FC2ブログ

自民総裁選、海外勢の見方

NY市場
09 /20 2018
9/20/2018

自民総裁選、海外勢の見方

前日クローズからのレンジ
ドル円 112.05-112.35
ユーロドル 1.1669-1.1777
ユーロ円 130.97-132.15

NY11AM現在
ドル円 112.15
ユーロドル 1.1752
ユーロ円 131.83
米10年債 3.076%
NYダウ 26615.05 +0.79%

自民党総裁選は大方の予想通りとなり相場にはあまり影響なし、アメリカでもBLOOMBERGやCNBCなどの金融系ニュース以外では取り上げられることもなく話題にもなりませんでしたがニューヨーク外国為替市場でもすでに昨日の時点で安倍総理の3選が確実視されており話題の中心は総裁選そのものではなく3期目の安倍総理がいかにアベノミクスの3本の矢に取り組むかということと憲法改正の可能性とそれが相場に与える影響についてが主なフォーカスになっています。

中でも2019年10月に予定されている消費税増税に関しては意見が割れていて憲法改正に向けて支持力を高めておくために再び増税時期延期をするだろうという意見や、逆に今回で最後の任期ということで支持率の低下を気にすることなく財政再建の為に増税を敢行すると見る意見などがきかれます。増税なら間違いなく株安ドル円下落、増税延期でも財政破綻懸念の高まりから株安、金利高、ドル円下落のシナリオにアメリカの景気が来年はサイクル的に低下するだろうとの見方も加わって2019年は株式、債券、米ドルトリプル安の見方が割と多いようです。

そして今日はユーロドルが漸くレンジブレイク、株式市場上昇に伴うリスクオンのユーロ円買いも出てユーロ円は久々の132円台乗せ、ユーロ単体もここ2ヶ月ほど何度もキャップされていた1.1750を上抜けし、NY終値ベースで1.1750を上回っていればテクニカルにはブル、1.1650にストップを置いてターゲットは6月高値の1.1850。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!