4月も終わり

NY市場
04 /30 2017
4/30/2017

NYはまだ4月30日日曜日、先週から連日20度超えとめっきり暖かく(というか暑く)なってきたNYも今日は15度程度、涼しくて気持ちいいです。

さて4月は米軍のシリア、アフガニスタン空爆、北朝鮮問題、フランス大統領選などいろいろあり為替も結構動きました。地政学リスク増大でドル円は昨年11月以来安値108円13までつけたあとフランス大統領選第一回投票後に反転上昇結局月初と同じレベル111円78まで戻し、欧州株、米株の上昇につられ日経平均も月初以来の19000円台回復、北朝鮮が核実験をしなかったことでトランプ大統領が言及した「大規模衝突」も取り敢えずは回避されドル円暴落の危険も一旦ひいたようです。ただもしも万が一北朝鮮が日本に向けてミサイルを発射したらドル円は暴落するか暴騰するかは意見の分かれるところで、個人的には最初の反応はドル円売り、その後実際に日本国内で被害がでるような事態になれば(そうならないことを切に願います)円売りに転じるかと考えています。
結局ドル円はまだどちらか一方向に動く局面ではなく、当面108-113のレンジプレイと思っています。

ユーロドルが久々に面白くなってきました。4月23日仏選挙後の250ポイントギャップでのオープン、このギャップはユーロ導入後で一番の大きさで、史上がいかにFREXITのリスクを危惧していたかが読み取れます。去年の驚愕のBREXITとトランプ勝利の後だから無理もないですよね、なにが起こるか本当に分からない。5月7日の決選投票もマクロン氏の勝利はほぼ確定と思っていてはいるものの、まさか、という事態も無視出来ず、結果中長期的にユーロ強気にもあまり大きくロングを持てずにいるのは僕だけではないのでは。

戦略としては5月7日の週末前にロングを減らし、残りはタイト目のストップ(といってもルペン氏が勝利なんていうことになったら余裕で500ポイント以上ギャップが予想されるのでどこでストップがつくか恐ろしいです)を置き、サプライズなくマクロン氏勝利であれば第一回投票後に見たような「Sell the Fact」のディップで買い増しです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!