FC2ブログ

月末フィックス

NY市場
08 /30 2019
8/30/2019

月末フィックス

24時間予想レンジ
ドル円 106.00-50
ユーロドル 1.1020-1.1080
米10年債 1.45-1.55
NYダウ  26200-26500

ポジション
ドル円ショート     105.00買い
ユーロロング     1.1240売り、1.1260-80ショート転

今日で8月も終わり、夏休みも終わりで来週からはどこのディーリングルームもフルスタッフで稼働、相場も活気を取り戻すことと思います。そんな月末金曜は恒例のロンドンフィックス、今月は米株が月初より下げていることもありエクイティファンドのリアロケーションのドル売りが出やすいかも知れません。

昨日のCNBCニュースによるとパウエルFRB議長が連日のトランプ大統領によるFEDとパウエル氏批判に対して何らかの返答をFEDの人事に用意させているとのこと、先日はダドリー理事もFEDの金融政策は政治とは一切無関係でなければならないなどと述べており今後のFEDとトランプ大統領の確執が危惧されます。

一方ECBはその誕生からこれまでのところ政治との関係は希薄で健全な独立性を保っている様子、昨日はラガルド次期ECB総裁が「ECBの政策金利はまだ下限に達していない」と述べユーロ売りを誘いましたが、こちらもFED同様来月利下げまたは量的緩和はほぼ確実、EU圏はCPIもGDPも1.0%辺りの低い水準をうろうろしているので緩和は妥当なところですがECB以上の緩和をFEDがする必要が本当にあるかどうか未だに疑問、住宅市場の低迷を挙げるエコノミストもいるようですが、これは金利安を期待して買い控えが広がっている為で、住宅市場が低迷しているから金利を下げるのは本末転倒かと。

皆さま良い週末を

投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

スポンサーサイト



ドル売り介入、今はない

NY市場
08 /29 2019
8/29/2019

ドル売り介入、今はない

24時間予想レンジ
ドル円 106.00-106.50
ユーロドル 1.1050-1.1120
米10年債 1.45-1.55
NYダウ  26100-26400

ポジション
ドル円フラット    106.50売り
ユーロロング     1.1240売り、1.1260-80ショート転

ムニューシン財務長官は昨日のインタビューで「現時点では外国為替市場への介入は考えていない」
としましたが、逆に今でなく将来はその可能性があると認めたような発言と取れなくもなく、特にムニューシン氏は何時もトランプ大統領のご機嫌をうかがっているようはところがあるのでトランプ氏の命令さえあれば介入もいとわないと思われます。

トランプ氏がアメリカの貿易赤字を親の仇の様に忌み嫌い、ドル高がその最大の要因だと考えているのは周知の事実、来年の大統領選が近づくにつれ2016年にトランプ氏の絶大なサポーターだった農業や製造業セクターの票集めの為にドル売り介入という破格な宣伝効果のある手段を用いても不思議ではなくユーロドル1.10割れやドル円110円超えなどのレベルになればここぞとばかりに「不公平なドル高」を叫び実弾介入を実施するリスクは高いと見ています。

そうなるとアメリカから「為替操作国」と認定された中国が大人しくしている訳はなく米中の溝はますます深いものに、これも米中のリーダーにとっては自国の愛国心発揚に役立つことから対立を敢えて歓迎するような方向に進んで行くかも知れません。このことは日韓関係を泥沼化させている韓国の某大統領にも通じるポイントで支持率低下から復活するためにも反日政策をさらに加速させるしかないと思っているのでしょう。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

2019年末相場見通し

相場見通し
08 /28 2019
8/28/2019

2019年末相場見通し

24時間予想レンジ
ドル円 105.50-106.00
ユーロドル 1.1050-1.1120
米10年債 1.45-1.55
NYダウ  25600-25900

ポジション
ドル円フラット    106.50売り
ユーロロング     1.1240売り、1.1260-80ショート転

材料不足、月末、夏休み最終週ということで狭いレンジの静かな相場が続いています。

こういう時は色々と思考を巡らして中長期なマクロビューを設計する良い機会なのでさっそくマクロの考察。
まずは金利の先行き、主要中銀はどこも利下げの方向なのでポイントは今後どれだけ下げられるか、そうなると2%以上下げ余地のあるFEDとやマイナス金利の可能性も示唆するRBA、RBNZにも下げ余地が残っている反面既にゼロまたはマイナス金利の日銀、ECB、SNBはこれ以上の緩和は難しく、結果中期的に円、ユーロ、スイスフランは米ドル、豪ドル、キウィドルに対し相対的に強くなる方向。英ポンドはBOEのコメントを見ているとハードBREXITの事態に備えてはいるものの利下げには後ろ向き、むしろ高まりつつあるインフレを警戒している様子もありBREXITに関してEU側が何らかの譲歩でもすればポンド急上昇の可能性、逆にハードBREXITは既にかなり織り込まれつつあるので下値は限定的かと考えています。

そして今外せないのが米中貿易戦争、近い将来解決するような兆候は見られずむしろ激化する様相にリスクオフ加速は円高、スイスフラン高要因、中国経済にも打撃でこのところの人民元相場の下落を見てもプロクシー通貨の豪ドル、キウィドルは下落リスク継続、他の地政学リスクを見てもBREIXTや政局不安のヨーロッパ、日韓関係悪化、漁夫の利の北朝鮮や中国、ロシアの台頭などリスクオフ加速要因満載。

もう一つ外せないのはアメリカの大統領選。米国第一主義が一番の票集めになると考える候補が多く打倒トランプのはずの民主党候補までもドル高是正を掲げ、中国を為替操作国に認定することなどすっかり棚に上げて政治的なドル安誘導圧力が高まる気配。一昔前のルービン財務長官のように「強いドルは国益」と唱える人物はアメリカには一人もいなくなったように感じます。

これら諸々を考えると自然とポートフォリオはロングバスケットは円、ユーロ、スイスフランに対しショートバスケットは米ドル、豪ドル、キウィドルとに綺麗に分かれることになり、ワイルドカードは英ポンドのロング。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

月末相場

NY市場
08 /27 2019
8/27/2019

月末相場

24時間予想レンジ
ドル円 105.60-106.40
ユーロドル 1.1060-1.1120
米10年債 1.45-1.55
NYダウ  25800-26100

ポジション
ドル円フラット       106.80売り
ユーロロング        1.1240売り、1.1280ショート転

8月も残るところ後4日、NYもちょっと涼しくなって来て昨晩はエアコンつけないでも快適に、ほとんどの大学は今週から新学期スタートでニューヨーク大学近辺は賑やかになって来ました。

相場の方は賑やかだった先週とは打って変わって狭いレンジに、今週は目立った経済指標やイベントがなく木、金の月末玉が相場を左右する一番の要因になりそう、来週からはトレーダーたちも皆長い夏休みから戻りディーリングルームはフルスタッフに、日本も半年度末が近づき決算前のリアロケーションやヘッジング等のオペレーションで忙しくなりそうです。

ドル円は週明け早々104.46まで突っ込みマーケットはショートで捕まっている様子、行き過ぎたリスクオフの反動でユーロ円などのクロス円の戻しがしばらく続きドル円も107円近くまでの調整が入ってもおかしくなく今は売りたい衝動を我慢しています。ドル円ではフラットというのが現在最もブル(強気)なポジション。ユーロドルもハト派ECBやイタリア政局混迷などの割には下げ止まっていてマーケットにはかなりショートが溜まっている感じが見て取られユーロ円調整に伴う上昇を見込んでいます。




投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

G7、ジャクソンホール明け、今週の相場見通し

相場見通し
08 /26 2019
8/26/2019

G7、ジャクソンホール明け、今週の相場見通し

週間予想レンジ
ドル円 104.80-106.80
ユーロドル 1.1020-1.1240
米10年債 1.45-1.75%
NYダウ  25200-26400

ポジション
ドル円フラット       106.80売り
ユーロロング        1.1240売り、1.1280ショート転

注目のG7とジャクソンホールが終わってみれば何のことはない、結局いつものトランプ砲で相場は乱高下、ドル円が週明け104.46の今年最安値をつけ長く温存していたドル円ショートは一旦クローズ、106円ミドルで売り直しと思っていたら早くもNYオープンで106.42まで急騰、売りオーダーを入れてなかったので絶好のチャンスを逃してしまいましたが短期プレイヤーはまだショートっぽいのでもう少し上昇する局面もあると見て戻り売り待ち。

トランプ発言で二転三転する米中貿易紛争ですが、冷静に見てみると結局米国の脅しにメンツを大事にする中国が屈する様子はなく報復関税で対抗、予想外に白旗を上げない中国を見てトランプ大統領も「中国は協議を再開したがっている」などとドラえもんのジャイアンのようなコメント、どう見ても歩み寄りには程遠いと見るのが正解、態度を硬化させる中国のおかげとも言えるのが日米通商協議のスムーズな合意、アメリカ側とすれば対中で思うようにいかない今、対日貿易戦争を仕掛けるのは自殺行為と読んだのだと思います。

おかげ様で日米通商問題による急激な円高のリスクは取り敢えず回避、今週木曜発表のアメリカ第二四半期GDP以外はこれと言って目立った経済指標やイベントのない今週は月末フィックス玉で相場の脈絡なく上下する可能性高くポジション調整のドル円、ユーロドル上昇もありそうでドル円尾売り急ぎは避けユーロドルロングキープの予定。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

中国、対米追加報復関税

NY市場
08 /23 2019
8/23/2019

中国、対米追加報復関税

24時間予想レンジ
ドル円 106.00-106.80
ユーロドル 1.1050-1.1120
米10年債 1.55-1.65
NYダウ  25800-26100

ポジション
ドル円ショート      105.00買い
ユーロロング     1.1240売り、1.1260-80ショート転


今朝一のニュース、中国が対米750億ドル分の報復関税を発表、これを受け先ほどオープンしたばかりの米株市場は軒並み下落、復活基調にあった米長期金利も再び下落、米中の溝も日韓のように深く深くなりつつあるようです。

そして今日から始まったジャクソンホールシンポジウム、この後すぐパウエルFRB議長の講演が注目されていますが、極端にタカともハトともなることなく先日のFOMCステートメントや議事録に網羅された内容となるでしょう。

いずれにしても9月のFOMCでの追加利下げはほぼ確実、前回同様何人かの据え置き派もいるとは思われるもののFF先物市場が利下げを100%すでに織り込んでいる今となっては据え置きという選択は市場を大混乱に陥れるだけでアップサイドなし、25bpカットが妥当なところでしょうがまたトランプ大統領ツイートがさく裂しそうですね。

前にも触れましたが景気の悪化やインフレ率の大幅な低下に基づいた利下げというよりは市場の過度な利下げ期待とトランプ大統領のプレッシャーに負けた利下げといった感が拭えずFEDとしても今後の過度な追加利下げ期待、ましてや利下げサイクルの始まりというような市場の曲解は避けたいところ、ドットチャートよりも明確化したフォワードガイダンスを導入するのも一案かと。

皆様よい週末を


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

ECB議事録

NY市場
08 /22 2019
8/22/2019

ECB議事録

24時間予想レンジ
ドル円 106.20-106.70
ユーロドル 1.1060-1.1110
米10年債 1.50-1.60
NYダウ  26100-26400

ポジション
ドル円ショート      105.00買い
ユーロロング     1.1240売り、1.1260-80ショート転

昨日のFOMC議事録に続き今朝はECB議事録、「景気の減速は当初予想されていたよりも長引く恐れ」「不確実性が高まっている」などと総じてハト、来月のECB理事会で利下げおよび債権買取プログラム再開の色が濃くなってきました。

昨日のFOMC議事録はサプライズもなく市場の反応も薄かったですね、前回の利下げの度合いにしても50bpを提唱するメンバーと金利据え置きを提唱するメンバーが拮抗する形でハトともタカともとれず、前回のステートメント同様利下げはサイクル半ばでの調整としており、注目される金曜のパウエル議長ジャクソンホール講演も似たようなトーンになると思われます。多分またトランプツイートで辛辣なFED非難するのでしょうがパウエル議長には頑張って頂きたい。

そしてマーケットでは然程話題になっていないものの日米貿易交渉の閣僚級協議が始まりました、ごり押しのトランプ大統領の要求をどこまで譲歩するのか、場合によっては急激な円高に振れるリスクに注意、昨日出ていたゴールドマンのレポートでは日米貿易協議には触れず、米国のリセッションに対する最適なヘッジはドル円売りだとしています。

さらには韓国がGSOMNIAを破棄したとのニュース、ますます円買い韓国ウォン売り加速で韓国経済には大打撃、加えて地政学リスクは増加、日経にも出ていましたが漁夫の利は中朝に、特に北朝鮮には思うつぼでこれからは韓国が全く気付かないうちにミサイル発射や核実験が出来るというもの、気の短いトランプ大統領が在韓米軍引き上げをオーダーする可能性もゼロではなくなってきました。これこそ中朝にとっては夢のような事態でしょう。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

FOMC議事録

NY市場
08 /21 2019
8/21/2019

FOMC議事録

24時間予想レンジ
ドル円 106.10-106.60
ユーロドル 1.1070-1.1120
米10年債 1.50-1.60
NYダウ  26000-26300

ポジション
ドル円ショート      105.00買い
ユーロロング     1.1240売り、1.1260-80ショート転

FOMC議事録待ちで相場は小動き、米株はスーパーマーケットのターゲット等大手小売りの好決算で上昇も為替相場は反応薄。

議事録の焦点はやはり利下げ幅、FOMCメンバーがいかにハトかそうでないか、先日はタカ派のローゼングレン ボストンFED総裁が利下げに反対するコメントを出していましたが、それと同様に堅調な労働市場、市場最低水準にある失業率、2%近くで安定しているインフレなどを鑑みると果たして追加利下げが妥当か疑問に思う人も多いはず。

インフレに関しては特にニューヨークなどの大都市に住んでいると家賃の高騰や食品価格上昇など物価の高騰を肌で感じますが、地方に行くと不動産価格が馬鹿みたいに安かったり、場所代や人件費が安いからか小売り物価も安いのが現状で大都市圏と地方の二極化が顕著に現れていて、地方経済だけを見れば利下げは妥当にも思えます。

面白いのは逆に日本では東京や大阪など大都市圏では競争が激しい為か却って地方より価格が安くてクオリティーの高いものが豊富に身近にある点、知人のアメリカ人なども仕事や遊びで東京に行くと皆食べ物が安くて美味しいと絶賛、東京ではワンコインランチなどとよく聞きますがニューヨークで5ドル以下でのランチは皆無、日本が羨ましい限りですが、あれだけ価格競争が厳しいとやはり日銀がインフレターゲット達成するのはまだまだ先の話と思えてきますね。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

今週末はジャクソンホール

NY市場
08 /20 2019
8/20/2019

今週末はジャクソンホール

24時間予想レンジ
ドル円 106.00-106.60
ユーロドル 1.1050-1.1100
米10年債 1.50-1.60
NYダウ  25800-26100

ポジション
ドル円ショート      105.00買い
ユーロロング     1.1240売り、1.1260-80ショート転

今週はFOMC議事録、ECB議事録公表と続いた後、金曜からは恒例のジャクソンホールシンポジウム、ECBドラギ総裁は不参加なのが残念ですが金曜午前にはパウエル議長の講演、100bp利下げを声高に求めるトランプ大統領に対しどのようなスピーチとなるか、昨日はボストンFED総裁のローゼングレン氏がインタビューで過度な利下げのリスクについて語り、前回利下げに反対したのは低失業率と安定したインフレ環境で実体経済は底堅いと判断したからでその判断は今も変わらないとし、このところの利下げ押せ押せムードに疑問を投げかけています。

そもそも去年から今年初めにはまだ追加利上げの方向でFOMCメンバーもマーケットも見ていたのにたった6か月かそこらで据え置きどころか利下げサイクルに入るというのはリーマンショック級のことがない限り特にG7経済大国の中央銀行がとる金融政策とは思えないような気がします。

ところで今日からボルカ―ルールに一部変更があり銀行の自己勘定売買いわゆるプロップトレーディング規制が若干緩くなるとのこと、ドッドフランク法でがちがちに制限されて収益も激減していたいた銀行のトレーディング部門には明るいニュース、これでマーケットのリクイディティーがAIに独占されることなくプロップトレーディングのビッドやオファーが急激な変動を抑えるクッションになればいいですね。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

今週の相場見通し、お盆明け

相場見通し
08 /19 2019
8/19/2019

今週の相場見通し、お盆明け

週間予想レンジ
ドル円 105.60-107.20
ユーロドル 1.1020-1.1240
米10年債 1.45-1.75%
NYダウ  25400-26600

ポジション
ドル円ショート        105.60買い
ユーロロング        1.1240売り、1.1280ショート転

お盆明けで日本勢もマーケットに戻りドル円や日経の活発な動きが期待されますがいずれも依然としてアメリカ、そして米中通商協議の行方次第、米長期金利の下げが一服しているのでドル円も堅調に推移、105.00にはオプションの防戦買いやGPIFとみられる大玉の買いがある模様で結局安値105.05までで105割れは一旦おあずけ、為替ヘッジを始めたGPIFのヘッジ売りは相当慎重に、市場に気づかれないように隠密行動を取ると思われますが107円近くで出ても不思議ではなく、加えて輸出企業の今年のブレークイーブンが106.50あたりということでここから上はオファーが目立つことになりそうです。
今週の主な予定
21日:FOMC議事録、米中古住宅販売
22日:ECB議事録
23日:パウエルFRB議長講演、新築住宅販売

と目立った経済指標はない一方FOMCとECBの議事録公表、どちらも9月に利下げが予想されており今週の議事録はそれを裏付けることになるか否かに注目。とくにFOMCは利下げ確実で焦点は25bpか50bpかといったところ、議事録では具体的な利下げ幅に言及することはないもののハト派トーンの濃淡が見どころでしょうか。

日本はお盆明けですが欧米は8月いっぱい休みのディーラーも多く今週は材料もあまりないことから凪相場になるかもしれません、先週ボラティリティーが高騰したところでダブルノータッチなどやっても面白かったかもしれませんね。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!