FC2ブログ

期末フィックス

NY市場
03 /31 2020
3/31/2020

期末フィックス

24時間予想レンジ
ドル円 107.50-108.50
ユーロドル 1.0920-1.1020
米10年債 0.50-0.80
NYダウ  21600-23600

ポジション
ドル円ロング
VIXショート
金ロング
原油ロング

3月31日の東京フィックスは事前の予測通りドル買い、ドル円は108.20からフィックスに向けて108.60まで急上昇とあからさまな動きでしたが先ほど終了したロンドンフィックスは売り買い交錯でトリッキーな動きに、最近ではフィックスのオーダーを受ける銀行も市場操作したとの訴訟を受けないよう機械任せのオーダー執行をするところが多くロンドンフィックスの動きは以前より数段読みづらくなって来ました。加えて東京フィックスの主体がほぼ日本の輸入に限られるのに対しロンドンフィックスはそれこそ世界中のファンドやコーポレートのオーダーが入り乱れるためドル買いあり、ユーロ買いあり、ポンド買いあり、オージー買いありなどなどとまさに全通貨入り混じっての乱れ撃ち、今や取市場引の80%以上を電子取引に奪われているブローカーにとってフィックスは唯一残された最大の稼ぎ時でもあります。

そんな期末フィックスも無事終了、明日から第2四半期入り、日本は新年度入り、金曜には久々に注目の雇用統計と失業率発表で今日残りは静かな相場になると思われます。

日本の新年度入りで例年フォーカスとなるのが機関投資家の新規外債外株投資。運用部の意思決定に若干時間がかかるため実際に市場に玉が出るのは4月中旬以降ですが外為市場、特にヘッジファンド勢は先取りして4月初旬からドル円ロングを仕込み始めるところが多くとくに 今年はGPIFが外債比率を15%から25%に引き上げ、さらに上下幅の許容を6%に増やす結果最大31%の外債比率が許されることになり米国債は勿論のことドイツ国債よりは利回りのあるフランス国債などに大量の買いが入る可能性があります。

それに対し日本のファンダメンタルズ悪化懸念で外人投資家の日本株買い意欲は低く円買い需要も低迷、併せてコロナによる世界経済減速で日本の輸出も減少で円買い圧力は益々低下すると思われ少なくとも第2四半期ドル円は上昇基調にあると考えます。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング
スポンサーサイト



年度末、今週の相場見通し

相場見通し
03 /30 2020
3/30/2020

年度末、今週の相場見通し

週間予想レンジ
ドル円 106.00-111.00
ユーロドル 1.0700-1.1200
米10年債 0.50-1.00
NYダウ  18000-23000

ポジション
ドル円ロング
VIXショート
金ロング
原油ロング

TV、ラジオ、新聞などあらゆるメディアがコロナウィルス一色の3月も明日で終わり、2月中旬に史上最高値をつけた米株はあっという間に30%超の暴落という激動の1か月でしたがこれだけのボラティリティーを上手くとれなかった一方、強制退場させられるような大火傷を負わなかったことに安心、改めてストップロスを順守する大切さを実感する今日この頃です。

ここNY市では連日感染者が激増、今や世界中のエピセンターのグラウンドゼロとなってしまった様で今日は米軍の病院船がNY港に着岸、NYの病院のベッド不足を補うということですが、平常時はカリブ海などを廻るクルーズ船の乗り場であるマンハッタンアッパーウェストにあるハドソン川沿いの埠頭に巨大な赤十字マークを付けた病院船が入港するのは何とも物々しい光景、ハドソン川は川幅も広くないので余計に巨大に感じられます。

話を相場に戻して、明日は注目の期末、年度末フィックス、これまでの話では米株が下落した分リバランスの為の米株買い、ドル買い玉が多いだろうとのこと、明日の東京フィックスでもまとまった輸入玉のドル買い優勢という話を聞きますがフィックスに関しては最後までわからないので直前の動きに合わせて柔軟に波にのるのが妥当でしょう。

米株も大底を打ったという声も聞かれますがまだまだ乱高下が続くと思われVIXショートは当初の計画より遥かに長期保有することになりそう、ただし歴史的に見てVIXはいつかはまた平常時の10-15レベルに戻って来るのは間違いのないことなので資金に余裕があればショートを増やしてもいいと考えます。

今週水曜は日銀短観、とんでもなく悪化しそうな予想もすでに織り込み済みで市場への影響は軽微、米製造業ISMもふたたび50割れの弱い数字の見込み、そして注目は金曜のNFP米雇用統計、先月まで雇用数、失業率ともに堅調さを維持してきましたが3月雇用者数はついにマイナス転で市場予想はマイナス10万人、失業率は控えめに見て先月の3.5%から4%に上昇という本当に控えめな市場予想ですが来月には20%近くまで跳ね上がってもおかしくはないでしょう。いずれにしてもこれからしばらくの経済指標は強い数字が出る理由皆無なのでどこまで市場が織り込んでいるかが焦点に、逆に言えば予想ほど悪い数字でなければ買戻しの勢いの方が強くなるので意固地なショートは危険かも知れません。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

株安、ドル安

NY市場
03 /27 2020
3/27/2020

株安、ドル安

24時間予想レンジ
ドル円 107.50-108.50
ユーロドル 1.1000-1.1100
米10年債 0.70-0.80
NYダウ  21000-22500

ポジション
ドル円ロング
VIXショート
金ロング
原油ロング

昨日まで米株は3日連続上昇で早くもベアマーケットは終わったという楽観的な声も聞こえて来ていましたが流石に4日連騰ならず今日は3%超の下落、NYダウ高値から20%戻しの23,600に届かず失速、今後もしばらくは3-7%程度のスイングがつづくことになりそうです。

ドル円も久々に108円割れ、昨日触れた様に短期的には107-112のレンジと見てこの107円台は拾ってみました。来週火曜3月31日、日本の年度末フィックスに注意、よくあるパターンとして東京フィックス午前9時55分に向けて駆け込み需要でドル円上昇、10時以降はその反動で下落というもの、そして株がこれだけ動いているのでエクイティーファンド勢のリバランス玉がロンドンフィックスで大量に出ると予想されロンドン午後4時前後の動きにも注意。

ちなみにここNY州でのコロナウィルス感染者激増で今日現在4万5千人確認、死者も519人に上り、公立学校は少なくとも4月15日まで閉鎖命令、NY市内では不要不急の外出禁止が続き相変わらず窓の外を見ると通りはがら空きです。ニュースを見ていると日本ではあまり気にせずにお花見に出かける人々が多いそうですが大丈夫なのでしょうか?「感染しても自己責任だから」「あそびの 予定が前から入っているから」とか言ってる若者のインタビューを見ましたが自分が感染するリスクではなくて他人に移してしまうリスクをもっと真剣に考えて欲しいと思います。東京でも小池都知事なりがもっと強固に外出禁止令など発動するべきでは?皆何となく暢気すぎる気がします。
皆さまよい週末を

投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

失業保険申請激増

NY市場
03 /26 2020
3/26/2020

失業保険申請激増

24時間予想レンジ
ドル円 109.00-110.50
ユーロドル 1.0900-1.1050
米10年債 0.70-0.90
NYダウ  21000-22500

ポジション
VIXショート
金ロング
原油ロング

先ほど発表された先週の全米新規失業保険申請件数が通常の週25万人程度から10倍以上跳ね上がって過去最大の330万件に激増、コロナウィルス感染予防策でレストランやホテルのクローズを余儀なくされレイオフされた従業員数はこれからも増加する見通しでいずれは戻るにしても今月、来月と失業率が20-30%に達するとの予測は近いものになりそうです。

それでも米株市場は空前絶後の2兆ドルにおよぶ経済対策を好感して今朝も続伸、今日から開催されているG20電話会議でもG7先進各国でのワクチン開発支援で合意、G20となると台所事情の厳しい国もある事などから全20か国の賛同は難しいのでしょうか、はたまた米中関係悪化で親中派の国々が2の足を踏んでいるのかなど邪推してしまいますが、今回のG20で原油価格下落にも歯止めが利くかどうかも注視したいところ。

ここまで相場が荒れてしまうとドル円と株式市場、米金利などの相関性が完全に壊れてしまいどれも買い玉、売り玉次第で好き勝手に動いている状況、とくにドル円は日本の年度末で本邦勢のプレイヤーが取引を手控えてることもありリクイディティーはますます低下、ここは様子見が一番かマクロの視点で中長期的なポジション構築に徹するか、マクロでは残念ながら日本の景気悪化、財政悪化が加速するリスクを鑑みて円売り方向で臨むつもり、取り敢えずのとおころは107-112や108-113レンジと捉え107-108近辺でドル円ロング構築していこうと考えています。

昨日の日経にGPIFが外債比率を25%に引き上げるという記事がまた出ていましたが先々週に101円台まで下落した局面ですでにドル円手当始めていたかも知れません、流石プロ中のプロ、僕を 含め90円台に突入するかもと言っていた輩とは器が違いすぎます。

投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

原油下落に米介入

NY市場
03 /25 2020
3/25/2020

原油下落に米介入

24時間予想レンジ
ドル円 111.00-112.00
ユーロドル 1.0750-1.0850
米10年債 0.70-0.90%
NYダウ 20700-21700

ポジション
VIXショート
金ロング
原油ロング

1バレル20ドル台という驚異の安値圏に下落してからなかなか回復をみせない原油価格、明日のG20電話会談でついにアメリカがサウジアラビアとロシアに供給過多の価格破壊戦争をやめるように促すというニュースが流れています。未だ生産コストの高いアメリカのシェールガス業界にとって現在の原油価格は壊滅的な危機状態で11月の大統領選に向け大票田テキサス州の任期を取るためにもどうにかしなければならない喫緊の課題、今日明日というわけにはいかないまでもWTIは$50辺りが居心地の良い均衡地なのではないでしょうか。

ちなみにいろいろチャートを見ていて気付いたのはほんの1年半ほど前2018年夏ごろは世界経済も堅調、アメリカのインフレも徐々に上昇基調でFEDは利上げサイクルに入り10年債利回りが3%を超えていました。一方の外国為替はと言えばその頃ドル円は111-113円をうろうろ、ユーロドルは1.12-1.15のレンジで2020年の現在とほぼ同じレベル。越して言えることはアメリカの金利の水準と為替のレベルにはあまり相関性はないという事で、勿論米金利の動きは為替を左右する一因ではあるものの10年が3%だからドル円は115円であるべきというような絶対値の議論は無意味に思えます。

個人的な意見としては為替を動かす一番の要因はやはり「需給」に尽きるかと。M&A絡みの巨額の資金移動しかり、経常収支絡みのボディーブローの様な需給しかり、GPIFなど「クジラ」のポートフォリオ変更、現在のキャッシュ需要によるドル買いなどなど中長期的なマネーの流れを把握することが大切とかんがえています。

短期的に注目すべきは来週3月末の東京フィックス。よく見られるパターンとして年度末駆け込み需要の多額のドル円買いで東京午前9時55分に向けてドル円急上昇の後反動で急落、今の様にリクイディティーの薄い中であれば2-3円は簡単に動くこともあり得るでしょう。東京フィックスに続いて31日のロンドンフィックスも米株が暴落した今月エクイティーファンドのリバランス玉、ヘッジ調整玉はかなりの額になると思われ、具体的には例えばポートの50%を米株と決めているファンドでは米株の急落で全体のポートに占める割合が落ちた分買い増しをいれるためのドル買いが期末フィックスに出やすいなど、今回は米株に限らず世界中の株式市場が下落しているので一概には判断出来ませんがいずれにしても来週のフィックスの動きには注意。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

ゴールド急騰

NY市場
03 /24 2020
3/24/2020

ゴールド急騰

週間予想レンジ
ドル円 110.50-111.50
ユーロドル 1.0750-1.0850
米10年債 0.70-0.90
NYダウ  19000-21000
ポジション
VIXショート
金ロング
原油ロング

アメリカの1兆ドルに及ぶレスキュープランが今日中にも議会をパスする期待で米株急騰、NYダウは7%のリミット高で15分間取引停止、米株に先行して急騰していたのが金価格、昨日の$1500から$1700まで一晩で$200の急上昇、コロナウィルス蔓延で金鉱のマイナー操業停止、現物の金が極端な不足状態というニュースで買いが殺到、金市場のマーケットメーカー達もあまりのリクイディティーの無さに一時取引を停止するなどで自発的にサーキットブレーカー発動、金ショートのプレイヤーはポジションを切ろうにも切れずコモディティートレーディングフロアーの電話が鳴りっぱなしだったという話が伝わってきます。

ちなみに東京オリンピック1年延期がほぼ決定したようで、非常に残念ではあるものの仕方のない苦渋の決断、だらだらと引き延ばしにせず早急に決定したのは英断だったと思います。今年の7月に合わせて調整してきた選手たちや関係者にとっては大変なこととは思いますが気持ちを切り替えて来年に向けて頑張ってほしいと思います。延期のニュースによる日経平均先物への影響は見られず延期はすでに織り込み済み、逆に開催を強行するようだったら不参加国続出で大失敗のオリンピックになりかねず金融市場のみならず日本という国全体の信頼を損ねる事態で、それを回避できたのは朗報でしょう。

株式市場がこれで大底を打ったとはまだ思えませんが少なくともパニック的な暴落は落ち着きつつありVIXは続落の見込み、逆にボラがまだ高い今銘柄を絞ってプット売りするのもリスキーではあるもののリターンも高いと考えます、ただしプットを行使されてもそのまま長期保有したい銘柄に絞っての話。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

FED無制限QE、今週の相場見通し

相場見通し
03 /23 2020
3/23/2020

FED無制限QE、今週の相場見通し

週間予想レンジ
ドル円 107.00-112.00
ユーロドル 1.0600-1.1100
米10年債 0.50-1.20
NYダウ  15000-22000

ポジション
オージーショート
VIXショート
金ロング
原油ロング

先週の臨時FOMCに続きFEDは今日も臨時委員会を開き無制限の量的緩和を決定、現行法で許されている米国債、MBS、CPなどを上限なく必要量買い入れるとし、ABSの買入れ措置もリーマンショック以来2度目の発動、今後はFRB法の見直しで日銀のようにETFなど株式市場にもテコ入れするかどうかが注目されるところです。

米株市場は今日も軒並み3%近い下落、ウォールストリートにあるNY証券取引所ではコロナウィルス感染予防のため場立ちのブローカーなしで全てのオペレーションをを電子取引に移行することに、ウォールストリートの風物詩ともいえる場立ちが見られないのは寂しい限りですがNYで働くあらゆる産業の従業員50%以上を自宅勤務にしている現状では当然の措置でしょう。

サーキットブレーカー発動の7%超の動きに慣れてしまった今、今日の3%下落はむしろ市場が落ち着いてきたサイン、VIXも徐々に低下してまだ60台というのにちょっとほっとするなど妙な安心感を覚えてしまいます。急増していたドル買い需要もFEDの量的緩和などで一服した感じ、ドル円は依然先高観が残るものの当面は110.00をピボットにした動きになりそう、先週からのユーロショートは一旦閉じました。

今週は独IFO、米耐久財受注、米Q4GDPなどが予定されていますがやはり今は経済指標は2の次3の次でコロナの行方と金融政策、財政政策がフォーカス、冷静に長期的視野で株の買い増し、VIXの売り増しを中心にトレードしていくつもりです。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

パニックやや沈静

NY市場
03 /20 2020
3/20/2020

パニックやや沈静

24時間予想レンジ
ドル円 109.00-111.00
ユーロドル 1.0650-1.0850
米10年債 0.95-1.15
NYダウ  19000-21000

ポジション
ユーロショート
オージーショート
VIXショート
金ロング
原油ロング

大荒れのマーケット、株式市場は毎日5-10%のスイングがもはや当たり前、VIXも2週間近く50以上で推移している今日この頃ですが、漸く昨日あたりから若干沈静化の兆し、爆謄を続けていたドルインデックスもしばし反落、米株、原油とも調整の戻しが入り休息の週末を迎えようとしています。

コロナウィルス震源地の中国武漢では新たな感染者がゼロになったとそれが本当であれば喜ばしいニュース、昨年12月頃の発生から3ヵ月を経てやっと終息の兆しということでここアメリカでは広がり始めの2月末から3ヵ月は収まらないと考えると5月末頃まではこの異常事態が続くと覚悟しなければいけないかもしれません。昨日からカリフォルニア州全州で屋内待機命令、NY州でも近いうちに同様の措置がなされるとも思われ外食産業、ホテル業を中心にレイオフの嵐、4月の失業率が20%に跳ね上がるとの予測もあながち大外れではない気がします。

世界中で多くの人が自宅勤務をしているのと金融市場が大きく動いていることで株やFXをデイトレードする人が俄かに激増しているようでオンライン証券会社やFXブローカーのサーバーが連日パンク状態、それでも8割近くのデイトレーダーが損をするのは変わらずリテール相手のブローカーはかなり儲かっているという話をこのところよく聞くようになりました。偉そうなことを言える立場ではありませんが、多くの個人投資家は利食いが早く損切りは遅いのが一番の問題、さらにハイレバ、ナンピンが重なって今の様なボラティリティーでは一瞬で資産を溶かしてしまうケースも少なくないようです、改めてストップロスの重要さを認識。

ポジション変わらず、3か月後にはVIXがまた平常時の10台に戻ることを期待して徐々にVIXショートを増やしていく予定、FXはユーロショート、オージーショート以外は日中細かく刻むのがしばらくは良さそう。

皆さまよい週末を


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

RBA、BOE追加利下げ

NY市場
03 /19 2020
3/19/2020

RBA、BOE追加利下げ

24時間予想レンジ
ドル円 109.00-111.00
ユーロドル 1.0700-1.0900
米10年債 0.95-1.15
NYダウ  19000-21000

ポジション
ユーロショート
オージーショート
VIXショート
金ロング
原油ロング

各国中銀の緊急利下げ止まらず今日はRBAが過去最低の0.25%に、BOEは15bpカットで政策金利をこれまた過去最低の0.10%に下げると同時にQE拡大を決定、すでにかなり前からマイナス金利のSNBだけはこれ以上のマイナス深堀りは逆に悪影響とみて政策金利を-0.75%で据え置き、先日も触れましたが中銀の金融政策の限界か近づいて来ている今、思い切った財政出動が喫緊の課題と言えるでしょう。

アメリカでは外食産業を中心に既にレイオフの波がやって来て失業率は下手をすると現在の3.5%から20%程度にまで跳ね上がるという試算も出ており、ほんの1か月前まで「アメリカは安全、問題ない」と構えていたトランプ大統領の態度も激変「コロナウイルスの深刻化はずっと前から私は分かっていた」など恥も外聞もなく言ってのけるなど最早なりふり構わず、「強いアメリカ」「アメリカアズナンバー1」などのプロパガンダに酔いしれていた国民40%程度のトランプ信奉者もこの教祖様の態度の一変ぶりに事態の深刻さを恐る恐る認識し始めた感じ、ニューヨーク市のとなりの ニューアーク市でもついに夜8時以降の外出禁止令発動、ちまたの噂ではNY市のマンハッタン島につながる橋やトンネルを一切遮断して隔離する案も考えられているとか、昔観たカートラッセル主演の「Escape from NY」というマンハッタン全体が巨大な監獄島になり周りから隔離されているSF映画を思い出します。

そしてキャッシュ=ドル資金需要は止まらずドル円はついに110円台乗せ、ドル円は完全に買い遅れましたがユーロショートキープ、オージードルがRBA後に上昇したところでショートにしました。米株市場は今日も相変わらず元気に乱高下していますが以前より値幅が小さくなってきている印象、株式市場自体の反転上昇はまだ先かも知れませんが85までいったVIXは少しづつショートに。


投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

米、大型経済対策

NY市場
03 /18 2020
3/18/2020

米、大型経済対策

24時間予想レンジ
ドル円 107.00-109.00
ユーロドル 1.0800-1.1000
米10年債 0.90-1.10
NYダウ  19800-22000

ポジション
ユーロショート
金ロング
原油ロング

トランプ大統領とムニューシン財務長官は昨日8500億ドルに及ぶ緊急かつ大型の経済対策を発表、具体的には各家庭に千ドル程度の小切手給付という案らしいですが2009年の金融危機の際に現金給付案が出たときは議会をパスして実現するまで3か月近くかかった様な記憶があります。今回は2週間以内に実施するとのこと、お手並み拝見です、トランプ大統領にしてもこのコロナ危機で11月再選が危うくなってしまい何が何でも経済と株式市場を立て直さないといけないプレッシャー。民主党政権になればトランプ氏は牢屋行きになるという声もちらほら出ていて大統領としても文字通り死活問題なのでしょう。

そんな大型財政出動も空しく今日も米株はリミット安、NYダウは再び20,000割れ、財政悪化を嫌気で米長期債も売られ10年債利回り1%台復活、まさに現在買われているものはドルというキャッシュのみ(あとはトイレットペーパーと消毒スプレー)、株式市場は完全にベアマーケット入りの様相で昨日のような上げ局面ではクローズ後に売りが殺到するパターンが定着して来ました。

ちなみにNY市内でもコロナ感染が急速に広がり今朝の時点で923人の感染を確認、デブラジオ市長は「Shelter-In-Place」いわゆる外出禁止令発動を検討中とのこと、昨日は所用で仕方なくサブウェイを利用しましたが昼間だったのに同じ車両に乗客は2人のみというがら空きよう、これじゃあやはり経済活動停滞は当然で株を買うのは当面無謀だと思わされます。

ユーロショートがいい感じになってきた半面原油が下げ止まらず苦戦、サウジに遠慮があるのかアメリカもなぜか未だに沈黙を保っていますがロシアの石油業界がつぶれる前にアメリカのシェールガス業界が全滅するのではと懸念されます。ドル円は思いのほかビッドで今朝は108円台までの驚異の復活劇、先週は多くの人が90円台突入と言っていたのでよっぽどショートが溜まっていたのでしょう、ドルインデックスも2017年4月以来の高値101台乗せ、ユーロドルなどまで下げ余地がありそうなのでDXYも102-104程度までの上昇もありでしょう。値ごろ感からのドルショートはまだ早そうです。

投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!