FC2ブログ

ユーロドル ECB前の考察

NY市場
04 /26 2017
4/26/2017

ユーロドル ECB前の考察

今日のNY市場のユーロドルは再び1.0950で頭打ちした後トランプの税制改革期待で1.0855まで下落、税制改革の中身が殆どなくドル売りで1.09台回復、明日の(東京時間では今晩)ECB前にユーロのロング調整売りも結構出た模様です。

チャートを見るとギリシャ危機前の2014年5月高値1.3993と昨年11月米大統領選直後高値1.1300、それに先月末高値1.0905を結んだトレンドライン(下のチャートのオレンジ線)が綺麗に今週月曜のフランス大統領選後のサポートとなりました。明日のECBでユーロが下落する局面があればこのサポートライン(4月27日は1.0810近辺)で買いをいれる予定。

巷のエコノミストの間では明日のECBはノンイベント、次回の6月の会合までテーパリング・緩和終了には触れないだろうとの見方が大半を占めており、加えてドラギ総裁が前回会合後のコメントと同様インフレの低水準、経済下振れリスクに言及する可能性もありユーロも瞬間的に下落する余地ありでユーロブル派には絶好の買い場となります。

ユーロ中長期見通しは依然上、ECBテ-パリング、フランス、ドイツ両国の政治安定などによるユーロ後押しとアメリカの所謂トランプラリーの終了によるドル安の相乗効果で2017年末ターゲットは1.20。

4 27 eur


直近1ヶ月を拡大

4 27 eur zoom
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!