FC2ブログ

強いNFP雇用統計

NY市場
03 /09 2018
3/9/2018

強いNFP雇用統計

前日クローズからのレンジ
ドル円 106.24-107.05
ユーロドル 1.2274-1.2334
ユーロ円 131.20-131.82

NY午前11現在
ドル円 106.95
ユーロドル 1.2325
ユーロ円 131.80
米10年債 2.897%
NYダウ 25099.72 +0.82%

2月NFPは313kとあっと驚きの強い数字の一方失業率は予想4.0%のところ4.1%と冴えず、注目の平均時給の伸びも前月0.3%に対し0.1%にとどまり結局強いNFPを打ち消す形に為替市場の反応も微妙、ドル円は今のところ107手前で抑えられ、ユーロドルも1.23台堅持、NYダウが25k回復したのと米債利回り上昇に加え昨晩の北朝鮮関連のポジティブニュースなどを総合するとドル円は取り敢えずビッドで推移、これからNYクローズまでに107円台で安定出来るかどうかといったところ。

とは言ったものの中長期的には相変わらずドル安の見方変わらず、北朝鮮にかんしてもあっさりと非核化に応じるとも考えにくく「やっぱりダメじゃん」的なリスクオフが再来する可能性大と見ています。先ほどの平均時給の伸びが鈍かったのを見てドル円ショート追加、もともとのショートのコストが低いので一寸苦しいですがキーレジスタンスの108.00をバックに売り上げる予定でいます。

ユーロドルについても同様、中長期での強気の見方維持、これもストップは1.2150割れとまだ少し遠いので下げる局面では少しづつロングを足して行こうと思っています。短期的には1.2350と1.2380に若干のオファーが入っている模様ですが1.2380を超えるとストップも見られ、来週はこの1.2370-80レベルの攻防が鍵になってくると思われます。

ちなみにNYというかアメリカは今週末から夏時間に移行、1時間ロスすることになるので来週から今までより1時間早起きしなくてはならないのがいつも辛いところ、正直個人的には夏時間を導入する意味については懐疑的ですが米国内でもいまだに賛否両論のようです。東海岸でもフロリダ州だけは夏時間導入を廃止しようとしているとのこと。
コンピューターのソフトウェアエンジニアの中にはソフトの時間調整などに多額の労力と費用が掛かると言っていたり、子供を持つ家庭では夏時間になると子供たちがなかなか早くベッドに入らなくて困るだとか、夜型の人たちは日が長くなる分遊べたりするので良いだとか、夜遅くまで明るいので電気などの省エネルギーにつながるという意見はよく聞かれますがはたしてそれ程の経済効果があるのかどうか。

皆さま良い週末を

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!