NYダウ、S&P、ナスダック史上最高値更新

NY市場
06 /01 2017
6/1/2017

NYダウ、S&P、ナスダック史上最高値更新

米国株式の3大主要インデックスが揃って高値更新してのクローズ、今朝発表のADPが予想185kに対し253kと強く、5月PMIおよびISMも堅調、アトランタFEDのGDPNowモデルが2QGDPを3.8%から4.0%に上方修正、とどめは米国の「パリ協定」離脱でしょうか、いいニュースには聞こえませんが、米産業界にとっては朗報なんでしょうね、ドルも株高に支えられ堅調、DXYもサポートの97.00でリバウンド、明日の雇用統計待ちです。

今日の強いADPを受けて市場参加者は明日のNFPも強い数字を期待、コンセンサスは185kなので200-230k程度を織り込みつつあり、こうなると逆に弱い数字が出たときの方が大きく動く可能性があります。ドル円が現在の111.40近辺のまま雇用統計を迎えるとして、180-230kであれば小動き、250k以上なら一目の雲を抜け112円台乗せ、一方150k以下の弱い数字であれば一気に110.40-60まで下がるおそれありと思います。
それでも最近の傾向として雇用統計後の動きはえてして翌週前半には巻き戻される向きが強く、個人的にはあまり金曜日の方向を追いかけたくないです。来週はECB理事会と英国選挙が控えているので米雇用統計だけの材料では市場もポジションを傾け難いものがあるのではないでしょうか。よってトレードプランは明日金曜NYクローズ前に逆張り、来週月、火曜の調整戻し狙い。ドル円のレベルでいえば110.50以下は買い、112.00以上は売り。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!