ドル急反転

NY市場
05 /18 2017
連日の株売り、ドル売りでドル円110円ロー、ポンドドルが8ヶ月ぶりに1.30台に乗せていたところにコミー前FBI長官の「操作の妨害や圧力がかかったことはない」と証言するビデオが流出し市場は急反転、NYダウ、S&P,ナスダックとも前日比プラスで取引終了、金価格は高値から20ドル近くの暴落、ポンドドルは一瞬にして100ポイント下落、ドル円も111.73まで戻すという大荒れのNY市場でした。

もっとも、コミー氏の証言ビデオはトランプ氏に更迭される前の5月3日のもので、その証言自体に圧力がかかっていた可能性も否めず、あらたにコミー氏の議会証言を得られるまで事は収束しないのではないかと思っています。

ユーロドルはユーロ圏の政治安定、好調なファンダメンタルズやECBの緩和終了などのファクターに変わりはなく依然ロングキープ、今日1.11ローで買い足し、ターゲットも変わらず中期1.13、長期1.17ですが、一方ドル円はリスクオン・オフ次第で振り回される展開が続きそうで、一旦ショートは撤退、6月のFED利上げ前に若干の上昇も考えられるので戻り売り待ち姿勢です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!