FC2ブログ

コミー氏議会証言

NY市場
06 /08 2017
6/8/2017

コミー氏議会証言

今朝のECBは前日の報道通りインフレ見通し下方修正とややハト派的な内容、ステートメントから追加利下げの文言は削除したものの大規模な刺激策を維持することを表明、ユーロドル1.1195まで下落後は1.1220近辺で安定推移。

注目のコミー前FBI長官の議会証言はやはりというか予想通りトランプ氏が実際に圧力をかけたかどうかの決定的な決め手に欠け相場は反応しづらくドル円はそれよりも日銀黒田総裁の「デフレは既に終了」発言に反応し109円台に下げ戻しです。

ちなみに議会証言が終わってすぐにトランプ大統領の弁護士が「コミー氏は秘密保持の規則を破った」と非難しています。このままでは終わりそうにない感じ。

さて残すは英国総選挙、ロンドン午後10時(NY午5時)に投票終了、NY深夜前には大方の結果が判明するものと思われますが、与党保守党の勝利は織込み済み、問題は保守党が単独過半数を維持できるのか、労働党がどれだけ議席数を増やすか、調査会社各社の世論調査の信憑性についてはBREXITにせよ米大統領選にせよ見事にはずしているので何とも言えませんが、万が一労働党勝利といったことになればポンドドル暴落は免れません。
また予想通り保守党勝利でも既に織り込み済みのためポンドの上値は限定的、よってポンドショートはキープ、結果待ちです。

ドル円は現在フラット、ユーロロングキープで1.1180ストップ続行。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!