FC2ブログ

アメリカ第2四半期GDP

NY市場
07 /26 2019
7/26/2019

アメリカ第2四半期GDP

24時間予想レンジ
ドル円 108.30-108.90
ユーロドル 1.1100-1.1160
米10年債 2.00-2.10
NYダウ  27000-27300

ポジション
ドル円ショート       106.80買い
ユーロロング        1.1300売り

アメリカ第2四半期GDP速報値は市場予想前期比1.8%のところ2.1%と強くドル買いになるもドル円、ユーロドルとも節目の109.00、1.1100に届かず失速、昨日マーケットクローズ後に出たグーグルの決算が好調で米株は今のところ堅調。

来週はいよいよ注目のFOMC、先日のウィリアムスNY連銀総裁の超ハト派コメントでFF先物市場一時は50bpカットを50%以上織込む局面がありましたが現在は15%まで低下、市場の一部では利下げ不要論も出ていますが25bpカットが現実的な落としどころでしょう。

FOMCの前には火曜日に日銀政策決定会合があり、一部ではFED、ECBに負けじと追加緩和をするとの憶測もありますが10月の消費税増税後の景気悪化に備えて今は緩和カードは温存しておきたいところ、先日も黒田総裁「デフレを脱却した」とコメントしておりこのタイミングでの緩和はないでしょう。

ということでドル円は日銀会合前までは緩和期待で高値止まり、発表後に失望売りとFED利下げを控えて再び下落基調に入ると見ており日銀発表前にはショートを増やす予定です。

皆様よい週末を



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング
スポンサーサイト



Tweets of 25th July

Tweet
07 /26 2019
newyorkfxusa

RT @NorthmanTrader: Can't wait for the first summit. https://t.co/zLZFXbUQEv
07-25 06:29

ECB理事会

NY市場
07 /25 2019
7/25/2019

ECB理事会

24時間予想レンジ
ドル円 108.00-108.80
ユーロドル 1.1100-1.1200
米10年債 2.00-2.10
NYダウ  27100-27300

ポジション
ドル円ショート       106.80買い
ユーロロング        1.1300売り

市場の一部で俄かに利下げが期待されていた今朝のECB理事会、やはりと言うか当然と言うか結局利下げはなく記者会見でも「利下げの議論はなかった」としています。

ドラギ総裁は10月の退任まで金融政策理事会は9月12日の一回となり昨年まではドラギ氏の退任前の使命とされていた8年振りの利上げはなくなりました。

10月からラガルド新総裁となりますが彼女もドラギ氏同様ハト派、IMF専務理事時代にはECBの緩和を促すような発言も多々あり、就任早々の10月24日理事会で利下げを模索することになるかも知れませんね。

ということでユーロドルは利下げを期待していたショート勢のカバーで反転急上昇、1.1100にオプションの防戦買いもあり1.11割れはお預け、ここからは来週のFED利下げに向けたドル売りでユーロも1.11-1.13レンジ上限に近づくと見ています。

今日はユーロが主役の為ドル円は蚊帳の外ですが市場では来週の日銀政策金利決定会合での追加緩和や展望レポートではインフレ予想を下方修正するとのの憶測も流れ始め、じわじわとショートカバーの動きが出るかなと考えていて109円近辺までのラリーは絶好の売り増しチャンスと見ています。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

東京オリンピックまで365日

NY市場
07 /24 2019
7/24/2019

東京オリンピックまで365日

24時間予想レンジ
ドル円 107.80-108.40
ユーロドル 1.1120-1.1180
米10年債 2.00-2.10
NYダウ  27150-27350

ポジション
ドル円ショート       106.80買い
ユーロロング        1.1300売り

相場とは関係ないですがさっきNBCニュースを見ていたら「TOKYO OLYMPICSまで丁度1年」と言っていました、いよいよ秒読みですね、アメリカではそのNBCが独占放映らしく来年の夏はチャンネル固定、とは言ってもアメリカ人選手が出る競技が放映のメインなので観たいものが見れないかもです。

今朝の米株市場は下落気味、737Max問題で痛手のボーイングやキャタピラーの決算が非常に弱かったことや、昨日遅くに出た米司法省がFAANGを独占禁止法の疑いで調査中との報道でテックセクターにもプレッシャー。

さてユーロドルが昨日のECB利下げ観測浮上からじわじわと下げ続け1.1107の今年最安値に接近、流石に明日のECB理事会でいきなり利下げはないとは思いますがハト派ドラギ総裁がますますハト派なコメントを出す可能性も高く、ユーロドルがついに1.11-1.14のレンジを突破することが出来るか大いに注目、ポジション的にはレンジがはっきりと破られるまで、今回は1.1100割れするまではロングキープ、1.11割れでショート転の予定。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

英選挙、ECB利下げ?

NY市場
07 /23 2019
7/23/2019

英選挙、ECB利下げ?

24時間予想レンジ
ドル円 107.60-108.40
ユーロドル 1.1140-1.1220
米10年債 2.00-2.10
NYダウ  27200-27400

ポジション
ドル円ショート       106.80買い
ユーロロング        1.1300売り

英国保守党党首選は事前予想通りボリスジョンソン氏の勝利、既に織り込み済みだったのでポンドはショートカバーで上昇、その後ECB利下げ可能性の話や米株、米金利上昇でドル高基調、ユーロドルは1か月振りに1.11ミドル。

木曜のECB理事会で実際に利下げはないと思いますが緩和について議論がなされる可能性は高くユーロドル年初来安値の1.1107が視野に入ってきました。

日経の上昇とともにドル円も108円台を回復してきましたがここは先日も述べた様にショート売り増しのチャンス、理想的には前回高値の109.00近くまで引き付けての売りですがそこまで上げる勢いはなさそうなので108円ミドルから打診売り。

話を英国に戻すとボリスジョンソン氏が解散総選挙に打って出て主要閣僚をジョンソン氏の側近で固めるとなればハードBREXITのリスクはさらに高まりポンド安は避けられない事に、JPモルガンのリサーチはポンド25%下落、1.15を下回るレベルを予想、カーニーBOE総裁と仲が悪いとされているジョンソン氏が中銀総裁を取り換える話も出始めポンドはいよいよ正念場、今朝のようなショートカバーでの上昇は丁寧に売っていきたいですね。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

今週の相場見通し、ECB、英選挙

NY市場
07 /22 2019
7/22/2019

今週の相場見通し、ECB、英選挙

週間予想レンジ
ドル円 106.80-108.60
ユーロドル 1.1150-1.1350
米10年債 1.95-2.15%
NYダウ  26800-27600

ポジション
ドル円ショート       106.80買い
ユーロロング        1.1300売り

来週水曜日のFOMCを控え今週はアメリカサイドは目立った経済指標もない一方欧州はイギリス野党保守党の党首選とECB理事会、米企業決算も続くので最高値圏にある米株の動きも注目です。

英保守党党首選はドナルドトランプ氏の双子と囃されるボリスジョンソン氏の勝利はほぼ確実で市場はすでにハードBREXITまでも織込みつつある状況、ドイツ銀行のリサーチはハードBREXITの可能性は50%まで上昇と指摘、ポンド売りもかなり進んでいたので選挙後は買戻しの上昇の可能性高く少額ロングで臨んで2-300ポイント上げたところはショート転したいと考えています。

そしてECB理事会、次期総裁はラガルド氏で決定ですが10月まではマリオドラギ氏、ハト派のドラギ氏が今回もどこまでハトかに注目。
それでもユーロドルは結局ドル安とユーロ安の綱引きが続き1.11-1.14レンジから抜け出る気配ことなくこの夏を過ごして行きそうです。

ドル円は依然下向き、利下げのFEDに対しこれ以上の緩和は難しい日銀、ドル安をもくろむアメリカに日米貿易協議の先行き不透明感などでドル円の頭は抑えられ徐々に下値を探る展開に、ショートカバー等で突発的に上昇する局面では丁寧に売りあがって行こうと思います。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

イランのドローン機撃墜、NYFED

NY市場
07 /19 2019
7/19/2019

イランのドローン機撃墜、NYFED

24時間予想レンジ
ドル円 107.20-80
ユーロドル 1.1220-1.1280
米10年債 2.05-2.15
NYダウ  27100-27400

ポジション
ドル円フラット      108.00売り
ユーロショート      1.1200買い

夏枯れ相場で静かだと思いきやホルムズ海峡に展開している米海軍がイランのドローン機を撃墜したとのニュースで突如リスクオフ、ドル円下落、金急騰、長期金利急落の昨日のNY市場後場、マーケットクローズ後のマイクロソフト決算は前期比50%近い増益で株価急騰、そしてウィリアムスNY連銀総裁の50bpを匂わすコメント、その数時間後にそれは今月末のFOMCの政策について語ったものではないとのコメントなどで相場は俄かに忙しくなりました。

FF先物市場はウィリアムス総裁のコメントで50bp下げを64%まで織り込みましたが流石に今回一気に50bpカットはないでしょう、余りに期待しすぎると反動の失望売りがきつくなるので株式市場は冷静でいて欲しいと思います。

ポジションの方はリスクオフのドル売りでユーロドルも1.13近くまで上昇したところで予定通りショート転、これはまた1.1200近辺でロング転、しばらくはこの1.12-1.13レンジ回転でよさそうです。
一方ドル円は昨日スケベロングにしたもののリスクオフでやむなく撤退、107円ローでショートにするのは躊躇するので前回の安値106.80割れか108円近くまで戻したところで売りたいと思っています。

皆様よい週末を



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

ネットフリックス、マイクロソフト等決算

NY市場
07 /18 2019
7/18/2019

ネットフリックス、マイクロソフト等決算

24時間予想レンジ
ドル円 107.50-108.00
ユーロドル 1.1200-1.1250
米10年債 2.05-2.15
NYダウ  27000-27300

ポジション
ドル円ロング       108.20売り
ユーロロング       1.1300売り

米主要企業決算が続く今週、昨日はマーケットクローズ後にネットフリックス、IBM、EBAYなどの決算、ネットフリックスは新規加入者大幅減少で10%下落、IBM、EBAYは好調と結果は様々、そして今日の注目はマーケットクローズ後発表のマイクロソフト。

若干気がかりは銀行株がどこも予想を上回る決算にも拘わらずトレーディング収益の低下を嫌気して株価低迷、FEDの利下げ前だというのにもう100%織込み済みでこれ以上買い進める材料がないかのように見え、市場の懸念は再び米中を中心とした貿易紛争問題に戻って来そうな気配を感じます。

為替の方は小動きもドル円が短期ターゲットの107.60に達したところで一旦ショートクローズ、超短期のロング転はタイトに107.40割れストップ、108.20近くで再びショートにする予定、来週のECBと月末のFOMCまでは材料不足でポンド以外は狭いレンジに終始しそうな感じです。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

トランプ発言

NY市場
07 /17 2019
7/17/2019

トランプ発言

24時間予想レンジ
ドル円 108.00-108.50
ユーロドル 1.1200-1.1250
米10年債 2.05-2.15
NYダウ  27100-27400

ポジション
ドル円ショート       107.60買い
ユーロロング       1.1300売り

もういい加減何をコメントしても驚かなくなったトランプ大統領ですが昨日は野党民主党の移民女性議員に「自分の国に帰れ」と人種差別的な発言をしたり対中問題でも「習主席とは友達だが以前ほどは仲良くないな」「その気になれば対中追加関税はいつでも出来る」などとして最高値更新中の米株市場に冷や水を浴びせたりとやりたい放題、今でさえこの調子なので来年の大統領選が近づいてくると過激発言にも拍車がかかってくるのは間違いなくオプションのボラティリティーは長めにロングにしておきたいところです。

為替相場の方はポンド売りが市場を引っ張る形でドル続伸、それでもポンド以外は月末のFEDまでレンジが続くものと思われユーロショートは1.12ローでロング転、1.13近くで再度売り、ドル円ショートは107ミドルでカバーできなかったのでしばしディップ待ちか、上がったところは109円近くで売り増し、問題の英ポンドも「英国のトランプ」といわれるジョンソン氏が来週の保守党党首選で勝利するのはほぼ確実なので選挙が終わり次第ポンド売りも一服で反転上昇するかなと思っています。




投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

米企業決算

NY市場
07 /16 2019
7/16/2019

米企業決算

24時間予想レンジ
ドル円 107.80-108.40
ユーロドル 1.1200-1.1260
米10年債 2.05-2.15
NYダウ  27150-27450

ポジション
ドル円ショート       107.40買い
ユーロショート        1.1200買い

今週は目立った経済指標があまりない代わりにJPモルガンやマイクロソフトなど米主要企業の決算、昨日出たシティバンク決算は予想を上回る好調、今朝のゴールドマン、ウェルスファーゴ、JPモルガンとも予想を上回り株価上昇、今朝発表の米小売売上も予想を超える強い数字にドル円も108円台回復しています。

相次ぐ決算に史上最高値圏にあるダウやS&Pも大きくは動きづらく週明けから現在まではほぼフラット、月末には注目のFED利下げも予定されており25bp下げは100%織込み済みということで典型的な「Sell the Fact」の株売りとなるリスクも高くここから積極的に買い進むのは躊躇するプレイヤーも多いと思います。

とはいうもののEU圏は明らかな景気鈍化、英国はハードBREXIT懸念、日本は消費税増税などで買い要素に乏しく結局米株一人勝ちが続くなか先進各国の金融緩和が加速すると世界的な金余りで新興国株式市場が活況になってくるかも知れません、アジアは中国のスローダウンで今一つと思われやはりアメリカの成長に便乗するかたちで南米市場が期待されるのではないでしょうか。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!