FC2ブログ

Sell in May

NY市場
05 /11 2021
5/11/2020

Sell in May

24時間予想レンジ
ドル円 108.20-109.00
ユーロドル 1.2120-1.2200
米10年債 1.55-1.65
NYダウ  34000-34400

ポジション
ドル円ロング       110.00売り
ユーロショート     1.1600買い
オージーショート      0.75買い
VIXロング 小       10-15買い足し
WTIショート   50買い
ゴールドショート      1680買い
米債ETFショート      (10年債利回り1.95%)買い

   
ナスダック続落でついにダウにも売り圧力、アメリカのインフレ懸念でナスダックが下落するのはわかるとして、未だインフレには程遠い日本で日経平均3%超の下落は如何に?

アメリカではコロナ対策の一人$2000を超える給付金や労働収入よりも高い失業手当金を元手に株やクリプトのデイトレーダーが急増、パンデミック後の2020年第2四半期から2021初頭までは米株を買っていればほぼ誰でも儲かる相場だったこともあり所謂「ロビンフッダー」激増で2000年のナスダックバブルそっくりの様相、今回のハイテク株下落の谷は案外深くなるかも知れません。

為替は正直、一段と難しくなってきました。リスクオフの円買いと金利上昇の円売り綱引き、VIXが上昇中なので円買い圧力が若干優勢とも見えますが、以前より市場の円ショートが減って来ているのでストップ狩りによる急落のリスクも減少、米長期金利上昇をメインシナリオと見るのであればドル円のディップは買いでしょう。











投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

ワクチン余剰、今週の相場見通し

相場見通し
05 /10 2021
5/10/2021

ワクチン余剰、今週の相場見通し

週間予想レンジ
ドル円 107.60-109.60
ユーロドル 1.2000-1.2200
米10年債 1.50-1.70
NYダウ  34300-35300

ポジション
ドル円ロング       110.00売り
ユーロショート     1.1600買い
オージーショート      0.75買い
VIXロング 小       10-15買い足し
WTIショート   50買い
ゴールドショート      1680買い
米債ETFショート      (10年債利回り1.95%)買い


NY市では先週末から旅行者の誰でも予約なしにコロナワクチン接種が出来るようになり、タイムズスクエアやセントラルパークなどに接種会場を設置、旅行者対象なので1回接種で済むJ&J社のワクチンを無償で提供するという措置。背景にはNYの16歳以上の接種率が60%以上になり供給量の心配がほぼなくなった事、J&Jワクチンが血栓を引き起こすリスクなどでかなりの住民に敬遠され供給過多になっている現状とNY市のレストランや美術館などをほぼ100%に近くオープンするタイミングに合わせ大々的に旅行者を呼び込み市の財政再建の足がかりにしようという狙い、早速隣国のメキシコやカナダからの旅行者が続々とNYに。そんなに余っているなら日本に送ってくれてもいいようなものですがJ&Jワクチンは日本では認可されていないのでダメなようです。ちなみにJ&Jワクチン接種で血栓の副反応を起こしたのは全て女性で、避妊用のピルを常時服用していた人達だそうで、そこら辺りに副反応の原因があるというような調査結果がでています。


今週の主な予定:
11日火曜:独ZEW
12日:英GDP、米CPI
14日:米小売

注目は水曜のCPI、コアCPI予想前年比2.3%と高め、NYにいると物価の上昇を肌で感じますが、モンタナ州やオクラホマ州など全米の大部分では低インフレ定着、以前FOMCメンバーの誰かが「州によって金融政策を変えられれば」とコメントしたことが思い出されます。いずれにせよFEDの現在のプライオリティーは労働市場、先週金曜の様な低調な労働市場の指標が続く様であれば利上げはもとより、テーパリングさえまだまだ先の話になり、長期金利低下でドル安基調にトレンド反転する可能性も。





投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

激弱NFP

NY市場
05 /07 2021
5/7/2020

激弱NFP

24時間予想レンジ
ドル円 108.20-109.00
ユーロドル 1.2070-1.2150
米10年債 1.50-1.60
NYダウ  33900-34400

ポジション
ドル円ロング       110.00売り
ユーロショート     1.1600買い
オージーショート      0.75買い
VIXロング 小       10-15買い足し
WTIショート   50買い
ゴールドショート      1680買い
米債ETFショート      (10年債利回り1.95%)買い

   
先ほど発表の4月NFP雇用統計は予想978kに対し266k、失業率も予想の5.8%どころか前月の6.0%から悪化の6.1%でドル急落、久々にNFPでドル円やユーロなどメジャーが100ポイント近く動き、米長期金利も急落。

もっともNFPが予想を大幅に下回ったのは「季節要因」の調整の為だとする声も多く、実際調整前の数字はNFP1089k、失業率5.7%と市場予想通りか若干強い数字。この見方を受けドルはかなり戻しています。
米株市場もいたって冷静、指標直後の先物は急落したものの現物オープン後は金利低下も手伝って現在NYダウフラット、S&P、ナスダックとも上昇、ハイテク株は特に経済の回復が遅れて大規模緩和が長続きするのを歓迎するという構図が明確。

10年債利回りが1.55%割れしたので予定通り債券売り、ドル買いのポジション構築。短期トレードは別として中長期のドル円ロングは今年初、年明け近くから我慢してきたショートのダメージをリカバー出来るかどうか、、、

皆さま佳い週末を





投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

シンコ・デ・マヨ

NY市場
05 /06 2021
5/6/2020

シンコ・デ・マヨ

24時間予想レンジ
ドル円 108.80-109.60
ユーロドル 1.2000-1.2080
米10年債 1.55-1.65
NYダウ  33900-34300

ポジション
ユーロショート     1.1600買い
オージー円ショート      80.00買い
VIXロング 小       10-15買い足し
WTIショート   50買い
ゴールドショート      1680買い

昨日は「Cinco De Mayo」。19世紀にメキシコがフランス軍を奇跡的に撃退したというメキシコにとって大きな記念日、アメリカではいつからか5月5日はそれを祝ってタコスやトルティーヤなどメキシコ料理を食べテキーラを飲む習慣が広がり、うちでも昨晩はTEX/MEX、結構おなかがもたれます。

米長期金利が猫の目相場になりつつあり、イエレン財務長官の金利上昇容認発言から一転、今日の10年債利回りは1.56%まで低下でドル売り進行、ゴールドも久々の$1800台乗せ、昨日ふれたように1.55%近くから債券売り、ドル買いを仕込み始めようと思っています。

ちなみに今朝のBOEは解釈が難しいところ、ステートメントではQEを減速させるとし早くも「テーパリング」開始かということでケーブル急騰もベイリー総裁の「金融政策の変更ではない」とのコメントで反落、2021のGDPはパンデミック以前のレベルに戻るとしながらインフレ見通しは均衡ということで早期利上げの期待は失速。

やはりここから中長期の勝負所はどの中銀が一番先に利上げに踏み切るか。日銀ではないことはほぼ確実、2023まで利上げはないとするFEDが予想外のインフレ上昇で早期利上げするかどうか、しばらく金利動向から目が離せませんね。

投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング

米財政赤字拡大

NY市場
05 /05 2021
5/5/2020

米財政赤字拡大

24時間予想レンジ
ドル円 108.80-109.60
ユーロドル 1.1960-1.2040
米10年債 1.55-1.65
NYダウ  33800-34200

ポジション
ユーロショート     1.1600買い
オージー円ショート      80.00買い
VIXロング 小       10-15買い足し
WTIショート   50買い
ゴールドショート      1680買い

日本のゴールデンウィークも今日が最終日、皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。
今日のNYは大雨、遅咲きの桜もこの雨で全部散ってしまうことでしょう。

今朝発表のADP雇用統計は予想を下回るも742kと前月をさらに上回り米労働市場の回復ぶりがますます明確に、金曜のNFPは980kと大幅増加の予想。
そして米財務省の四半期定例国債入札は予想通りの1260億ドルこのうちおよそ783億ドルが新規発行で財務省は債務上限に近いとして上限の引き上げを米議会に要請、財政赤字拡大懸念で長期金利上昇、よってドル円も底堅く推移しています。

イエレン財務長官は昨日「バイデン政権の大型財政がインフレを加速させるリスクは低い」とコメント、それよりも気になったのが「インフレが加速してもFEDにはそれを抑える強力なツールがある」と、いつでも利上げできるかのようなコメント、流石にこれを嫌気してハイテク株中心に昨日は米株がかなり売り込まれましたが、この先インフレと利上げの可能性を探りながら株式市場が神経質に、債券市場も足元が危うい(金利上昇方向)展開が続くものと思われます。

10年債利回り1.50%までの調整を待っていましたが1.55%までと一歩届かず、債券売り、ドル円買いターゲットを1.55%近辺に引き上げる必要がありそう。




投資・フィンテック・仮想通貨の情報サイト「MAStand」
の「MAStandが選ぶ投資家ブログアワード!」でおすすめブログに選ばれました。

同メディアサイトの以下URLで当サイトが記載されています。
2019年タイプ別おすすめ投資家ブログ90選!【MAStandが選ぶ】


ブログランキングに参加しました!良かったらクリックして応援してください!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

為替・FXランキング



NEWYORKFX

元欧米金融機関NY本支店の外国為替トレーダー、現在もNY在住。
巷に豊富にあるFX関連のブログの中で数少ない(?)ニューヨーク発ブログ、米ヘッジファンド等が日々暴れまくっているNY市場の魅力をお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いします!