FC2ブログ

実現 トランプ・キム会談

NY市場
06 /12 2018
6/12/2018

実現 トランプ・キム会談

前日クローズからのレンジ
ドル円 110.09-110.49
ユーロドル 1.1742-1.1808
ユーロ円 129.60-130.25

NY11AM現在
ドル円 110.25
ユーロドル 1.1790
ユーロ円 129.97
米10年債 2.973%
NYダウ 25322.00 -0.02%

米朝首脳会談が遂に実現、内容はさておき会談が始まる前からご祝儀買いのようなドル買いが進行、ドル円はシンガポール時間御前9時前には既に110円半ばまで上昇、ユーロドルもどさくさに紛れてか誤注文か一瞬1.1742まで下げる場面もありましたがサミットが終わった後は逆に反応なし、市場が会談の中身を咀嚼するのに時間がかかっているのか、どう評価するか迷っているのか、今朝のアメリカの報道は歴史的な会談実現を評価しながらも中身については今一つ、北朝鮮の非核化についても懐疑的なトーンが多い一方、巷の人々は「トランプ大統領は偉業を成し遂げた、アメリカ人であることを誇りに思う」など興奮気味の人も驚くほど多く思わず失笑してしまいそうになるのですが、政治ショーとしては大成功の部類で11月の中間選挙に向けてかなり前進したのではないでしょうか。

その一方で「非核化の費用は韓国と日本が負担するだろう」とコメントしたり拉致被害者問題についても「言及した」と述べるにとどまり結局は何も中身のない派手なだけの(そしてシンガポールに莫大な費用を負担させた)政治ショー以外の何物でもないと見えるのは僕だけではないでしょう。

そんな訳で個人的にはあまり期待もしていなかったものの失望感強くドル円とユーロ円は売りました。ご祝儀買いもそれ程大量に出た様子でもないので戻しも限定的だとは思いますが明日のFOMC前にポジション調整のドル売りが出る可能性あり、短期で109円ミドルターゲット。

ちなみに今朝発表の5月米CPIは予想0.1%のところ0.2%(コア)と強く、これであすの FOMCでの25bp利上げもほぼ確実なものとなり市場も100%近く織込み済みなので利上げ自体への反応は薄いと思われますが問題はステートメントの中身、ドットチャート、そして記者会見。カシュカリ理事など根強いハト派もいることや中間選挙前の9月FOMCは様子見する可能性もあることなどで年内4回利上げ予想が3回に引き下げられるリスクは想定しておきたいです。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

非常識な非核化費用の負担は断固反対

北朝鮮が非核化することは大賛成。
でも北朝鮮だけではなくてアメリカも非核化すべき。
それに非核化費用は韓国と日本が負担しろだなんてトランプアメリカはあまりにも傲慢、厚顔無恥、身勝手
アベ総理がだらしないから日本は馬鹿にされているのでは?頼りない。情けない。

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!