FC2ブログ

ハロウィン、日銀据え置き

NY市場
10 /31 2019
10/31/2019

ハロウィン、日銀据え置き

24時間予想レンジ
ドル円 107.80-108.60
ユーロドル 1.1100-1.1160
米10年債 1.80-1.90
NYダウ  26800-27100

ポジション
ドル円ショート        107.60買い
ユーロショート        1.1020買い

一部市場参加者の期待を裏切り日銀は据え置き、緩和と読んでいたロングの失望売りに加え米中通商協議またしてもご破算かという報道でドル円は108円割れ寸前まで下落、明日のNFPを控えて今日はこれ以上の大幅な続落はないと考えますがそれにしても短期金利市場での日銀緩和を60%以上も織り込んでいたのはやや見当違いだったような、一部の黒田総裁の発言だけをベースにした憶測報道に踊らされた感じが強いですね。

米中貿易問題もやっぱりなという感想、中国側の「長期的な通商協議に疑問」といのは尤もだと思う一方、来年の再選を目指すトランプ氏にとってはどうしてもアメリカ側に有利な合意を形だけでももぎ取る必要があり、しきりとフェーズ1の署名というあまり中身のなさそうなパフォーマンスを急いでいるのでしょう。

これで最高値更新目前だったNYダウはトリプルトップをつけたようなフォーム、先ほど発表の4年ぶり低水準の弱いシカゴPMIなども重しになって米株は軟調、明日から11月でアメリカではウォルマートなどが先陣を切って早くも年末商戦が始まりましたがこの先2か月の消費者動向が弱いようだと米株式市場にも本格的な調整が入るかも知れません。

djia10312019.png





投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

スポンサーサイト



FOMC追加利下げ

NY市場
10 /30 2019
10/30/2019

FOMC追加利下げ

24時間予想レンジ
ドル円 108.20-109.20
ユーロドル 1.1070-1.1140
米10年債 1.80-1.90
NYダウ  26800-27200

ポジション
ドル円ショート        107.60買い
ユーロショート        1.1020買い

FOMCまで後2時間ほど、直前のFF先物市場は25bpカットを94%織込み済みでここまで市場に先取りされると最早据え置きの選択は有り得ず、据え置きにするつもりならもっと早くから「市場と対話」をして期待感を冷ますべきだったでしょうが既に時間切れ、利下げは確実としてカギとなるのは反対票が何人いるかと12月の再利下げの可能性の有無となってきました。

最有力候補シナリオとして25bpカットはするものの反対票3から4で前回より増加、大半のメンバーが年内の利下げはないとみて利下げ一服感から株売り、ドル売り、ドル円はこの所堅調だったためショートはかなり切らされておりフレッシュセラーの圧力強く108円ローまで下落、クロス円の売りも誘発でユーロドル、ポンドドルの下落は限定的、株安によるリスクオフからオージー円やキウィ円などの下げが顕著になると考えています。

そして今晩(東京では明日)は日銀金融政策決定会合、OIS市場は追加緩和を60%程度織り込んできていますが個人的には据え置きを予想、昨日の日経新聞に出ていたように日印保有のETF貸出などの措置を発表などは大いにあり得ると思いますがマイナス金利の深堀りは依然として副作用の方が大きいとして見送り、一部緩和を期待していた筋からの失望売りで日経下落、ドル円下落でFOMC後に既に下げていたドル円は下げ幅加速、107円台に近づくシナリオを想定、ただし金曜にNFPを控えていることから突っ込み売りも禁物。








投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

株高、金利高、ドル円追随

NY市場
10 /29 2019
10/29/2019

株高、金利高、ドル円追随

24時間予想レンジ
ドル円 108.70-109.20
ユーロドル 1.1070-1.1120
米10年債 1.80-1.90
NYダウ  26800-27200

ポジション
ドル円ショート        107.60買い
ユーロショート        1.1020買い

米中通商協議“フェーズ1”合意やLVMHによるティファニー買収案、今週のFOMCでの追加利下げ期待も後押しで米株上昇、S&Pは最高値更新、リスクオフ後退で10年債利回りも1.90%近くまで戻し、さらには日銀の追加緩和期待も重なりドル円続伸で8月1日以来およそ3か月ぶりの109円台タッチ。

こうなると備えておくべきはFED金利据え置き、米中通商協議物別れ、日銀据え置きなどのリスク要因、特にFEDは前回会合も利下げの反対票が3人もいたことや利下げ賛成メンバーも年内これ以上の利下げの必要はないと見ていたこともあり今回据え置きでも不思議ではないのに金利市場の利下げ織込みは90%以上とかなりの温度差があり、据え置きの場合の失望売りのマグニチュードはかなり高いと思われます。
日銀にしても黒田総裁の最近の発言の一部だけを見て利下げが近いという報道は今一つ説得力に欠けるというか、直近のデータはインフレ大幅低下などもなく消費増税の影響も未だ見えず追加緩和する必要を感じずこれもまた結局ふたを開ければ据え置きで失望感から日経平均売り、ドル円売りを誘発することになるのではないかと考えます。

“フェーズ1”米中合意に署名するのは11月16-17日のチリAPEC首脳会議だということで、それまでには何かしらの具体的な合意があるとは信じたいですが今までに何度も期待を裏切られてきたことや実際に合意があったとしてもフェーズ1という内容の薄い形だけの合意になる可能性もあり個人的には期待度低し、これらを総合するとやはりドル円はショートキープ、10月初頭の106円台からの上げを全く取れなかったのが残念ですが次に来るであろう下げの波にはしっかり乗ろうと思います。







投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

今週の相場見通し、FOMC、日銀

相場見通し
10 /28 2019
10/28/2019

今週の相場見通し、FOMC、日銀

週間予想レンジ
ドル円 107.40-109.40
ユーロドル 1.0980-1.1180
米10年債 1.65-1.95
NYダウ  26300-27300

ポジション
ドル円ショート        107.60買い
ユーロショート        1.1020買い

この週末はISISのリーダー死亡やEUがBREXIT3か月延期を認める方向などのニュースも外国為替相場には影響なく静かな週明け、因みに今日から英国は冬時間でGMTと同じ、アメリカは1週間遅れで冬時間に変わるため今週1週間だけロンドンフィックスとNYオプションカットがNY午前10時に重なりやや忙しい時間帯になります。

そして今週は水曜日にFOMC、翌木曜は日銀、金利先物市場ではFED利下げは90%、日銀追加緩和も60%織り込むなどかなりの期待度の高さ、FEDとしてもこれで据え置きにして市場にパニックをもたらすよりは取り敢えず25bpカットを敢行しマーケットとトランプ大統領に静かになってもらいたいのが本音かと。ただし今回利下げしてしまえば12月利下げの可能性は大幅に低下、株式市場からしても利下げ一服感から売り圧力再燃のリスクあり、さらに例年の年末要因の株売り(損失を計上しての節税)も予想されNYダウの最高値更新は年明けまでお預けとなるかもしれません。

年末要因といえば為替相場のほうも年末にかけてはドル資金需要増加、アメリカの小売り売上増加、日本のボーナスシーズン、年末年始の海外旅行者によるドル需要などの要因でドル円をはじめ米ドルが堅調に推移する傾向が強く、このまま109-110円近辺に張り付くシナリオ、ましてや10月31日のBREXITが来年1月末までに延期となれば短期的なリスクオフ要因現象でドル円売り材料も見当たらなくなる可能性増大、かといって109-110は買いレベルではないのでしばらくドル円は放置、ユーロドルは1.09-1.12レンジプレイ継続、オージーとキウィのオセアニア通貨の上昇が鈍くなってきたので久しぶりにショートに。






投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

来週はFOMC、日銀

NY市場
10 /25 2019
10/25/2019

来週はFOMC、日銀

24時間予想レンジ
ドル円 108.30-108.80
ユーロドル 1.1070-1.1120
米10年債 1.70-1.80
NYダウ  26700-27000

ポジション
ドル円ショート        107.60買い
ユーロショート        1.1060買い

昨日のECBはほぼ無風に過ぎ、来週はいよいよFOMCと日銀、ここに来て俄かに利下げ期待が上昇、金利先物市場ではFOMC25bp利下げを90%織込み、日銀の緩和も60%という最近では最も高い期待度。連日のトランプツイート圧力にFEDが屈するとは思えませんが堅調な労働市場とは裏腹に今朝のミシガン大消費者信頼感指数も弱く、ISMやPMIなど消費・需要サイドの数字の悪化を防ぐ為の予防的措置としての利下げはあり得るかも。

日銀の追加緩和期待が60%というのも驚き、今のところ消費税増税による景気悪化の兆しもなく株式市場はむしろ堅調、台風の被害による景気悪化は出てくることは考えられるものの今、利下げが必要かどうかは大いに疑問。

そして最近BREXIT騒ぎの陰に隠れていた米中貿易紛争ネタ、先ほど出たばかりのヘッドラインでは「協議が一気に前進しいくつかの部門で最終的な合意に近づいた」とのことで米株上昇、NYダウが久々に27000台に接近していますが、何だかこれもBREXIT同様マーケットを期待させては裏切るパターンの繰り返しでだんだん辟易としてきましたがトランプ氏としては来年の大統領選再選のためには強硬姿勢を崩す訳にもいかずかじ取りが難しいところにウクライナ疑惑などで弾劾調査も長期化しそうな気配で、ここはますますFED叩きを激しくさせて矛先をかわすという十八番がでそう。

皆様よい週末を





投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

ECB据え置き

NY市場
10 /24 2019
10/24/2019

ECB据え置き

24時間予想レンジ
ドル円 108.30-108.80
ユーロドル 1.1080-1.1160
米10年債 1.70-1.80
NYダウ  26600-26900

ポジション
ドル円ショート        107.60買い
ユーロショート        1.1060買い

「スーパー」マリオ・ドラギ総裁任期最後のECB理事会、市場予想通り据え置きでサプライズなし、その後の記者会見でも期待されたほどのコメントもなく前回同様「必要であればあらゆる手段を用いる用意」「顕著な下方リスク、インフレは低い」といつも通りのモデストなハト派、ドラギ総裁お疲れ様でした。来月からラガルド新総裁、彼女もハト派で知られているので今後の緩和拡大が予想されます。

ここしばらく狭いレンジでの膠着を続けていたユーロドル、上は1.1220近辺にトレンドラインとフィボナッチ38.2%戻しが重なりかなりのレジスタンスに、売りオーダーも1.1180から並び始めている模様で1.11代後半からは売り上がり体制、ECBは来月から再び量的緩和開始でユーロドルも再び1.08方向トライと見ています。

eur$10232019.png


来週はFOMC、先ほどまたトランプ大統領のツイート「FEDが利下げをしないのは職務怠慢だ」と批判、パウエルFRB議長およびFOMCメンバーが政治圧力に屈するとは到底考えられませんが来週の利下げか据え置きかは非常に微妙、FF先物市場は60%超の織り込み、個人的には据え置きが妥当と見ていますが前回同様FOMC内でも意見の分かれる会合になるのは必至。




投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

ポンド乱高下続く

NY市場
10 /23 2019
10/23/2019

ポンド乱高下続く

24時間予想レンジ
ドル円 108.30-108.80
ユーロドル 1.1100-1.1160
米10年債 1.70-1.80
NYダウ  26700-27000

ポジション
ドル円ショート        107.60買い
ユーロショート        1.1060買い

お騒がせが続くBREXITを巡る英議会、昨日は離脱協定案可決でポンドは一瞬1.3000まで上昇もその後の審議を短期間で終えようとする動議は否決で1.2860ギブン、
銀行のディーリングルームではポンドディーラー一人が大忙しで他通貨ディーラーは傍観モード。オプションのボラティリティーをみてもポンドの1か月物ボラはユーロやドル円の倍以上の高さ、ECB、日銀、FOMCで多少は忙しくなるとは思えますがポンドの様な派手な動きはまだ期待出来そうにないですね。
1mo vol
EURUSD 5.35
USDJPY 5.53
GBPUSD 11.26

ここから先のカギはEU側が離脱延期を認めるか否か、そしてEU側が承認したとしてもジョンソン首相が主張しているように10月31日に強硬にBREXITを敢行するかどうか、ゴールドマンのリサーチはハードBREXITリスクは5%まで落ちたとしていますがもっと高い感じがしていて、その場合ポンド1.20割れ、ポンド円130円割れの暴落劇もありかと思います。10%近く暴落するリスクありなのでレバレッジ500倍とかでポジション持っていると一瞬で消滅する事態に、もっとも殆どのオンラインFX業者はポンドのレバレッジ半減、ポンドの必要マージン率2倍から3倍上げ等の措置をとっているので地獄の沙汰は避けられそうですが。

明日は愈々ドラギ総裁最後のECB理事会、今回は金融政策据え置きと思われますが記者会見ではばりばりハト派のドラギ節が聞かれるかも知れません。ユーロドルはチャート的にもフィボナッチ61.8戻しや月足一目均衡雲の下限1.1210近くまでの戻しを達成したのでそろそろ反転下落に備えておきたいところです。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

英議会採決

NY市場
10 /22 2019
10/22/2019

英議会採決

24時間予想レンジ
ドル円 108.30-108.80
ユーロドル 1.1100-1.1160
米10年債 1.70-1.80
NYダウ  26700-26900

ポジション
ドル円ショート      107.60買い
ユーロショート     1.1040買い

土曜日から先送りされた英議会によるEU離脱案採決が今日NY時間午後2時に執り行われる予定(再び先送りの可能性も無きにしも非ず)、今回は承認されるのではないかという期待が高いようですがリスクリワードは依然下方向、承認されたところで上げは2-300ポイント、否決されれば500ポイント以上の下落はあるでしょう。

しかしそろそろBREXITのごたごたはいい加減決着して欲しいですね、マーケットの一部の噂話ではトランプ氏がツイートする前に関連者(イヴァンカ等?)にサインを送り株などの売買をしているというような話が流れていますが、ポンドディーラーもボリスジョンソン首相からリークとか貰っていれば大儲けの相場ですね。

英ポンドにすっかり主役の座を奪われた感じの円とユーロですが明後日はECB理事会、ハト派ドラギ氏が任期最後の理事会で思い切りハト派のコメントを出す期待感もあり木曜は記者会見に注目、そして来週FOMCと日銀政策金利決定会合がありにわかに日銀追加緩和の話が盛り上がる(ロイターがよくやる技)ことも考えられドル円は月末にかけて堅調に推移するかも知れません。結局据え置きで失望感から売り込まれるいつものパターンになると見ておりドル円ショートキープ。




投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

BREXIT再々延期

相場見通し
10 /21 2019
10/21/2019

BREXIT再々延期

週間予想レンジ
ドル円 107.60-109.20
ユーロドル 1.1040-1.1220
NYダウ 26000-27200
米債10年利回り  1.60-1.90%

ポジション
ドル円ショート      107.60買い
ユーロショート     1.1040買い

英議会は一昨日土曜日にEU離脱案採決を先送り、EU宛に2020年1月末までの離脱延期を要請、これで本来今年3月末日に離脱予定だったものが約1年先送りに、マクロン大統領が延期に難色を示しているそうですがUKタイムスの報道ではEU側も延期を了承するだろうとのこと、ジョンソン首相は未だ10月31日の離脱を目指していますがゴールドマンリサーチはこれでハードBREXITリスクは5%までに落ちたとコメント、マクロン大統領ではないですがもういい加減ハードBREXITでもいいから決着つけて欲しいですね。

そんなBREXITを除いての今週の主な予定;
22日火曜日:即位礼正殿の儀
24日:ECB理事会
25日:ミシガン大消費者信頼感指数

天皇陛下御即位誠におめでとうございます。ご祝儀買いで日経平均も年初来高値を更新したところだし、さらに上昇するといいですね、そうなるとドル円も引き続き堅調でしょうか。
そしてドラギ総裁最後のECB理事会、先月の理事会で利下げと11月からの量的緩和再開を表明したので今回は据え置きの見込み、ギリシャ危機などでユーロ崩壊のリスクも取りざたされたりもしましたがスーパーマリオ総裁お疲れ様でした、ユーロドルはトレンドラインのある1.1250までの上昇はあるやも知れませんがそこは絶好の売り場。

そして米国の経済指標は前回のISMやPMIが不調ということでミシガン大指数も注目、個人的には今月FOMC利下げはないかなと思っていますがミシガンが悪ければ可能性アップ、にしても景気悪化と堅調な労働市場の両立は若干不思議、来年の大統領選に向けて失業率上昇など労働市場が悪化し始めるとトランプ氏再選も危なくなるかも知れません。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

山場BREXIT

NY市場
10 /18 2019
10/18/2019

山場BREXIT

24時間予想レンジ
ドル円 108.20-109.00
ユーロドル 1.1080-1.1160
米10年債 1.70-1.80
NYダウ  26800-27100

ポジション
ドル円ショート        106.80買い
ユーロショート        1.0960買い

昨日のEU首脳会議でジョンソン首相とユンケルEU委員長が合意に達したのも束の間、DUP民主統一党が19日の英議会で反対すると表明、労働党の反対も多数でEUとの合意却下によるハードBREXITのリスクは高くこの週末は一つの山場となりそうです。にしても「民主党」と名の付く政党はどの国でも何が何でも反対しかしない極めて非生産的な国民の税金無駄遣いの厄介者なのはなぜなんですかね。

先週からBREXITポジティブニュースで1000ポイント近く爆謄してきたポンドとポンド円ですが19日の英議会で却下となると全戻しの暴落のリスク、仮に土曜日に承認されてもポンド上昇は2-300ポイントの一時的なものにとどまりその後細かい問題点などで売り圧力優勢になると考えられ昨日も述べたようにリスクリワードは明らかにショートに分があると見ています。

来週木曜のECB理事会はドラギ総裁にとって最期の理事会、昨晩からのワシントンG20に出席しているドラギ氏は「必要に応じて講じ得るすべての手段を用いる用意がある」とハードBREXITなど不測の事態に備えているコメント、来週は追加緩和はないとの見方が多勢ですがこれも今週末の英議会の結果次第、ハードBREXIT濃厚となった場合ユーロドルも1.08割れリスクを想定しておくべきでしょう。

皆さまよい週末を




投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」

の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング


NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!