FC2ブログ

トランプ大統領弾劾聴聞会

NY市場
11 /13 2019
11/13/2019

トランプ大統領弾劾聴聞会

24時間予想レンジ
ドル円 108.50-109.00
ユーロドル 1.0980-1.1040
米10年債 1.85-1.95
NYダウ  27500-27800

ポジション
ドル円ショート        107.80買い
ユーロフラット       1.0980買い、1.1120売り

今朝発表の米10月CPIは前年比1.8%と予想より高かった一方コアCPIは2.3%で予想より低く市場の反応も限定的、経済指標よりも今日の注目は米下院で開かれているトランプ大統領ウクライナ疑惑に関しての弾劾聴聞会とパウエルFRB議長の議会証言。

CPIはターゲットの2%近くで安定推移しているためパウエル議長およびFOMCも次回の利下げを急ぐ必要なく、前回のFOMCステートメントと記者会見同様、今日の議会証言も今後はしばらく据え置きを示唆するものになりそうです。

弾劾聴聞会の方はまさに今もテレビで生中継していますがテイラー駐ウクライナ大使の証言が延々と続き今すぐにどうこうなるものでもなく相場への影響も短期的にはないと思われますが、若干気になるのがトランプ氏の息子がウクライナ疑惑内部告発者(WhistleBlower)の実名を暴露した点。トランプ氏側としては告発者を「国賊」としてやり玉に上げ弾劾運動をかわそうという狙いなのでしょうが告発者実名公表という行為そのものは重大な法律違反、トランプ大統領とジュニア親子揃って弾劾のターゲットになると来年の大統領選の行方に影響を与えかねない事態になるやもしれません。

個人的にはトランプ氏のファンではありませんが民主党のウォーレン氏やサンダース氏などあまりに左で社会主義過ぎる政府になってしまうと金融市場、特に株式市場への悪影響は避けられず長期的なベア相場入りするリスクは日本株式市場にとっても対岸の火事どころでない打撃になる恐れがあり、そうなる前にはポートフォリオを劇的に組みなおす必要に迫られるでしょう。



投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!