FC2ブログ

原油急落

NY市場
05 /25 2017
5/25/2017

原油急落

OPEC会議終了、9ヶ月の減産延長同意したもののリビアとナイジェリアはキャップなし、一部では12ヶ月の延長を期待していたことや、サウジ石油相の発言も米国のシェール生産の伸びが穏やかであることを望むなど他力本願的なもので市場は失望売り、WTIは前日比4%の下落。

FXはドルカナダが当然のように上昇した他はほぼ小動き、ドル円も相変わらず一目雲の上限を行ったり来たり、短期筋が若干ロングになっている模様で111.40割れにストップ、まあそれをつけても110.80-00はまたサポートされそうで、引き続き110.80-112.00のレンジプレイ、来週月曜はNYとロンドンが休日なので週末前にポジション調整の売りでドル円、ユーロドルともにやや頭重いかなと見ています、よってショートタームではドル円111.80-00売り、ユーロ1.1240-50売り、短期のポジションなのでストップはタイトに直近高値超えの112.20と1.1270設定、4-50ポイント取れれば御の字と思っています。

こういうじれったい相場はやりづらいですね、我慢できずに早まったエントリーをしがちになりですがここは“待つも相場”の基本に忠実にエントリーレベルがくるまで他の通貨の研究でもしたいものです。
今ちょっと見直している中長期見通しは商品資源国通貨、豪ドル、キウィドル、カナダドルで今まで一貫して弱気だったのですが、最近の上昇が単なる調整なのか相場の反転なのか考察してみます。基本的には未だそれら商品通貨に関しては弱気の見方継続、中国経済のリバウンド見込めないのと、米国と欧州圏の金利上昇で金利の相対的優位がなくなるなどが現在の理由ですが、もっと突っ込んで後日報告できればと思います。
あと他の皆さんのご意見も聞いてみたいです、こう思うよみたいなことあればコメントいただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

資源国通貨は中国経済が安定してこないので基本売りでしょうか
OPECでの減産も既に織り込まれておりセルザファクトになってしまいました

今後リスクオフ相場になれば資源国通貨上がる可能性はありますが
完全に思い込みだけになってしまうので、自分は現段階では買いは厳しいです

米は6月利上げがどうなるか不明ですが
仮に上げたとしても前回同様そこで売られる形にはなると見てます

資金が流れ最も買いやすいのはユーロと見ており
ドラギ総裁がハト派でも前回の発言を見てる限り
市場も慣れてきてるような感じがします


市場も皆迷ってる感じですよね
自分も迷ってます笑
動き始めるまで耐える必要がありそうです

コメント有難うございます!

僕も基本資源国通貨は売り、ユーロは買いで見ているのと、FED利上げも織込み済みなのでFOMC後にドルが売られる展開も同意です。ドル円が方向性なくて難儀しています、狭いレンジで決め打ちすればいいのかもしれませんが盛り上がりにかけますよね。

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!