました。ラリーが続くようであれば1.14近くで売り増し予定。昨今のECBオフィシャルによる度重なるハト派、悲観的発言、今週木曜公表のECB議事録も似たようなトーンになると思われユーロは戻り売り姿勢、1.12割れでも売り増ししたいと思っています。

ドル円がまた狭いレンジに収束してきましたが来週はベトナムでの第2回米朝首脳会談、トランプ大統領に拉致問題について話し合って貰う代償としてノーベル平和賞推薦を求められたような背景があるように勘ぐってしまいますが拉致問題解決に前進するのであれば推薦状の1つや2つどうってことないですし、ましてや野党が騒ぐような国益に反したこととも思われません。そんなことよりも野党には度を越してきている韓国の問題について考えてもらいたいと思うのは僕だけでしょうか。


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

Presidents Day、今週の相場見通し

相場見通し
02 /18 2019
2/18/2019

Presidents Day、今週の相場見通し

今週の予想レンジ
ドル円 109.10-110.60
ユーロドル 1.1220-1.1380
米10年債 2.60-2.75%
NYダウ 24700-26200

ポジション
ドル円ショート 110.80-20売り増し 111.60ストップ、109.60買い
ユーロフラット 1.122ビッド、1.1340オファー、1.12割れ売りエントリー


週明け月曜米国市場はプレジデンツデイで株式、債券ともに休場、為替も今のところ静かに狭いレンジに収まっています。

今週の主な予定は以下の通り;
19日:英雇用統計、独ZEW
20日:FOMC議事録
21日:豪雇用統計、ECB議事録、米耐久財受注、フィリーFED
22日:独GDP、EUCPI、ドラギ総裁講演

先週後半は木曜に発表された米小売売上が極度に弱かったことから株売りドル売りの流れになりましたが米中通商協議が延長され今週はワシントンで行われることなどを好感し株は上昇、ドル円もじわじわと戻していますが今週は引き続き米中通商協議が焦点、米政府機関の閉鎖も回避され好材料はほぼ織り込み済み、ここからさらに株やドルを買い上げていくにはほかの起爆剤が必要で、欧州の景気鈍化によるユーロ売りやBREXIT難航によるポンド売りなどが要因のドル買いはあるもののドル円の関しては買い材料見当たらず、先週からのショートキープ、111円近くで売り足すつもりです。

ユーロドルは先週1.13割れしたものの昨年安値の1.1215に届かずふたたび1.13台回復、EU圏の減速をバックに中長期的に下目線なので戻り売り姿勢維持、1.1215割れで売り足し、ただし米経済減速が欧州のそれを上回るようであればシナリオ変更、すでに米第4四半期GDPの予想は各社大幅に下方修正していますがGDPはあくまでもLaggingIndicator、むしろISM、PMIやミシガン大消費者センチメントインデックスなどが重要になってくると思われます。


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

米経済大幅減速?

NY市場
02 /15 2019
2/15/2019

米経済大幅減速?

24時間予想レンジ
ドル円 110.10-110.60
ユーロドル 1.1250-1.1300
米10年債 2.60-2.70%
NYダウ 25450-25550

ポジション
ドル円ショート 110.80-20売り増し 111.60ストップ
ユーロフラット 1.122ビッド、1.1340オファー

大幅に低下した小売売上高を受けてアトランタFEDやゴールドマンなどが相次ぎ第4四半期GDPを下方修正したことは昨日触れましたが短期金利市場でもFEDの年内利上げ織込みが2%まで低下、利下げを3%織込み始めており米債利回りは軒並み低下、ドル安、株は利上げ観測が遠のいたことを好感してか持ちこたえていますが実際に景気悪化が明確になってくれば下振れが懸念されます。

ドル円は年明けのフラッシュクラッシュ以来売り上がっているショート勢がまだ残っているせいか今のところ下げ足も鈍い感じですが米中通商協議難航やハードBREXITなどリスク要因には事欠かず現在のレベルではショートカバー以外に買い手不在、売り増しできる余力を残してしばらくショートキープの予定。

ユーロドルは今朝クーレ理事の弱気コメントで下落した後の戻しも早いですね、「予想以上の景気減速、新たな債権買取プログラムを議論」などなかなか強烈にハト派なコメント、昨今の一連のECBオフィシャルコメントを
見ているとEU圏の減速は深刻そうでユーロは当面頭が抑えられそうですがアメリカの減速や株下落懸念もあってドル売り要因もあるのでユーロの一方通行的な下落もないと思われユーロ円ショートがいいのかと見ています。

皆様よい週末を


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!