ドル円上昇、久々の112円台

NY市場
07 /12 2018
7/12/2018

ドル円上昇、久々の112円台

前日クローズからのレンジ
ドル円 111.93-112.62
ユーロドル 1.1650-1.1693
ユーロ円 130.75-131.45

NY11AM現在
ドル円 112.50
ユーロドル 1.1660
ユーロ円 131.35
米10年債 2.854%
NYダウ 24866.90 +0.65%

昨日のNYでは株式市場軟調にもかかわらずドルほぼ全面高でドル円は今年1月以来の112円台乗せ、ユーロドルも1.17割れ、材料はいろいろ取沙汰されていますがハト派でならすFEDのエバンス理事が年内あと2回の利上げに賛成したこと、原油価格が$70割れしたこと、PPIが予想比高かったことなどが挙げられますが、ドル円に関してはカギだった111.50を超えてきたところでファンド筋やアルゴが買い始めたとも聞いています。このところしばらく膠着が続いていたドル円、久々に大きく動いた感がありますが中期的に見ればまだ108-113のレンジ内、111円台のショートは損切しましたが113をレンジの上限と捉え手前で再びショートエントリー。

ドルカナダは昨日の利上げ後にロング転して正解、50%戻しの1.3220で跳ね返されてやや反落していますがこのままロングキープ、カナダ中銀総裁の記者会見でも度々貿易紛争悪化やNAFTAの不安定リスクに触れ今後の再利上げについては不透明、年内あと2回利上げの米国に対しカナダはあと1回(多くて2回)で米との金利差も拡大することなどからドルカナダは目先1.33ターゲット。

そして今朝発表の米6月コアCPIは前月比+0.2%と予想通りも実質所得が若干弱かったのを受けドル小幅安、英ポンドは50ポイント超はねるなど相変わらず激しい動き、ポンド円ショートのストップ買いも結構出た模様でそれもドル円の下支えになっているようです。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!