ドル円 続落

NY市場
06 /06 2017
6/6/2017

ドル円続落

前日クローズからのレンジ
ドル円 109.23-110.55
ユーロドル 1.1240-1.1282
ユーロ円 122.92-124.41

NY午後1時現在
ドル円 109.30
ユーロドル 1.1280
ユーロ円 123.28
米10年債 2.136%
NYダウ 21145.34 -0.18%

ドル円の下げが止まらずNY市場では109.23安値なでつけています。
テクニカルにみて200日移動平均と一目均衡雲の下限を割れたことで売り加速、米株とN225の高値警戒感もあるのでしょうか、4月17日につけた今年最安値108.13が次のターゲットになってきました。

雇用統計後に買ったすけべロングはあえなく撤退、やっぱり短期ポジションとはいえ、自分の中長期ビューと逆をはってやられるのは気分が良くないですが、それは忘れて次の一手を考えます。やはり焦点は木曜日。英国総選挙、ECB理事会、そしてコミー前FBI長官の議会証言のてんこ盛り、その前後で市場がどう反応するか。

まず市場のポジション、ユーロは明らかにロング、ドル円は若干ロングだったのが雇用統計後から減りつつあるも買い下がりのプレイヤーもいて依然ネットではロング、ポンドドルはBREXIT後のショートが最近になって漸くフラットになりつつある状況。
そして市場の織込み具合、ECB理事会での緩和終了および出口戦略に言及する期待、英国選挙は与党保守党勝利、それから来週のFOMC利上げをほぼ織り込み済み。

これらを総合して考えると短期的リスクはユーロ、ポンド、ドル円すべて下のリスク、ただしあくまでも短期のリスクなのでユーロについてはよい買い場のチャンス、ポンドドルは選挙前または結果直後のラリーで売るチャンス、ドル円はボラティリティーが高まり今週の木曜の動き次第では110円台でショートできるチャンスがあるかも知れないと思います。

現在のポジションとトレードプランは以下の通り、
ユーロドル短期ショート、1.1200-20または1.1320でロング転、
ポンドドルフラット、1.2950-00でショートエントリー
ドル円フラット、109.80-110.20でショートエントリー
オージードル 昨日書いたように現在の0.75台でショート、0.7400ターゲット、0.7555ストップ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!