FC2ブログ

国連総会

NY市場
09 /25 2018
9/25/2018

国連総会

前日クローズからのレンジ
ドル円 112.75-113.00
ユーロドル 1.1731-1.1792
ユーロ円 132.40-133.11

NY11AM現在
ドル円 112.85
ユーロドル 1.1788
ユーロ円 133.03
米10年債 3.064%
NYダウ 26588.15 +0.10%

今、国連総会でのトランプ大統領のスピーチが始まりましたが「アメリカは自分が大統領に就任してからより強く、安全に、豊かになった」などと自画自賛で中身無し、この後午後からは安倍総理の演説予定、この国連総会を中心に米韓首脳会談、日米首脳会談、日米貿易協議など政治イベント盛り沢山、昨日の米韓会談では米韓FTAに署名、今週から発動された制裁関税第3弾など貿易摩擦激化の米中は今回は首脳会談の予定なし、貿易戦争の次なるターゲットは日本だとされた安倍総理はすでにトランプ大統領との夕食会をすませ通商問題については「建設的な議論が出来た」と無難に通した感じ、取り合えずは日本の自動車などに理不尽な関税をかけるような話が出なかったことでドル円、日経ともにやや安心感も本番の日米首脳会談や貿易協議の内容によっては波乱の可能性もありヘッドラインニュースから目が離せない状況ですね。

個人的にはトランプ氏のごり押し性格からみて日本に有利な結果は到底望めずドル円下落のリスクがメインシナリオ、米韓FTAにも盛られた「通貨安誘導の禁止」などに言及するリスクもあり短期的にはドル円ショートで臨んでいます。ただし中長期的には対日関税発動は日本の対米輸出減などで円安要因、2012年から2014年のように大幅な貿易赤字に転じるようであれば中長期的な円安相場がやってくることも考えられます。

明日はFOMC、25bp利上げは現時点で100%織込み済みでサプライズなし、あるとすれば12月利上げ68%織込んでいるのが大きく動くかどうか、米債10年債利回りはこのところ3%超で安定、5月ハイの3.12-13%を抜けてくるとドル円等金利感応度の高いペアーは上昇するでしょうが昨日も述べたよう今の相場のフォーカスは金利ではなく政治、結局今回のFOMCはそれ程大きな材料にはならないかと。

ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!