ポンド急落

NY市場
05 /30 2017
5/30/2017

ポンド急落

YouGov英世論調査社による与党保守党は過半数に16議席足りない議席数に落ち込むとの最新調査結果を受けてポンドドルが1.2860から1.2790まで急落しています。
リクイディティーの薄いシドニー市場ということもあってややオーバーシュートかなと思いますが、来週6月8日の選挙日まで神経質な動きが続きそうです。差を縮めているとはいえメイ首相の保守党勝利はほぼ確実と思われ、選挙前にまた一旦ポンドが上に戻す可能性が高く典型的なBuy the Rumor, Sell the Factになるとみていますので1.30ちかくまで引き付けて売りたいです。

ロンドン、ニューヨーク市場の連休明け、ギリシャ問題の再燃などでユーロドルが久々に動いて1.1108まで下げた後元気に1.12手前まで戻しています。マーケットににわかロングが溜まっていたのでちょうどいいガス抜きになったと思いますがこれも来週木曜のECBまでは一方向には動きづらく引き続きポジション調整のユーロ売りが頭を抑える可能性も高そうです。
中長期で依然強気の見方に変化なし、ロングキープで1.1080ストップ、1.17ターゲット。

ドル円は徐々にレンジを下げてきている感じで今日は111.20-40が売りゾーン、一目雲上限の111.80をクローズベースで抜けるまでは売り回転続行、短期的には110.65割れのストップをつけて110.20-40テストするとみていますが、金曜の雇用統計待ちなのでこれも一方向に大きく動くエネルギーはまだなさそうです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!