FC2ブログ

貿易戦争さらに激化

NY市場
05 /31 2019
5/31/2019

貿易戦争さらに激化

24時間予想レンジ
ドル円 108.40-109.10
ユーロドル 1.1140-1.1190
米10年債 2.15-2.20%
NYダウ 24750-25000

ポジション
ドル円ショート     108.50買い、109.50売り増し
ユーロフラット     1.1200-20売り
キウィショート 0.6560ストップ
ユーロ円フラット    122.80-00売り

トランプ氏がメキシコへの関税を発表したことで再びリスクオフ加速、NYダウは$300超下落、ドル円も 109.00割れ、対外姿勢を強硬化しているのはトランプ氏に限らず、ペンス副大統領も「必要ならば対中関税を倍以上に引き上げる」となかなか過激なコメント、来月のG20に向けての威嚇射撃したものとは思いますが、米大手ヘッジファンドのグッゲンハイムパートナーズは「今まで経験したことのないほどの貿易戦争」で「株式市場は秋までに16%下落するかもしれない」としています。

それとは別にFEDのクラリダ理事はインタビューで「インフレは予想を下回っている」「下方リスクがより緩和的な政策を必要とするかも知れない」とし株式市場は僅かながらも今週初めてのプラスでクローズ、堅調な労働市場とは裏腹に低いインフレの伸びと貿易戦争による株式市場の下落が年内の利下げ可能性を高めていると言え、FF先物市場は現在87%の高い利下げ織込み度、NYなどの大都市圏に住んでいると物価の上昇を肌で強く感じますが地方ではかなりギャップがあるそうで、面白かったのは先日アメリカ金融界の重鎮達のディベートで地銀のトップが地方と大都市圏の金利を切り離し、地方は利下げ、大都市圏は利上げするべきだとコメントしていて地域格差を考えさせました。

予想外のリスクオフ加速、米金利続落でドル円の戻り売り待ちは撤回、109円割れで再びショートに、来週はパウエルFRB議長の講演がありますがはたして高まるマーケットの利下げ期待に応えることになるかに注目です。

皆様よい週末を



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング
スポンサーサイト



逆イールドはリセッションの兆候?

NY市場
05 /30 2019
5/30/2019

逆イールドはリセッションの兆候?

24時間予想レンジ
ドル円 109.50-110.00
ユーロドル 1.1110-1.1170
米10年債 2.23-2.28%
NYダウ 24900-25200

ポジション
ドル円フラット     110.00-20売り
ユーロショート     1.1100-20買い、1.1240-50売り
ユーロ円フラット 112.80-00売り
オージー円フラット    78.00売り

ノーズダイブを続けていた米長期金利は前日の2.20%割れ目前から漸く若干の調整が入り2.27%までリバウンド、それでも長短逆イールドカーブの解消には程遠く3か月金利2.35%対10年債2.25%と10年前のリーマンショック時レベルのネガティブスプレッド、逆イールドカーブはリセッションが近い将来やってくるサインと見るプレイヤーが多い中、今回の動きは米中貿易紛争が起因なので対外関税を緩めればリセッションは回避できるという意見も出始めトランプ氏の今後の出方が注目されます。来年の大統領選に向けて対外強硬姿勢は保ちたいもののリセッション入りしてしまったら元も子もなく、微妙なバランス、それもあって対EU自動車関税発動の延期やNAFTAの鉄、アルミ関税中止などの緩和策をとっているのでしょう。これは日本にとっても良いニュースで米国からの一方的なごり押し通商協議のリスクはやや低下、ドル円急落のリスクも若干和らいだかも知れません。

10年―3ヵ月利回りスプレッドとリセッション
inverted yield curve recession


昨日も触れたようにこのところの株安、金利安に反してドル円が意外に底堅かったことで一旦短期筋のドル円クロス円ショートの買戻しが入るかも知れません。週末を前にして慌てて売ることは避けドル円110円台、ユーロ円123円台まで引き付けてからのショートエントリーを考えています。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

金利低下の波

NY市場
05 /29 2019
5/29/2019

金利低下の波

24時間予想レンジ
ドル円 108.90-109.50
ユーロドル 1.1120-1.1170
米10年債 2.20-2.25%
NYダウ 25100-25300

ポジション
ドル円フラット     109.80-00売り
ユーロショート     1.1100-20買い、1.1240-50売り
キウィフラット 0.6650売り
オージー円フラット    78.00売り

先週の米株続落に続き、今週は長期金利低下でドル円の売りを誘っている状況、米国10年債利回りは2.25%割れと2017年9月以来の低水準、米債のみならずドイツ、オーストラリア、ニュージーランド国債利回りも軒並み低下で金利感応度の高いオージー円やキウィ円の頭も重くなってきました。

今朝のバンクオブカナダは予想通り金利1.75%で据え置き、ステートメントは「今後の政策はデータ次第」などとFOMCのものに似通ってきているような感じ、ただし「緩和的な政策が依然妥当」であるとして慎重なハト派姿勢を維持、ドルカナダは4月以来の1.35乗せ、このところの原油価格安も手伝ってカナダドルはしばらく軟調に推移しそうです。

世界の金利低下の波で円買い圧力進行、ドル円もじわじわと109円割れに迫る勢いも109.00にあるまとまった買い、一部では年金玉という話も、で下げ渋り、このまま短期ショートが溜まってくれば一旦調整の戻しが来ると考えオファーを110円近辺に置いています。見方を変えると米株、米金利がここまで落ちているのにドル円が思ったほど下落しないのが底堅さを物語っているように思います。

余談ですがNY近辺は昨日から低気圧が接近、昨晩は珍しくNY、NJに竜巻警報がでましたが結局ゴルフボール大の雹が降った程度で人的被害はなし、今日も一日気温は高い中雨が降り続ける蒸し蒸し状態が続いています。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NY、ロンドン連休明け

NY市場
05 /28 2019
5/282019

NY、ロンドン連休明け

24時間予想レンジ
ドル円 109.20-109.70
ユーロドル 1.1160-1.1210
米10年債 2.27-2.32%
NYダウ 25550-25750

ポジション
ドル円フラット     110.00-20売り
ユーロショート      1.1100-20買い、1.1240-50売り
オージー円フラット     78.00売り
キウィフラット   0.6650売り

英国米国3連休明けの今朝の相場は米長期金利低下でドル円109.20まで下落、109.00にはまとまった買いが並んでいる模様ですが割れるとストップもあり、108ローまでの下落も想定しておいたほうがよいでしょう。

トランプ大統領の訪日はつつがなく終了したようで恐れていたトランプ氏の予定外の発言もほとんど飛び出ることもなく一安心、「8月には日米貿易交渉の大きな発表をすることになるだろう」との発言も出たようですがこれはトランプ氏十八番の大風呂敷でそれ程懸念することもないと思いますがいずれにしても来年の米大統領選に向けて日米貿易を含めてアメリカの対外姿勢がますます強硬化するのは間違いなく中長期的にリスクオフ加速、株安、ドル安の方向の見通し、ただし極端な株安は自分の首をしめることになるので通称で強硬姿勢を保ちながらFEDに利下げの圧力、結局米金利低下でどちらに転んでもドル円下落は避けられないのだと思っています。

110円台で売りなおそうと戻りを待っているドル円は小動きが続き戻りも限定的、今週中に110円台が無ければ見切り発車的に再びショートにもっていく予定、オージーやキウィなど資源国通貨はポジション調整のかいもどしも 手伝って徐々に上昇してきているのでもうすこし引き付けてからの売り待ち継続。

投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

トランプ来日、今週の相場見通し

相場見通し
05 /27 2019
5/27/2019

トランプ来日、今週の相場見通し

今週の予想レンジ
ドル円 108.60-110.00
ユーロドル 1.1120-1.1280
米10年債 2.25-2.45%
NYダウ 25200-26000

ポジション
ドル円フラット     110.00-20売り
ユーロショート      1.1100-20、1.1280-00売り
オージーフラット     78.00売り
キウィフラット   0.6650売り

国賓として来日中のトランプ氏とメラニア婦人、外人受けのする六本木「田舎家」での夕食だったようですがマンハッタンにある「田舎家」も日本企業が外人接待によく使われているみたいです。NY店は和太鼓演奏などのパフォーマンスなどもあってアメリカ人にはなかなか人気、本店を知ってる日本人にとっては食材などが今一つでちょっと残念。
週明けの今日アメリカはメモリアルデイで休日、ロンドンもバンクデイホリデーで休日のため相場は静か、そんな5月最後の週の今週の予定は;
5月29日:バンクオブカナダ
30日:米Q1GDP改定値

といたって軽め、BOCは金利据え置き、米GDP改定値も速報値と同じ予想であまり材料にならずやはりしばらく市場の焦点は米中貿易紛争が続きそうです。

メイ首相辞任が決まった英国と英ポンドもばたばたが続きそうですが時期党首の首相就任までには1か月以上かかるとの見込みでポンドが大きく動くのはまだ先かもしれません。

今週はオージーやキウィなどが若干戻してきてリスクオフモードも緩やかになりそうな気配なのでドル円は戻り売り待ち、オージー円ショート、キウィドルショートも一旦閉じて戻り待ちとしました。ユーロドルはまだまだ1.11-1.13レンジと見てやや短期のトレード、レンジの両端近くで逆張りを続ける予定。

投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

メモリアルデイ連休

NY市場
05 /24 2019
5/24/2019

メモリアルデイ連休

24時間予想レンジ
ドル円 109.30-109.80
ユーロドル 1.1160-1.1210
米10年債 2.30-2.35%
NYダウ 25400-25700


ポジション
ドル円フラット     110.00-20売り
ユーロショート      1.1100-20買い、1.1240-50売り
キウィショート      0.6560ストップ
オージー円フラット        78.00売り

来週月曜はアメリカ南北戦争戦没者追悼記念日“メモリアルデイ‘で3連休、イギリスもバンクホリデーなので今日から週明けは静かな相場になりそうです。
ニューヨークでは通称“フリートウィーク“、海軍や海兵隊がマンハッタンに集合してのお祭り、ハドソンリバーに軍艦が何隻も集合する様はなかなか圧巻です。
fleet week


今週はリスクオフが顕著、米株大幅続落、米10年債利回りも一時2.30%割れと2017年末以来の低水準、英国メイ首相辞任、米中貿易紛争激化に加え、ブルーンバーグニュースによると米商務省が自国通貨安誘導している国に対し関税を発動することを提案しているなど次から次へとリスクオフ加速させるネタの連続、今週末にはトランプ大統領が国賓として訪日しますがさすがに今回の訪日で日本をターゲットにした貿易戦争の火ぶたをきるとは想像しにくいものの油断は禁物、対中紛争激化でアドレナリンが増えている様な感じのトランプ氏、何をしでかすか分かったものではありません。

メイ首相もついに6月7日に辞任することを表明しましたが英国の野党もどこかの国の野党同様、何にでも反対反対で建設的な意見はなし、ハードBREXITは嫌だけれどメイ首相の提案には反対、首相の座から引きずり下ろすのが使命と言わんばかり、英国の一番最悪と言っていい時期に奮闘されたメイ首相には敬意を抱きます。後任はBREXIT強硬派でトランプ氏の盟友ともいわれるボリスジョンソン氏でしょうか、これによってハードBREXITのリスクが25%まで上昇すると市場は見ておりポンドのさらなる下落に注意です。

ポジション的にドル円は取り敢えずターゲットの109.60でショートクローズ、再び110円台での売り場探し。
ユーロドルは昨日のハト派ECB議事録でロング撤退、一時1.11割れ目前までいったもののその後反転急上昇で1.12までの戻し、全く取れずに唖然としましたが結局1.11-1.13レンジのままなのかと考えます。

皆様よい週末を


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

ECB議事録、リスクオフ再び

NY市場
05 /23 2019
5/23/2019

ECB議事録、リスクオフ再び

24時間予想レンジ
ドル円 109.60-110.20
ユーロドル 1.1110-1.1170
米10年債 2.30-2.40%
NYダウ 25350-25550

ポジション
ドル円ショート     109.60買い、110.60ストップ
ユーロフラット      1.1140ストップ、1.1240売り
キウィショート     0.6560ストップ
オージー円フラット        78.00売り

昨日公表のFOMC議事録は前回のものと同様「辛抱強く見守る」とほぼ無風、FF先物市場も年内利下げを70%織込みでほぼ動きなし。

一方今朝公表されたECB議事録は相変わらずのハト、今年後半に景気が上向く見通しは低下、昨今の指標は予想以上に弱いものがありインフレはECBターゲットを下回っているといった内容でユーロドル1.11割れ手前まで下落、まだレンジが続くとの考えでロングにしていたユーロは一旦撤退しましいた。

そして今朝は弱い米経済指標やますます泥沼化する米中貿易紛争などで再びリスクオフモード、米株下落、円買い、ハイベータ(オージーやキウィ)売りが先行。

ちなみに米シティバンクと豪大手ウェストパック銀のストラテジストはここにきてオージー円ショート推奨、72.50ターゲットとのことですが4月末の高値79.00から1か月ですでに4%超の下落、エコノミスト・ストラテジストが指摘し始めるということはそろそろトレンドの終わりのサイン、これは決してエコノミストやストラテジストをけなしているわけではなくマーケットは常に実際のファンダメンタルズを数歩も先取りして動いているのでエコノミストの目に顕著になったと頃には相場の終わりに近いことが多いというのが昔からの習わし、しばらくホールドしていたオージー円ショートはカバー、調整が入って78.00近くに戻ったところで再度ショートエントリーします。

同様にキウィドルショートも久々の0.65割れも下落加速の様子なくそろそろカバーのタイミング、ストップを0.6560までおろしました。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

ポンド続落、FOMC議事録

NY市場
05 /22 2019
5/22/2019

ポンド続落、FOMC議事録

24時間予想レンジ
ドル円 110.20-110.70
ユーロドル 1.1130-1.1180
米10年債 2.35-2.45%
NYダウ 25700-25900

ポジション
ドル円ショート     109.60買い、111.20ストップ
ユーロロング      1.1140ストップ、1.1240売り
キウィショート     0.6620ストップ
オージー円ショート    75.50買い、76.40ストップ

昨日は野暮用で終日外出だったためアップ出来ず、その間ドル円、ユーロドルとも小動き、ポンドがBREXIT国民再投票が反対され急落、個人的に思うのは再投票をしたところで泥沼に決着はつかず、却ってBREXITが否決された場合今度はBREXIT推進派が再々投票をもとめることになりかねず事態は一層混乱することになるのは明白、ここは粛々とBREXITに向けてことを進めていくしかないのではないでしょうか。

今日はこの後FOMC議事録、金利市場、株式市場ともにFEDの年内利下げをかなりの程度織り込みつつあり、議事録が期待されているほどハト派でなかった場合のリスクのほうが高く、株式市場とドルの下落に注意していきたいところ、ドル円も111円近くは売りあがっていく姿勢。

そんな中オージードルとキウィドルは順調(?)に続落、米中貿易紛争の長期化リスクに加えあまり市場で話題に なっていないオーストリア総選挙で与党が上院過半数割れと米国同様ねじれ国会になる見通し、そしてRBAの利下げ期待の高まり等でオージーとキウィショートはしばらくキープです。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

中銀スピーチ、今週の相場見通し

相場見通し
05 /20 2019
5/20/2019

中銀スピーチ、今週の相場見通し


今週の予想レンジ
ドル円 109.40-110.60
ユーロドル 1.1110-1.1260
米10年債 2.35-2.50%
NYダウ 25000-26000

ポジション
ドル円ショート     109.60買い、110.40-60売り増し
ユーロロング      1.1140ストップ、1.1240売り
キウィショート     0.6620ストップ
オージー円ショート    75.50買い、76.40ストップ

先週月曜の気温が摂氏9度と肌寒い朝から一転、今朝のNYは摂氏26度の夏日、午後には30度に達するそうで今週一週間は暑い日が続くそうです。

そんな今週の主な予定;
20日:パウエルFRB議長講演
21日:カーニーBOE総裁講演
22日:ドラギECB総裁講演、FOMC議事録
24日:米耐久財受注

と中銀トップのスピーチが相次ぎ内容が注視されます。
それぞれ共通するのは昨今のインフレ低下問題、パウエル議長は一時的なものという認識を前回の記者会見で示唆しましたがドラギ総裁は下方リスクの恐れに言及、反対にカーニー総裁はBREXITの不確実性が続くものの予想以上のインフレに利上げを余儀なくされる可能性を示唆しておりこれらの見解に変化がないかが興味深いところです。

加えて引き続き注目は米中貿易紛争、先週はトランプ大統領が対EU、カナダ、メキシコの関税を延期または撤廃する方針を述べ株式市場も安堵の戻しを見せましたが、逆に考えると対中姿勢をより強硬化、当面の貿易戦争のターゲットを中国に絞る地ならしのようにも思えリスクオフ再燃の恐れが高まりオージーやキウィはショート、リスクオフ下での王道円ロング増加の戦略が中期的に理にかなっていると考えます。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NAFTA関税緩和?

NY市場
05 /17 2019
5/17/2019

NAFTA関税緩和?

24時間予想レンジ
ドル円 109.50-110.00
ユーロドル 1.1150-1.1200
米10年債 2.35-2.40%
NYダウ 25750-25950

ポジション
ドル円フラット      110.20-40売り
ユーロロング      1.1140ストップ、1.1240売り
キウィショート     0.6620ストップ
オージー円フラット    76.40売り

昨日の好調なフィリーFEDに続き今朝発表の5月ミシガン大消費者信頼感指数も予想97.8を大きく上回る102.4、全体的に低調だった第一四半期のアメリカ経済指標が直近はかなりの改善を見せていますが対中関税引き上げの悪影響が出てくるのはこの先しばらくしてからなので夏以降の指標を注視したいところです。

外国為替市場は指標に素直に反応してドル買い先行、ドル円も110円乗せ、短期プレイヤーはショート、この上もう少しストップが入っていることから110.20-40レベルまでの上昇はありそうでそこまで引き付けてから再びショートエントリーの予定。

そして先ほどの報道によるとアメリカはカナダとメキシコに課していた鉄とアルミの関税を撤廃する方針がほぼ決定、これを受けてカナダドル、メキシコペソ上昇、先日発表した対EU自動車関税発動の延期に見られたように、トランプ氏の予想していた以上に激化してしまった米中貿易戦争で高まりつつある批判をかわす狙いは当然、そしてターゲットを当面中国に絞って徹底する狙いもあるのでしょう。これにより日本をターゲットにした関税、貿易紛争は若干先延ばしになった可能性は高くドル皆様よい週末を円下落ももう少し後になってくるのかも知れない反面、米中関係悪化が加速する恐れからオージードル売りにさらに勢いがついてきそうです。
昨日オージー円ショートはカットしましたが再びショートエントリー狙い。

皆様よい週末を


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!