FC2ブログ

米中通商協議混迷

NY市場
11 /08 2019
11/8/2019

米中通商協議混迷

24時間予想レンジ
ドル円 108.80-109.50
ユーロドル 1.1000-1.1080
米10年債 1.85-1.95
NYダウ  27400-27800

ポジション
ドル円ショート        107.60買い
ユーロフラット        1.0960買い、1.1120売り
キウィショート        0.6200買い

今日のNY、急激な冷え込みで現在気温は摂氏3度、明日の朝は氷点下まで落ちるとの予報、来年3月末頃までの長くて寒い冬が始まりました。

ドタバタ続きの米中通商協議、フェーズ1合意とともに一部関税撤廃でリスクオンが進んだのも束の間、関税撤廃は米政府内部の強い反対に会い先行き不透明との報道、そしてトランプ大統領も「対中関税撤廃に賛成はしていない、中国は撤廃して欲しがっているけどね」と述べドル円、米株ともに反落、ほんの一部に限った形だけのフェーズ1でさえこの調子なので本格的な合意までは遥かに遠い道のり、米中通商協議だけで動いてきた相場ではないものの結局物別れとなればドル円、米株には大きな打撃となるでしょう。

今朝のカナダ雇用統計、雇用の伸びがマイナス1.8kとびっくりの弱さでカナダドル急落、先月のカナダ総選挙以来初の1.32台乗せ、先ほど発表のミシガン大消費者信頼感指数は予想95.9のところ95.7と若干弱め、ドル円はまたしても109.40-50のレジスタンスを突破出来ず、108.80割れると短期筋ロングの投げで下げを加速するでしょう。

しばらくショートにしていたユーロもようやくターゲットの1.1020で利食い、しばらくはレンジを抜ける要素もなく1.09台買い、1.11台売り継続の予定。

来週月曜はベテランズデイ(退役軍人の日)銀行はお休みなのに為替市場はもとより株式市場、債券市場もすべてオープンという中途半端な休日、バリューデートが1日ずれるだけで相場には影響ゼロ。

皆さまよい週末を





投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!