FC2ブログ

米中間選挙

NY市場
11 /06 2018
11/6/2018

米中間選挙

前日クローズからのレンジ
ドル円 113.11-113.44
ユーロドル 1.1393-1.1438
ユーロ円 128.87-129.43

NY10AM現在
ドル円 113.28
ユーロドル 1.1415
ユーロ円 129.32
米10年債 3.203%
NYダウ 25532.80 +0.28%

いよいよ中間選挙、2年前の驚きのBREXITや米大統領選の様に最後までどうなるか分かりませんが現在は民主党が下院過半数、上院は1/3議席改選なので共和党がこのまま過半数を維持するとの見方が大半を占めています。
ということはサプライズは共和党あるいは民主党が両院過半数を確保した時でねじれ回避から長期的にはポジティブも短期的にはネガティブに反応すると思われ特に民主党が両院を取った場合はトランプ政権に大打撃ということで相場はかなり荒れることになるでしょう。

予想通りならねじれ国会で中期的にネガティブ、サプライズで民主党が両院ならトランプ氏への不信任ということでやはりネガティブ、共和党両院過半数維持なら貿易摩擦悪化、アメリカ第一主義強化、国内の分裂悪化などの懸念でこれもあまり中長期的にはポジティブとは思えず結局どのような結果でも株式市場や米ドルには逆風なのかと考えるのは悲観的過ぎでしょうか。

因みに昨晩のRBAオーストラリア中央銀行は予想通り政策金利1.5%で据え置き、ステートメントはGDP見通し上方修正、労働市場に楽観的な反面住宅市場に弱気で前回のステートメントからほぼ変化なしでオージードル動意薄。

今晩は選挙関連のヘッドラインでチョッピーなプライスアクションになると思われるので昨日も述べたように短期的に逆張りで振り子の両サイドを取りに行く作戦、最終結果が見え始めてきたら徐々にドルショートに振っていこうと思いますが2年前のトランプ氏勝利確定で思い切りショートにして大やられした苦い経験もあるのでストップはタイトに、あの時も株式市場が急反転したのがドル反転のきっかけだったことから今回も株を睨みながらのトレードが必至。



ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!