FC2ブログ

月末フィックス、今週の相場見通し

相場見通し
09 /30 2019
9/30/2019

月末フィックス、今週の相場見通し

週間予想レンジ
ドル円 106.80-108.80
ユーロドル 1.0840-1.1040
米10年債 1.50-1.80%
NYダウ  26300-27300

ポジション
ドル円ショート        106.80買い, 108.60売り増し
ユーロロング        1.1040売り


今日は月末、そして四半期末ということでロンドンフィックスもいつもより大玉の可能性、ロンドン時間午後3時半頃からの動きについていけば2-30ポイントは取れるかも知れません。参考までにシティバンクのレポートではドル売り玉が優勢とのこと。

明日から10月、1日は日銀短観、消費増税で短観も悪化する見込み。
同1日:RBA、米製造業ISM
2日:米ADP雇用統計
3日:米非製造業ISM
4日:米NFP雇用統計

火曜のRBAは政策金利を0.75%に25bp利下げの見通し、市場は80%程織り込み済みで発表後はショートカバーが入る可能性もあり最近のコモディティー価格の上昇と合わせ見ると突っ込み売りは避けたいところです。

金曜NFP、予想は130kと相変わらず堅調な労働市場、平均時給の伸びも2018年は前年比+2%だったものが今年に入ってからは安定して3%台で推移、個人的には収入の伸びゼロが続いているのが苦しいですが巷はちゃんとインフレ率を超えるペースで伸びているようで何よりでしょう。あらためてFEDがこれ以上利下げする必要があるか疑問。現時点でFF先物市場の12月の利下げ織込み度はちょうど50%。

為替相場の方は決定的な材料に欠けレンジトレード継続、ドル円は107-109円レンジ、ユーロドルもようやく1.0900割れはしたものの下げ足を速めることなく膠着気味、マーケットのショートも再び増加しつつありちょっとしたショートカバーで1.11方向に戻す局面もあると見ておりロングキープ。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング
スポンサーサイト



耐久財受注、ミシガン

NY市場
09 /27 2019
9/27/2019

耐久財受注、ミシガン

24時間予想レンジ
ドル円 107.60-108.20
ユーロドル 1.0900-1.0960
米10年債 1.65-1.75
NYダウ  26700-27000

ポジション
ドル円ショート 108.20売り増し
ユーロロング     1.0980売り

今朝発表の8月米耐久財受注予想+0.2%のところ+0.5%と強い数字でしたがディフェンス関連を除けば-0.6%と低調、もっともこの数字は毎月ブレが大きいのでマーケットはあまり重要視してない指標の一つ、続いて発表の9月ミシガン大消費者信頼感指数は前月89.8から93.2に上昇。

ドル円は堅調なコアPCE(+1.8%)などで108円乗せ、月末のドル買いも出ているようですがもう少し引き付けて108.20-40ゾーンで売り増ししたいところ。

金融市場、特にイールドカーブ信奉者はこのところの逆イールドなどでリセッションのリスクを唱えていますが一般の消費者にとって債券市場はまるで関心なし、株式市場が堅調な限り消費者センチメントも安泰といったところでしょう。

10月中旬からはハロウィン関連のセールス、そして11月はブラックフライデー商戦、12月のクリスマス商戦と小売業界はここから3か月が勝負、トランプ大統領弾劾調査など株式市場にマイナス要因はなるべくやめてほしいのが本音、個人的な感想としては新型のiPhone11があまり魅力的でないことや他にバーゲンセールの目玉となるような商品が見当たらず今年のアメリカ年末小売りは苦戦するのではないかと思っています。

日本では今何が流行ってるんでしょうか、明日のラグビー対アイルランド戦楽しみです。

皆様よい週末を



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

日米貿易協定

NY市場
09 /26 2019
9/26/2019

日米貿易協定

24時間予想レンジ
ドル円 107.30-108.00
ユーロドル 1.0920-1.0990
米10年債 1.65-1.75
NYダウ  26700-27000

ポジション
ドル円ロング  108.00売り
ユーロロング      1.0990売り

日本にとっては最大の懸念材料だったともいえるアメリカによる自動車関税、安倍総理とトランプ大統領の間で追加関税は回避で合意、日本はお米以外のアメリカ産農産品をTPPと同水準に持っていくことも合意で落としどころとしては満点に近いかと、トランプ大統領にとっても対中貿易戦争で中国が思ったほど譲歩してこない中、日本とまでことを荒げたくなかった事情もあるような気がします。

いずれにせよグッドニュース、米株、日本株ともに買い材料で日経先物は再び22000台乗せ、このまま来週の消費増税も乗り切ってほしいところですが増税の影響が実際の経済指標に表れ始めるのは早くても1か月後から、それまでは増税による日経急落、ドル円急落もないと考えています。

そして10月末の日銀政策金利決定会合ではそれまでのマーケットの動きによっては追加緩和の可能性も大いにありでドル円105円割れは今のところシナリオ外。

テールリスクは英国が10月31日にハードBREXITを強行した場合、怒涛のリスクオフでポンド円10%以上の暴落で、ドル円も瞬間的に100円近くまで急落という局面もあり得るとは思いますがそこは絶好の買い場でしょう。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

トランプ大統領弾劾

NY市場
09 /25 2019
9/25/2019

トランプ大統領弾劾

24時間予想レンジ
ドル円 107.20-108.00
ユーロドル 1.0940-1.1000
米10年債 1.60-1.70
NYダウ  26700-27000

ポジション
ドル円ロング  108.00売り
ユーロショート      1.0940買い、1.1020売り

昨日の国連総会でトランプ大統領が中国を激しく非難したことやウクライナとの関与疑惑で弾劾リスクが高まったことなどからダウは高値から400ドル近い下落、ドル円は約1ヶ月ぶりの107円割れと急激なリスクオフ、ペロシ下院議長は弾劾調査を正式に発表、10年債利回りは一時1.6%割れ寸前まで下落。

尤も実際の弾劾となるには上院の2/3が必要で可決の可能性は低くこのリスクオフの動きは逆張りのチャンスと見て短期ドル円ロングに振ってみました。過去のタックスリターン(アメリカの確定申告)公開はあくまでも拒否しているトランプ氏がウクライナ大統領との電話の会話記録はすべて公開すると言っていることから調査されても余り困ることにはならないのでしょう。ロシア関与疑惑についてもあれほどグレーだったにもかかわらず結局ムラー特別捜査官は捜査を終了したのはつい最近のこと、今回のウクライナの件についても上手く疑惑から逃れるのだろうと思われます。

今日あたりからスポットバリュー日が月末になってくるため月末フィックス玉がちらほら出始めている模様、今月は株が若干上昇したことで主にドル買い玉中心という話、ドル円もまた108円台復活があればショートにしたいところ、そしてユーロドルは例の1.0925オプション玉手前でロングメークは定番でしょう。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

国連総会

NY市場
09 /24 2019
9/24/2019

国連総会

24時間予想レンジ
ドル円 107.20-107.80
ユーロドル 1.0960-1.1020
米10年債 1.65-1.70
NYダウ  26900-27100

ポジション
ドル円ショート 107.20買い
ユーロフラット       1.0960買い、1.1020売り

今日の国連総会は安倍首相とトランプ大統領演説の予定、明日は日米首脳会談で日米貿易協定に関して何らかのニュースが出るかもしれずヘッドラインニューズに注意、おまけ的に某隣国の某大統領が日本を非難するような発言をすることも考えられますがGSOMIA破棄で怒り心頭のアメリカの地ニューヨークで訳の分からない話をする厚顔無恥さはいかがなものかと。

さて昨日は独仏PMIが弱くユーロ下落も売りに勢いなく1.09ミドルで反発、1.0925のオプション防戦買い手前でロングにしようと待っているもののなかなか届かず、今日明日期日の1.10ストライク磁石効果で短期的に1.10をはさんだ狭いレンジプレイが無難そう。

ドル円も108円台で売り待ちも動意に乏しくオファーを107.80まで下げ漸くヒット、短期的には106円台に突っ込む勢いは見えず107ローで撤収予定。

10月末には日銀政策金利決定会合があり消費税増税から1か月経った時点での経済への影響を判断するのはまだ早すぎる一方、景気悪化への予防的な措置として若干の緩和策が取られる可能性も高く月後半にはドル円堅調に転じるかも知れません。
さらに10月後半から11月にかけては米ヘッジファンド勢のポジション手じまいの動きも出るためドル円ショートカバー、ユーロショートカバー、ポンドショートカバーの動きに注意、米債ロングのリクイデーションも予想されることから金利上昇によるドル円連れ高もありそう。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

月末、今週の相場見通し

相場見通し
09 /23 2019
9/23/2019

月末、今週の相場見通し

週間予想レンジ
ドル円 106.60-108.40
ユーロドル 1.0900-1.1180
米10年債 1.60-1.90%
NYダウ  26300-27300

ポジション
ドル円フラット       108.20売り
ユーロフラット       1.0930買い、1.1080売り


ラグビーワールドカップ始まりましたね、日本―ロシア戦前半はハラハラさせられる場面が多かったですがまずは1勝、ほとんどのゲームがNY時間で真夜中や明け方なのでしばらく寝不足の日々が続きそうです。

さて中銀イベント目白押しだった先週から一転今週はRBNZと米GDP以外はさほど目立った指標もなく月末フィックス玉に左右される相場になりそうです。

今週の主な予定
25日水曜日:RBNZ
26日:米第2四半期GDP
27日:耐久財受注、ミシガン

昨晩発表の仏独PMIが弱かったことからユーロ売りが先行、このままもう少し下落してくれれば例の1.0900-25にある大型オプションバリアの防戦買い手前で再びロングにしたいところ、結局まだ1.09-1.11レンジを抜ける気配はなし。一方のドル円も107ミドルで一旦ショートカバーして今は戻り売り待ち、先週までと比べるとマーケットのショートも若干減少しているので徐々に下げ圧力が戻ってきている感じですがカギとなる104円ミドル割れはまだ遠く、ユーロ同様ドル円もしばらくレンジプレイ続行。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

中銀イベント一過、来週は?

NY市場
09 /20 2019
9/20/2019

中銀イベント一過、来週は?

24時間予想レンジ
ドル円 107.60-108.40
ユーロドル 1.0980-1.1060
米10年債 1.75-1.85
NYダウ  26000-27200

ポジション
ドル円ショート       107.60買い
ユーロフラット       1.0940買い、1.1080売り

FOMC利下げ、BOJ、SNB、BOEは据え置きで今週も終わろうとしています、パウエルFRB議長は記者会見で「金融政策が景気に及ぼす効果は限定的、財政政策が重要」とコメント、これにはマイナス金利導入でも目立った効果の表れない日銀、ECB、SNBも大いに同意するところでしょう。特に日本は消費税増税まであと目前、財政出動が喫緊の課題になって来るものと思われます。

来週は月曜が日本の休日、水曜にRBNZ、木曜アメリカ第2四半期GDP以外は目立ったイベントなくRBNZも1%で据え置き予定、マーケットの焦点はアメリカの対イラン軍事行動の有無、米中貿易戦争といったところ、トランプ大統領が繰り返しFEDとパウエル議長批判を繰り返していますがマーケットもいい加減辟易してきたのか全く反応なし、まあトランプ大統領にとっては株式市場が下落すればFEDのせい、上昇すれば自分のおかげと主張すればいいだけで気楽なものでしょう。FOMCメンバーにしてみれば何度も破産しかけた学も品もない不動産屋さんに「マーケットのことを全く分かっていない」などと言われるのは憤慨を通り越して噴飯ものだと思いますが、8年前の日本で「原子力にすごく詳しい」と意味不明の自慢をしながら福島原発事故を泥沼化させた当時の某首相と比べればトランプ氏なんか可愛いもんだなあと感じたりします。

さて為替、ドル円は再び108円台復活となかなかしぶとくシカゴCFTCのポジションも相変わらず円ロングが高値圏にあることからここからまとまったショートカバーが入るか、さらに新たなドル円の売り手が出るまで下げもおあずけ、と言って109円まで上げる要因もなく結局107.50-108.50を中心としたレンジが続きそう。

皆様よい週末を



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

FOMC BOJ SNB BOE

NY市場
09 /19 2019
9/19/2019

FOMC BOJ SNB BOE

24時間予想レンジ
ドル円 107.60-108.40
ユーロドル 1.1000-1.1080
米10年債 1.75-1.85
NYダウ  27000-27300

ポジション
ドル円ショート       108.00買い
ユーロフラット       1.0940買い、1.1080売り

昨日のFOMCは大方の予想通り25bpもドットチャートは年内利下げなしとややタカ派でドル上昇、一方バランスシート拡大再開もあるとして株式市場へのダメージは軽減、トランプ大統領はパウエル議長記者会見を待たずFOMC直後にいら立ちのツイートでFEDをこき下ろし、会見でそのことを聞かれたパウエル議長はきっぱりと「FEDは独立性を守り政治圧力で動くことは今までもこれからもありえない」と明言、すっきりしました。

そしてFEDに続き昨晩から今朝にかけては日銀、スイスナショナルバンク、バンクオブイングランドの政策金利決定会合が続きましたがいずれも据え置き、日銀は10月の消費税増税前、BOEはBREXIT前で不確実要因が多く今動くのは得策でないのは明白、どちらも10月以降市場の成り行きによっては緩和を余儀なくされるかも知れません。

日銀前後のドル円下落を見ると緩和期待でロングにしていたプレイヤーが結構いたかんじでしたが結局レンジを大きく抜けていくような地合いにも見えないので108.ミドルでショートに、ユーロドルは再び1.09台か近づいてきたところで一旦ショートクローズ、1.0925には大型のオプション防戦買いが並んでいる模様なので手前からロング構築予定。上は1.1080-00にこれもオプション絡みのオファーが並んでいるとの情報、1.0925の買いほどの大玉ではないとされていますがやはり上昇したところは手前でショートメーク。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

FOMC、3つのシナリオ

NY市場
09 /18 2019
9/18/2019

FOMC、3つのシナリオ

24時間予想レンジ
ドル円 107.40-108.60
ユーロドル 1.1000-1.1140
米10年債 1.75-1.85
NYダウ  26700-27200

ポジション
ドル円フラット        107.40買い、108.60売り
ユーロショート       1.1000買い、1.1140売り

注目のFOMCまであとわずか、面白いのはFF先物市場では25bp下げを100%、50bp下げも15%織込んできているのに対しCMEのFEDWATCHは据え置きを41%予想、アメリカのファンダメンタルズとの整合性を考えるならばFEDWATCHの方が正しいと思えますが流石にFF市場が100%織込んでいる中での据え置きは自殺行為、株式市場と債券市場の暴落をトリガー、パウエルFRB議長も別にトランプ大統領が怖いわけではないものの据え置きした場合のマーケットの崩壊が恐怖でしょう。
バーナンキ元議長やイエレン前議長も以前コメントしていたように「マーケットのリアクションが怖くて眠れない夜があった」というのは中銀総裁なら誰でも経験することなのかと想像します。

今日のFOMC3つのシナリオ;

1.(80%)25bp下げ、今後の金利の行方はデータ次第(ステートメントニュートラル)、バランスシートは現状維持。株式市場は若干の下げ、長期金利やや上昇、ドル円108.60トライ

2.(15%)50bp下げ、ハト派ステートメント。米株上昇、10年債利回り1.50%に急落、ドル円107ミドルに下落

3.(5%)据え置き、ニュートラルからややタカ派。米株暴落、10年債利回り2.50%に急騰、ドル円乱高下の後、金利に連れ高108円台キープ、ユーロ下落、金価格急騰


2時間後です。




投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

米軍事行動近し?

NY市場
09 /17 2019
9/17/2019

米軍事行動近し?

24時間予想レンジ
ドル円 107.80-108.40
ユーロドル 1.1020-1.1090
米10年債 1.80-1.85
NYダウ  26850-27150

ポジション
ドル円ロング        108.40売り
ユーロショート       1.0940買い、1.1140売り

明日は注目のFOMC、そして日銀、SNB、BOEと続く濃密な2日間、昨晩はRBA前回の議事録公表で「必要であれば更なる緩和の用意がある」と言及、マイナス金利の可能性にも触れたRBNZと緩和競争するかのようなトーン。

FF先物市場では明日の25bp利下げは100%織り込み済みもCMEシカゴ商品取引所のFEDWATCHでは据え置き確率が41.2%まで上昇、なんとも微妙な雰囲気になってきましたが実際に据え置きとなれば株式市場への打撃は計り知れず、米債市場も行き過ぎた長期債のバブル崩壊で10年債利回りが一気に3.00%近くまで上昇というシナリオもゼロではなく、昨晩起きた謎のレポ金利急上昇も据え置きリスクをヘッジする動きの一環だった可能性だったのかも。ドル円にとってはFED据え置きは難しいところ、株急落リスクオフでドル円売りかはたまた長期金利急騰でドル円買いか意見の分かれるところですが昨今のドル円の相関性を見ると金利感応度の方が高く金利上昇に伴うドル円買いの方に分がありそう。

ただし、さきほどの報道でペンス副大統領が「サウジ石油施設テロに対する軍事行動の用意が出来ている」と述べイランにあるドローン基地の場所も特定したとして軍事衝突のリスクが差し迫っていることからドル円急落シナリオもあり、とりあえず明日のFOMC前にはドル円ロングはスクエアーにする予定です。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!